TAKEO タケオ  「新倉壮朗の世界」

takeoyume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 07月 09日

ダウン症協会の会報に寄稿。

新倉壮朗(タケオ)の溌剌人生

壮朗は明朗、快活でやさしく、愛嬌があり、とても面白いキャラの持ち主です。
誰からも好かれ、どんな人でも出会えばすぐにお友達になり、どんどん輪が広がり、友が増えていきます。
また、不思議と人を引き寄せるパワーがあります。
小学6年生の時にセネガルの太鼓サバールにのめり込み、太鼓中心の豊かな人生が展開しました。
2002年に始めた定期コンサート「新倉壮朗の世界」は今年で15年目を迎えます。
今までビックアーティストのワガン(サバール)、大口純一郎(ピアノ)、野村誠(ピアノ)、片岡祐介(マリンバ)、BBモフラン(ジェンベ)、林栄一(サックス)、菊地成孔(サックス)、谷川賢作(ピアノ)、森重靖宗(チェロ)の
皆様が出演して下さいました。その他たくさんの音楽、太鼓 仲間とセッションしています。
ピアノ、マリンバ、ピアニカ、バラフォン、サバール、ジェンベ、ドラムetc.で思いのたけを表現し、
「タケオにしかできない、タケオだからできる」コンサートを各地で発信しています。
壮朗は音楽を通して多くの出会いを重ね、皆様に育てて頂きました。
2008年には念願のセネガルに行き、現地の人々の輪の中でたたき、踊り、歌い、交歓し、
至福の日々を過ごしました。
2011年、壮朗と人々の音楽を介したコミュニケーションを描いたドキュメンタリー映画「タケオ」が完成し、
日本と世界各地で上映されています。
今年、壮朗30歳、記念すべき節目のコンサートはセネガル行きの次の夢でした
ジャズピアニスト山下洋輔との共演が実現します。
音楽は喜怒哀楽を 包み込み、力を生み出し、人をつなげてくれます。
壮朗の溌剌人生は音楽と共にあります。

ー公益財団法人日本ダウン症協会の会報「JDSニュース」2016年7月号より許可を得て転載ー

第15回定期コンサート「新倉壮朗の世界」
第1部 タケオ&山下洋輔 即興セッションデュオ
第2部 タケオ&ワガン&ボガ&赤井浩 アフリカンパーカッション

日時:2016.8.5(金) 18:30開場 / 19:00開演
場所:和光大学ポプリホール鶴川
    町田市能ケ谷1-2-1 小田急線鶴川駅「北口」より徒歩3分
入場料:大人2,000円 / 小人(高校生~小学生)1,000円 / 幼児無料
主催:新倉壮朗コンサート実行委員会
後援:東京都社会福祉協議会・町田市社会福祉協議会

問合わせ・予約:tel&fax 042-734-7787  mail: takeo_yume@excite.co.jp
歳末たすけあい地域福祉・ボランティア活動助成配分事業

「タケオ」上映会 映像グループ ローポジション創立10周年記念上映イベント
日時:7月18日(月・祭日)12:30~
   7月19日(火)15:25~
場所:横浜シネマリン
料金:一般1,200円 シニア/学生/障がい者1,000円 
主催:映像グループ ローポジション
協力:横浜シネマリン、土井敏邦、中村高寛、三浦淳子、宍戸大裕、古居みずえ
助成:横浜市地域文化サポート事業・ヨコハマアートサイト2016

b0135942_10272858.jpg

b0135942_1025947.jpg


by takeo_yume | 2016-07-09 10:27 | 日記


<< 写真の魅力      タケオのケンハモ >>