TAKEO タケオ  「新倉壮朗の世界」

takeoyume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 08月 07日 ( 1 )


2017年 08月 07日

第16回定期コンサート「新倉壮朗の世界」河野朝典さんのレポート

「タケオ」こと新倉壮朗さんの第16回定期コンサートに。
会場は昨年と同じ和光大学ポプリホール鶴川。
そして今回のゲストは今や世界中から高い評価を受けている
作曲家/ピアニストの松永貴志さん。
松永さんはアメリカ人ジャズピアニストの巨匠ハンク・ジョーンズに絶賛され、
2003年5月、17歳でアルバム「TAKASHI」でメジャーデビ...ューし、
そのアルバムはベストセラーに。
ジャズの名門、米ブルーノートレーベル70年の歴史上、
最年少リーダー録音記録を樹立したんだそう。
タケオさんは、ステージに立つと内に秘めた情感が、
松永さんのピアノと絡みながら、
鍵盤/ダンス/パーカッションを通して奔流となって流れでて、
参加ミュージシャンが全員で演奏する大団円に至るまで、
その勢いはとどまることがなかった。
そして、いつもの通り最後はタケオさんが観客を舞台に誘い、
客席の観客も含め、いつの間にか
全員をコンサートの主人公にしてしまう魔法をかける。
タケオさんは素晴らしいミュージシャンであると同時に
天性のエンターテイナーでもあると改めて感嘆したのであります。

コンサートスナップ その①
タケオさんが演奏する鍵盤ハーモニカも、なかなか素晴らしかった。
b0135942_15525294.jpg

コンサートスナップ その②
演奏する松永貴志さん。
一躍注目を浴びたテレビ朝日系「報道ステーション」の
テーマ曲「オープン・マインド」は、なんと18歳の時に作曲・演奏した曲だそう。
今まだ31歳!
b0135942_15483611.jpg
b0135942_15490682.jpg
b0135942_15592427.jpg

コンサートスナップ その③
コンサートの第2部はアフリカンパーカッション…いつもながら心と身体を揺さぶられます。
左からタケオさん、赤井浩さん、ワガン・ンジャイ・ローズさん、ボガ・ンジャイさん。
b0135942_15492248.jpg


by takeo_yume | 2017-08-07 16:03 | 日記