TAKEO タケオ  「新倉壮朗の世界」

takeoyume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2015年 05月 31日

タケオの休日

タケオは薬師池公園にあるフォトサロンに仕事に行きながら、音楽活動をしています。
結構ハードな日々を過ごしています。

伊豆に行くと、全てに解放され、のんびりします。
毎食、美味しいお魚を食べ、ゴロゴロとイルカのよう・・・・。

日課の太鼓は海や山に叩きに出かけます。
リフレッシュの休日です。

b0135942_9493698.jpg

b0135942_10441146.jpg
b0135942_10445757.jpg
b0135942_10451539.jpg


by takeo_yume | 2015-05-31 09:53 | 日記
2015年 05月 30日

6月のスケジュール

ENJ  
日時: 6月13日(土) 14:00~15:00 
場所: ひなた村レクルーム

タケオ&浜松マライカ ライブ
アフリカンパーカッションでみんなをハッピーにする、
タケオと浜松マライカがカレービストロInDoに登場〜!
おいしいカレーとワクワクするライブをご用意して、
みなさんのお越しをお待ちしております。
定員になり次第締め切らせていただきます。(要予約)
⚫︎日時 2015年6月28日(日)
19:00 開場
19:15 お食事
20:00 ライブ第一部
20:45 休憩
21:00 ライブ第二部
21:45 終了

⚫︎料金 3800円(税込)
⚫︎ワンプレートディナー+1ドリンク付
⚫︎会場 カレービストロ InDo(インド)
 静岡市葵区人宿町1−1−6 あいびる1階
 TEL 054−269−4158
⚫︎ご予約方法(下記のいずれかから)
店頭、電話、E-mailにて。
Email: live-love-laugh@hotmail.co.jp

【浜松マライカ】
2011年12月に浜松市で行われた映画「タケオ」上映会+交流会でタケオとの演奏の為、
浜松市で活動しているジャンベ奏者により結成。
以後、2012年7月の新潟、2013年3月の知多半島とタケオのコンサートのサポートとして演奏。

by takeo_yume | 2015-05-30 14:03 | スケジュール
2015年 05月 30日

河津バガデル公園

1100品種、6000株のバラが咲く河津バガデル公園。
パリのバガデル公園の姉妹園としてオープンした本格的フランス庭園。
色とりどりのたくさんのバラが咲き誇る。
淡い香り。 
緑の山に囲まれたバラの楽園で静寂な時を過ごす。

b0135942_1235457.jpg


b0135942_12362364.jpg
b0135942_1237839.jpg


by takeo_yume | 2015-05-30 12:37 | 日記
2015年 05月 29日

海と山で

伊豆は岬が幾重にも海に突き出て、入江は浜になり、小山が連なる。
人々は海と山にはさまれた狭い土地に暮らす。
海はどこからも臨める。
季節ごとの海の幸、山の幸を頂き、
温暖な気候に育まれ、豊かな日々を頂戴する。

タケオは伊豆に行くと、あちこちの浜と山で気持ちよくたたく。
今回は山で蕨をたくさん採りました。

b0135942_1104541.jpg
b0135942_111778.jpg
b0135942_1111732.jpg


by takeo_yume | 2015-05-29 11:03 | 日記
2015年 05月 28日

伊豆白浜にて

海は紺碧。
浜は白砂。
空はどこまでも青い。
タケオのジャンベが澄み渡る。

b0135942_916510.jpg

b0135942_9191437.jpg


by takeo_yume | 2015-05-28 09:19 | 日記
2015年 05月 27日

河津七滝新緑ウォーク

滝の前に立ち、両手を広げ、滝の気を全身で受け止める。
水しぶき、轟き、冷気が心地よい。
「いい音!」と感歎。
河津七滝は天城の水が駆け下る。
滝めぐり新緑ウォーク。

b0135942_10291480.jpg

b0135942_10293365.jpg
b0135942_1030529.jpg


by takeo_yume | 2015-05-27 10:31 | 日記
2015年 05月 27日

タケオ&浜松マライカ ライブ in カレービスト InDo

以前、大阪でタケオのライブを企画してくださったサトミさんが
念願のカレー屋さん「カレービスト InDo」を静岡にオープン。
その素敵なお店でタケオライブ。
浜松マライカのみなさんが駆けつけてくださいます。
美味しいカレーを召し上がりながら、
アフリカン太鼓をご一緒にお楽しみ下さいませ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
curry bistro InDoがお届けするマンスリーライブの第3弾はこれ!!
【タケオ&浜松マライカ ライブ】
天才ドラマー”タケオ”がやってくる!!
アフリカンパーカッションでみんなをハッピーにする、
タケオと浜松マライカがカレービストロInDoに登場〜!

