TAKEO タケオ  「新倉壮朗の世界」

takeoyume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 01月 ( 34 )   > この月の画像一覧


2015年 01月 31日

りんりんふぇす ライヴレビュー記事より

「君のやることで何も変えられないと、もし言われたとしたって、僕は歌うのをやめない」。
ビッグイシューを広めるイベント『りんりんふぇす』のステージでGotchこと後藤正文は宣言する。
ギターを休めハーモニカを取り出しながら「一人で作ると女の子の曲ばかりになっちゃう。
バンドでは少年性を開放してるから、独りだと、ほら、ハーモニカも上手くはめられなかったり」とも。
ビッグイシューはホームレス支援だけでなく、障害者、自閉症、LGBTといった社会的弱者、
マイノリティーについて考える記事も豊富だ。
ジェンダーや手先の器用さ、バンドに居ることの安心感について後藤が言及したのはそれを意識して?
とは考えすぎか。

その後藤が絶賛するSSW三輪二郎は、アコギのリズム・カッティングと歌、
それだけでほぼ初見な300人の観衆を制した。
特に「すけろくさん」での一人同時、唄、ハーモニカ、マラカスの曲芸は
その日の瞬間最大風速な拍手を巻き起こす。
あだち麗三郎クワルテッットの「富士山」の合唱では会場全体があたたかい雰囲気に包まれたし、
路上生活経験者によるダンス集団ソケリッサも素晴らしかった。
心の奥底に眠る幼い頃の思い出を呼び起こされるようなパフォーマンス。
そして持ち時間を超過してなお叩き続けるダウン症ミュージシャン新倉壮朗 (タケオ)の
ジャンベ即興演奏は観客を総立ちにさせた。

終演後も客捌けのBGMにピアノを弾き続けた彼を、
主催の寺尾紗穂は「今年はタケオ君が盛り上げてくれて本当に良かった」と笑顔で語った。
寺尾は、自身の演奏の合間にビッグイシューについて語って「お金ができてアパートに入ったら、
繋がりが切れて、また酒浸りで働かなくなっちゃう人がいる。
ホームレスでなくなってもたまに販売を続けてもいいと思うんです」。
続けて来年リリースするアルバムのタイトル『楕円の夢』を説明する。
「楕円は焦点が二つあって色んな像を結ぶ。
正円だと中心は一つで美しいけど広がりがないでしょ?
正解は一つじゃなくていい」。
最後の全員セッションにおいても彼女のピアノは、客も出演者も含め、
年齢も出自も立場もそれぞれ違う300人を、自然に包み込んでいた。

b0135942_1132395.jpg

b0135942_1135247.jpg


"target="_blank">http://ki-ft.com/live/rinrinfes2014/?utm_medium=twitter&utm_source=twitterfeed 

by takeo_yume | 2015-01-31 10:39 | 日記
2015年 01月 31日

2月のスケジュール

ENJ  
日時: 2月8日(日) 14:00~15:00 
場所: ひなた村レクルーム

「~心の真ん中にある衝動~Tokyo “Brut”」展
関連イベント「マジックアワー」

日時:2月15日 13:00~16:00
場所:大妻女子中学校 1F カフェテリア (定員 250名)

開催内容:
ステージ(予定:現在交渉中の方も含む)
踊りカラクリ語り(女子美術大学 学生)
[プロジェクション+ダンス]
こころおと [歌+手話]
ランタンルージュ [舞台]
タケオ [リズム]
筑波技大のダンスサークル「SOUL FAMILY(ソウル・ファミリー)」

事務局
社会福祉法人 愛成会
〒164-0001 東京都中野区中野5-26-18
TEL:03-5942-7259/FAX:03-3387-0820
Mail:kikaku@aisei.or.jp
担当:法人企画事業部 小川・岡本・エレフセン

by takeo_yume | 2015-01-31 09:30 | スケジュール
2015年 01月 31日

減量大作戦

タケオの体重はどんどん増え続き、ついに減量しなければならない事態に突入。
毎日太鼓をたたき、プールも週1~2回し、運動はしているのですが増加一方。
ご飯を減らし、お肉を減らし、10キロ減量を目指します。

