TAKEO タケオ  「新倉壮朗の世界」

takeoyume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 11月 01日 ( 2 )


2017年 11月 01日

オリエンタルピアノのライブペインティングコンサート東京公演

会場は賑わう神楽坂の奥まった場所にある赤城神社。
半月の光に照らされ、静寂で清澄な空気が漂う。

1部はレバノンのイラストレーターのゼイナさんがドローイングしながら
物語を読む。
サックス奏者の仲野麻紀さんが日本語に訳し、歌う。
白と黒の線画の世界にゼイナさんと麻紀さんの声色が心地よく響く。
ジャズピアニストのステファンさんが物語伴奏。
ステファンさんは赤い帽子をかぶって演奏。

2部ではステファンさんのピアノ、ヤンさんのウード、麻紀さんのサックスの演奏。
自然発生的な即興演奏を軸に、エリック・サティの曲などを演奏。
生き物の数だけある無数の世界。

麻紀さんはフランスを拠点に活動し、同時に内外アーティストのコンサートを精力的に企画する。
2013年麻紀さんが日本に招聘したブルキナファソのバラフォングループの公演を聴きに行き、
木が放つ音色、メロディー、リズム、何台ものバラフォンの共鳴、ポリリズムに感嘆、感激し、震える。
この時、タケオは客席で音と共振し、同化していました。

麻紀さんは西アフリカ、中東、ブルターニュ、モロッコ、日本での実体験を綴った
ドキュメンタリー新著「旅する音楽 サックス奏者と音の体験」(せりか書房)で語る。
「音楽とは、脳に鳴り響く音を空間に表出すること」
「音との出会いは体験となり、体験は時間を経て形になる。そして、形は表現となる」
「衝動が音を奏で、紡ぎ、放つ」
タケオが音を表現する行動につながる言葉。

b0135942_10314248.jpg
b0135942_10315265.jpg



by takeo_yume | 2017-11-01 10:32 | 日記
2017年 11月 01日

11月のスケジュール

ENJ
日時:11月12日(日) 15:00~16:00 (開始時間が1時間遅いです)
場所:ひなた村レクルーム

大巻伸嗣「Memorial Rebirth 千住 2017 関屋」
日時:平成29年11月26日(日) 14:00〜 ※小雨決行
料金:無料(申込不要)
会場:関屋公園[東京都足立区千住関屋町17-7]
アクセス:京成関屋駅・牛田駅から徒歩約8分(京成線/東武スカイツリーライン)


by takeo_yume | 2017-11-01 10:00 | スケジュール