TAKEO タケオ  「新倉壮朗の世界」

takeoyume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 05月 17日

魚と語り合う

タケオは自然界の生きとし生きるものと素直に語り合う。
山、海、風、木、花、鳥、魚・・・・と心を通わせる。

第8回定期コンサート「新倉壮朗の世界」に出演して下さった
ジャズピアニストの大口純一郎さんはプログラムに
「TAKEOによせて」と題して寄稿して下さいました。

TAKEOとは、町田の美術館での私のソロ・ライブで会って以来、
数年のつきあいになります。
その間、何度か小さいお店でデュオ・ライブを行ってきましたが、
今日は大きなスペースで共演できることになり、とても嬉しく思っています。

共演をかさねるごとに特に最近思うのは、
誰しもが生まれたときには授かっているみずみずしい感性、
凹凸のないふくらみをもった精神が、
そのまま欠けることなくこの若者には存在している。

彼と共演するたび、
最初の一音から集中してあらわれる音の世界に、
一緒になって夢中で遊んでいる状態に、私はなります。

尊ぶべき全体、とでも言えるものをたいせつに、
幸せはそこから、と思います。
すばらしいTAKEOを祝おう!

2009 夏   大口 純一郎

7年の月日が経過していますが、感性は失われていない気がします。

b0135942_121515100.jpg


by takeo_yume | 2016-05-17 12:16 | 日記


<< 第25回 中野区伝統工芸展      第63回 日本陶彫会展 >>