TAKEO タケオ  「新倉壮朗の世界」

takeoyume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧


2011年 03月 14日

「観て・聴いて・感じて演じる音の世界」 

山間の町は静かでした。
会場は集まったお客様とタケオwithマライカの太鼓の音で盛り上がりました。

楽しそうな笑顔と汗がはちきれていました。

b0135942_12133354.jpg
b0135942_12135588.jpg


by takeo_yume | 2011-03-14 12:14 | 日記
2011年 03月 13日

こんなときだから

日本列島が非常事態になっております。
こんなときだから、タケオの太鼓と笑顔と仲間の温かさを届けます。

今日は、愛川町にたたききに行ってきます。
お近くの方は来てください。

b0135942_9284891.jpg

                                              足立剛一 撮影

by takeo_yume | 2011-03-13 09:28 | 日記
2011年 03月 12日

地震

タケオはフォトサロンで地震に遭遇しました。
みんなで外に避難していて大丈夫でした。
薬師池公園は建物もなく、広いので安心ですが、
すり鉢状の底に位置しますので、周りのがけが崩れたらひとたまりもありません。

我が家は食器戸棚の上に飾ってあった康生のワニが下に転落。
戸棚の扉が観音開きなので開いてしまい、中の食器が落下し、
大切にしていた器が壊れてしまいました。
瀬戸物は壊れるものですので、仕方ないです。

電気がつかないのですべての日常の機能が麻痺しました。
夕食を早めに済ませ、就寝しました。

今朝のタケオの一言。
「大丈夫でーーす」

b0135942_1132124.jpg


by takeo_yume | 2011-03-12 10:57 | 日記
2011年 03月 11日

万物に感謝

嬉しいな! 楽しいな!
タケオはたたき終わると万物に感謝の意を表明する。

生きて、この時、この場所でたたけた喜びに、「ありがとう」と頭を垂れる。


b0135942_10505950.jpg

b0135942_1050656.jpg

b0135942_10562052.jpg


by takeo_yume | 2011-03-11 10:56 | 日記
2011年 03月 10日

たたきたい

一人でもたたきたい。
小さな港に軽妙にジャンベがこだまする。

たたいて、たたいて、日が暮れる。

b0135942_9354468.jpg


by takeo_yume | 2011-03-10 09:36 | 日記
2011年 03月 09日

海に向かって

セネガルの海に向かってたたいた2人。
伊豆の海でも一緒に叩く。

見つめ合って、音で遊ぶ。
お別れは硬いハグ。

「さよーなら・・・」と赤井君が帰っていきました。

b0135942_9521936.jpg
b0135942_9523549.jpg


by takeo_yume | 2011-03-09 09:52 | 日記
2011年 03月 08日

誰もいない海

2人でたたく。
誰もいない海にジャンベが静かに響く。
音は海に、空に、吸い取られていく。

太鼓で語り、たたき合える友がいる幸せ。


b0135942_123983.jpg
b0135942_1235335.jpg


by takeo_yume | 2011-03-08 12:04 | 日記
2011年 03月 07日

早春

大地は暖かくなり、あらゆるものが静かに胎動を始めています。
人間は動物。
自然界の仲間と共に動き出そう。

2人で未来に向け散策。

b0135942_10175248.jpg
b0135942_1018810.jpg


by takeo_yume | 2011-03-07 10:18 | 日記
2011年 03月 06日

及ぼす力

タケオがする動作は自然。
誰もがしたくなる動き。
でも、規制が働いて素直になれない。

つられた赤井君が動いた。

b0135942_11252215.jpg

b0135942_11255036.jpg


by takeo_yume | 2011-03-06 11:26 | 日記
2011年 03月 05日

ただただ感じる

タケオは常に大地に、海に、空に感謝する。
両手を掲げ大気を受け止め、合掌し、深々と頭を垂れる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
インドネシアにいる野村誠氏のブログに

  ジョグジャに来て4週間が経った。朝、ソロから樅山智子さんが帰って来て、
  パッ・プラプトのワークショップの話を少しだけ聞かせてもらう。

  午後、ぼくは雨の音に耳を傾け、雲の動きを感じ、庭の木々の呼吸を聞きながら、
  いつの間にか、パッ・プラプトのワークショップに参加していた。
  ジョグジャに来て4週間、ぼくは、この庭に挨拶をしていただろうか?
  この空に挨拶をしていただろうか?
  風に語りかけていただろうか?
  庭の声を聞き、雲の声を聞く。
  無理に音を出したりせず、ただ、そこに佇む。
  言葉のない会話。

  この4週間、鍵盤ハーモニカのチューニングをするために、
  ガムランの楽器のチューニングを分析的に聞いていた。
  でも、聞く前に楽器に「こんにちは」と挨拶をしていただろうか?
  チューニングとは、楽器の声を聞いて、その声と共振していくことなのではないか?

  ぼくは、庭の声を聞き、楽器の声を聞き、その声に共振してみる。
  ジャワ人だ、日本人だ、ガムランだ、ピアノだ、作曲だ、それらは概念に過ぎない。
  概念を忘れること。

  ただただ、この生きている瞬間に存在すること。全てはここから始まる。
  情報でも、知識でも、概念でもない。ただただ感じること。

  ああ、4週間を経て、やっとジョグジャに来た。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

タケオは言葉のない会話をし、感じているのだと思いました。

b0135942_20582647.jpg

b0135942_210258.jpg

b0135942_20591047.jpg


by takeo_yume | 2011-03-05 21:02 | 日記