おいしいカレーとワクワクするライブをご用意して、
みなさんのお越しをお待ちしております。
定員になり次第締め切らせていただきます。(要予約)

⚫︎日時 2015年6月28日(日)
19:00 開場
19:15 お食事
20:00 ライブ第一部
20:45 休憩
21:00 ライブ第二部
21:45 終了

⚫︎料金 3800円(税込)
⚫︎ワンプレートディナー+1ドリンク付
⚫︎会場 カレービストロ InDo(インド)
 静岡市葵区人宿町1−1−6 あいびる1階
 TEL 054−269−4158
⚫︎ご予約方法(下記のいずれかから)
店頭、電話、E-mailにて。
Email: live-love-laugh@hotmail.co.jp
https://www.facebook.com/events/1086107131403232/permalink/1086107628069849/

b0135942_10164495.jpg


by takeo_yume | 2015-05-27 10:16 | お知らせ
2015年 05月 26日

風車の回る小山

ジャンベの音が空に吸い取られていく。
こだまが返る。
鶯が高らかにさえずる。
海から吹き渡る疾風。
ここは風車の回る小山。

b0135942_10273456.jpg

b0135942_10251524.jpg


by takeo_yume | 2015-05-26 10:28 | 日記
2015年 05月 25日

浜辺がステージ

海に向かってワンマンショ―。
波音が拍手のよう!

b0135942_14204395.jpg

b0135942_14211234.jpg
b0135942_1421461.jpg
b0135942_1422334.jpg


by takeo_yume | 2015-05-25 14:22 | 日記
2015年 05月 18日

野村 誠氏のタケオのピアノについてのコメント

第8回~13回までの「新倉壮朗の世界」の映像をまとめたDVDが完成しました。
第9回に共演して頂いた野村誠氏のタケオのピアノについてのコメントです。

実は、ぼくは彼のピアノの演奏をとても高く評価しているので、そのことをお話しようと思います。
タケオ君のピアノの演奏は、もちろん、
いわゆるクラシックやジャズのピアニストの演奏とは、
全然違う無調の演奏が多いのですが、無調のピアノの演奏というのは、なかなか難しいのです。
フリージャズなどで、従来の調性音楽の型にはまらない演奏を数多くのピアニストが試みてきましたし、
現代音楽の分野では、知的に構想され複雑な法則性から組み立てられた無調の音楽が多く作られました。
タケオ君は、多分、こうした無調の音楽自体は、あまり聞いたことがないと思うのですが、
彼のピアノの演奏は、こうした無調のピアノ音楽でなかなか生み出せない音楽のエネルギーや、
時にゾクゾクとする美を実現しているのです。
そういう意味で、彼は新しい領域を切り開いているピアニストだと思うのです。

彼が太鼓を叩いているのは、技術的にも上手ですし、
しかもアフリカのリズムの独特のグルーヴ感を持っているのですが、
彼のピアノは、そんな風に一般的に評価できる枠組みを越えたところで、素晴らしいのです。
でも、ぼくは、彼のフリーなピアノの音楽性を知っています。
多くの前衛ピアニストと同じくらいに、彼は最先端に位置するピアニストだと思うのです。

そのことを確認するために、ぼくは、「新倉タケオの世界」に出演して、彼と2台ピアノで共演しました。
正直、彼と共演するのにあたって、ぼくは本気で臨もう、手加減はしないと決意しました。
もし、彼が中途半端な演奏をしても、一切手助けはしない。
また、彼が本当に素晴らしくて、ぼくなど足下にも及ばないくらい凄かったら、
それに必死に食らいついていこう、と思ったのです。
実際に共演してみて思ったのは、二人の間に隔たった力量の差はなく、
対等な即興演奏を楽しめた、ということです。
60分のセッションが終わった後、タケオ君は、楽屋でヘトヘトになっていました。
それだけ、彼の全身全霊で、ぼくの音楽に応えてくれたのだと思います。

タケオ君は、出会った人の物真似をしながら、次々に何でも吸収していきます。
ということは、誰に出会うかで、彼は、もっと成長することができるのでは、とぼくは思います。
彼のピアノの演奏をもっと伸ばしていくために、前衛ピアニストの演奏会の場に連れて行ったり、
フリー・インプロヴィゼーションのライブに出演してもらったり、
彼のピアノの活躍の場を設けることはできないだろうか。
彼のピアノの才能が本当に評価されるのは、まだ何年か先のことになるかもしれません。
ぼくも、彼と新作を発表するような仕事をいつかやりたいと思います。
そのために、タケオ君も、日々、切磋琢磨をしていて欲しいな、と思うのです。

b0135942_10365793.jpg

 写真 足立剛一

by takeo_yume | 2015-05-18 10:34 | 日記