TAKEO タケオ  「新倉壮朗の世界」

takeoyume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 08月 31日

山本由也「劇人形作品展2016」公開リハ

人形師 山本由也さんの今秋(11/22-12/11)中野ポレポレ座で開催のコラボライブ
「劇人形作品展2016」のための公開手合わせ「音楽家と人形師との思考 パート8」に行く。
奏者は谷川賢作さん。

タケオは最初、この人形たちを怖がった。
梅津和時さんのサックスで、すごむおばあさんには特に慄いた。
次に参加した時、谷川さんのピアノで踊り狂うこのおばあさんに浮かれ、同化した。
その後は段々と、人形と奏者の音に見入り、聴き入り、大好きになっていく。

この日は賢作さんの澄んだピアノの音色に人形たちが舞い踊る。
陽気な歌や、軽やかなリズムに軽妙に動く。
初めて見る人形が5体。
吊るされている状態で動きを想像するだけでも楽しい。
いざ、山本さんの手に繰られて、音が流れると、想像をはるかに超えた別世界が展開する。

宇宙人のようなメタモルレディー の繰りに
フレームドラム制作者で奏者の久田祐三さんが口琴を
タケオがフレームドラムで演奏に加わらせて頂きました。
由也さん、賢作さん、ありがとうございました。

写真 河野朝典
b0135942_1124622.jpg
b0135942_114290.jpg
b0135942_1143111.jpg
b0135942_1144637.jpg


by takeo_yume | 2016-08-31 11:07 | 日記


<< 9月のスケジュール      Punk Soul Concert >>