康生(タケオの兄)曰く、「かわいそうだよ・・・・・」
段々に減らしてしていきます。

b0135942_94353.jpg

                                                         写真 足立剛一

by takeo_yume | 2015-01-31 09:04 | 日記
2015年 01月 30日

写真家 川田たいし

写真家の川田たいし君はタケオより3歳上のお友達。
たいし君の写真集Taishi's Happy World 「天使が見つけたもの」偶然と奇跡のハーモニーには
たいし君の感性でとらえたパワフルで色彩豊かな写真が不思議な力で迫って来る。
タイトルとキャプションはさりげなく、静かにつぶやく。(下記 写真集より抜粋)

「波はどこから来るのかな」  不思議なパワーで癒される
「Wave」  頑張らなくても 無理しなくてもいいよ 今のままでじゅうぶん幸せだもの
「海が友だち」  砂浜にゴロリと甘えたら 地球の声が聞こえたよ
「分かれ道」  分かれ道・・・欲張ったりしなかったら どっちにいっても大丈夫だね
「見張り番の木」 見守っているよ。いつも 
「只今、勉強中です」  ホンモノの価値は すぐにはわからないのね ずっと 後からわかるのね
「鳥が友だち」  今ここにあなたがいる 存在するだけで素晴らしい

b0135942_1015404.jpg
b0135942_1016354.jpg
b0135942_10162719.jpg

                                                        写真 足立剛一

by takeo_yume | 2015-01-30 10:13 | 日記
2015年 01月 29日

歓喜

写真 Maria Golomidova
b0135942_1119548.jpg

b0135942_11161138.jpg


by takeo_yume | 2015-01-29 11:25 | 日記
2015年 01月 28日

新倉壮朗コンサート iin 札幌時計台 動画 no.3

新倉壮朗  ピアノ
クニ河内  ピアノ
野田美佳 マリンバ

"target="_blank">https://www.youtube.com/watch?v=l9RZ351P8IU
 

by takeo_yume | 2015-01-28 11:34 | 日記
2015年 01月 28日

マジェルカの新店舗

全国の障害者のアート作品とグッツのセレクトショップ「マジェルカ」はhttp://www.majerca.com/
西荻窪から吉祥寺に新店舗を構えました。
広くなったお店には色とりどりのユニークな商品が展示販売されています。
タケオの絵葉書も置いてくださっています。
地下にはギャラリーもあり、作品展も開催できるそうです。

バラフォンを求めて吉祥寺に行き、マジェルカにも立ち寄り、店長の藤本さんにもお会いできました。
最後は旨いと評判の餃子屋さんでビック餃子を食べ、大満足の楽しい1日でした。

b0135942_10573724.jpg

b0135942_10581374.jpg


by takeo_yume | 2015-01-28 10:54 | 日記
2015年 01月 27日

バラフォンを求めて・・・・・・・

伊勢の「おんがくファームまんどろ」の主宰者吉田豊氏がバラフォンを求めに上京。
町屋のTDFに行き、久方ぶりで皆様にお会いする。
取り巻く状況は様々に変化していますが、通わす思いがあるのが嬉しい。
バラフォンの木で作ったという正方形でマーブル色のマリ製のバラフォンを見せて頂く。
タケオが叩いて音色を聞く。
カラリと乾いた音がする。

次に、ラティール氏と案内をしてくださるオガックスと吉祥寺で落ち合う。
マリ製のバラフォンが2台。
音を聞き比べて、木が長くて、幅広のバラフォンが力強く、含みがあり、気に入り、購入決定。
ラティール氏にご尽力を、オガックスにはたくさんのお気使いを頂きました。
あたたかなお気持ちに触れ、思い求めるバラフォンを手に入れることができました。
ありがとうございます。

