TAKEO タケオ  「新倉壮朗の世界」

takeoyume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 08月 08日

山下洋輔さんのお人柄

今回、山下洋輔様に共演して頂けることになり、胸がいっぱいでした。
タケオにとっては一世一代の大ステージをどのように進行するか不安(タケオは喜びでいっぱい)でしたが、
「タケオ君の思うままにすればよい」とおっしゃって下さいました。
「ピアノは生音で」「タケオ君がピアノを弾いたら、僕は立って弾く」と断言なさいました。
本番ステージでは「僕の音楽はフリージャズと言われていますが本当にフリーなのはタケオ君で...」と
お話して下さいました。

世界の山下洋輔さんはとっても優しく、あたたかで、気さくで気品に満ちた方です。
数々の場面で山下様の御心に触れさせて頂き、お人柄に深く感銘しました。
そして、昨日は身に余るお言葉を頂戴しまして、涙、涙、涙でした。
こんな日が来るのです。
生きていてよかったと思いました。

写真 足立剛一
b0135942_16461045.jpg


by takeo_yume | 2016-08-08 16:46 | 日記


<< SO韓国音楽フェステバル      第15回定期コンサート「新倉壮... >>