重くて大きなバラフォンを背中に背負い、嬉しそうな吉田様!!!
このバラフォンで吉田様の仲間がキラキラと輝く場が展開します。

b0135942_12341743.jpg

b0135942_12343879.jpg
b0135942_1234551.jpg


by takeo_yume | 2015-01-27 12:29 | 日記
2015年 01月 26日

ワニのトレーナー

子供服メーカー「ブーフーウー」がタケオの絵で商品化してくださった
ワニのトレーナーはお陰様で完売したそうです。

岩橋麻男社長はじめスタッフの方々、販売してくださったお店の皆様、
購入して頂いたお客様、本当にありがとうございます。
皆様の胸で目を細めているワニが笑っているようです。
ありがとうございます。

b0135942_9252960.jpg


by takeo_yume | 2015-01-26 09:24 | 日記
2015年 01月 26日

H氏の「タケオ」の感想

ダウン症のパーカッショニスト「タケオ」の
ドキュメント映画観ましたけど。。。

すごくいい刺激というか、発見というか…
ある意味、ショックでしたよ。。。

生い立ちから、アフリカ滞在の記録…
躍動的なシーンを余すところなく見せてくれます。。。
特典映像として一流ミュージシャンとの即興パフォーマンスが付いてます!(笑)

私、どんな刺激受けちゃったかといいますとね…
パーカッションどうのこうのじゃないんですよ。

確かに申し分なくパーカッション凄いです!
「日本人が外国人の真似してる感」ゼロです。(笑)
その時その時の空気をストレートに自分に取り込み
「タケオ」の体内に出た「答え」を
ドーーーン!と躊躇なく放ちやがります!
いわゆる「即興プレイヤー」の最低限必要な要素であり
なかなか常人じゃ持てない要素ですよね。
それはそれは凄まじいです。

でもそこはわかっていて…

私ね「幸せ」っていう、曖昧で掴みきれないワードを
この映画で、「タケオ」という一人の人間を通じて
いっぱい感じさせられたんすよね。

悔しい!とさえ思いましたよ。
「られっぱ」ですよ!「られっぱ」!!
やられっぱなし!!

「幸せ」って、本人が感じるオリジナルなものでしょ?

このオモチャ持ってるから君は幸せ。
このオモチャ持ってないからあの子は不幸せ。

そんなもんじゃないんすよね。
そういうのは幼稚園で卒業しててもらいたい。

我々、普段、淡々と生きてまして
やっぱ無意識に、他人を見て
「幸せそう」とか「辛そう」とか感じてると思うんす。

その時に、相手の何を見てそう思うのか?ですよ。

やっぱり「その人本体」です。
その人本体にフォーカスして、見て
「幸せそう」って感じるんですよ。

人が羨むようなモノや状況に囲まれてる人たち…
このSNSの時代、他人のデフォルメされた日常を
ワシャワシャと見せつけられておりますが…

モノや状況など、幸せと直接関係ありません。。。

本人から滲み出るもの…
表情なのか、動きなのか、横顔なのか…
よくわかりませんが、感覚で感じるものですよ…
字で書けないもの。。。

それが「幸せ」です。。。

私、ダウン症というものを大雑把にしか知りませんが
世間的には
「私たちは普通の人で、ダウン症の人は普通じゃない人」
という認識でしょう。全然間違ってないと思います。
多数派、少数派という観点では、その通り。。。

でもさぁ…
「多数派・少数派」ってなによ?
我々のように「少数派上等!」で生きてる人間は沢山おりまして…

そんなとこは大した問題じゃなくて…

本人が、いかほど「幸せ満載」で生きてるか!でしょ?

私は、タケオほど「幸せ満載」で生きてる人間を
まっすぐ見たことありませんでしたよ。。。
ほんと…
「おかあさん!グッジョーブ!!」って思いました。

あなたからは幸せ滲み出てますか?(笑)

せひ観て「未熟者ーーーー!!」と
頭ハタかれた気分になってください!(笑)

b0135942_992357.jpg


by takeo_yume | 2015-01-26 09:05 | 日記