TAKEO タケオ  「新倉壮朗の世界」

takeoyume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 11月 ( 35 )   > この月の画像一覧


2015年 11月 30日

12月のスケジュール

クリスマスイルミネーション点灯式セレモニー 
・音まち千住の縁 だじゃれ音楽研究会

日時:12月5日(土)15:00~17:00
場所:ポンテポルタ千住 1階プロローゴ広場
    東京都足立区千住橋戸町1-13
    京成電鉄 千住大橋駅より 徒歩1分


保育園児とクリスマス会 
日時:12月8日(火)10:00~13:00
場所:ひなた村レクルー厶
  
ハート・チェーン・プロジェクト「アート」展 
日時:12月15日(火)~12月19日(土)
場所:昭和女子大80年館 昭ルーム

ENJ  
日時:12月20日(日)14:00~15:00
場所:ひなた村レクルーム

by takeo_yume | 2015-11-30 12:44 | スケジュール
2015年 11月 30日

兄弟展の絵

            「カール」
b0135942_11492654.jpg


by takeo_yume | 2015-11-30 11:45 | 日記
2015年 11月 29日

兄弟展の絵

             「耳飾り」
b0135942_11192882.jpg


by takeo_yume | 2015-11-29 11:19 | タケオの絵
2015年 11月 29日

「だじゃけんバンド」練習会

野村誠企画の芸大と地域交流イベントから生まれた「だじゃけんバンド」が
クリスマスイルミネーション点灯式セレモニーに出演します。

「音まち千住の縁]で演奏してきた曲を意見を言い合い、
より良い、面白い、インパクトがある演奏に練習を重ね、仕上げました。
タケオは曲の中での立ち位置を確認しながら、だんだんに力を投入。
「だじゃれ」のパワーをご披露します。
遊びに来てください。

12/5(土) 15:00~17:00
クリスマスイルミネーション点灯式セレモニー
・MSP(ミズノスポーツプラザ) チアリーディングスクール千住校
・音まち千住の縁 だじゃれ音楽研究会
・サニーサイドゴスペルクラブ北千住
ポンテポルタ千住 1階プロローゴ広場
 東京都足立区千住橋戸町1-13
 京成電鉄 千住大橋駅より 徒歩1分

b0135942_10422127.jpg


by takeo_yume | 2015-11-29 10:31 | 日記
2015年 11月 28日

第14回定期コンサート「新倉壮朗の世界」第2部 no.2

2015.7.19(日) 町田市民フォーラム ホール
新倉壮朗&Ibrahim Konate&赤井浩

撮影 清水雄介
https://www.youtube.com/watch?v=bplXv7rNH1s


by takeo_yume | 2015-11-28 11:48 | 日記
2015年 11月 28日

兄弟展の絵

            実
b0135942_11285912.jpg


by takeo_yume | 2015-11-28 11:29 | 日記
2015年 11月 27日

第14回定期コンサート「新倉壮朗の世界」第2部 no.1

2015.7.19(日) 町田市民フォーラム ホール
新倉壮朗&Ibrahim Konate&赤井浩

撮影 清水雄介
https://www.youtube.com/watch?v=XgCBlayFjw0


by takeo_yume | 2015-11-27 11:02 | 日記
2015年 11月 26日

兄弟展の絵

        仲良し
b0135942_9333843.jpg


by takeo_yume | 2015-11-26 09:33 | タケオの絵
2015年 11月 25日

「Cu-Bop」鑑賞

「Cu-Bop」とは、「キューバ音楽+ビーバップ」の合成語で1940年代末期の言葉だそうです。
モダンジャズに最初に混血したキューバ音楽を「現在のキューバに於けるモダンジャズ」にスポットを当て、
日本人監督高橋慎一氏が長年にわたりキューバに行き、撮影したドキュメンタリー。

亡命キューバ人の天才ピアニストアクセルとキューバ在住の天才サックス奏者セサルの
キューバでのセッション映像。
説明がほとんど無いので、ユーチューブを見ているよう。
高橋慎一氏と菊地成孔氏の対談を聞き、この映画の背景が解る。
ともかく登場人物の演奏がすごい。

菊地成孔氏は語る
キューバは、ジャズミュージシャンの間では「超絶技巧の国」として知られている。
国が運営するコンペティションで優勝すれば、家族を養ってゆけるだけの報酬が得られること、
音楽、ダンス、歌唱の一家が多いこと、人々の暮らしの中に、音楽が密接に入り込んでいること、
亡命ニューヨーカーとしてジャズミュージックに触れられる至近距離にいること等によって、
技術力(特に、リズムに関する)もまた、ガラパゴス化しているのである。
本作は、亡命者が故国で地元音楽家とコンサートを開く事の困難さと共に、
彼らの、見た者誰もが驚嘆せざるを得ないであろう、圧倒的な演奏能力を余すところなく描いている。
勿論、ここで言う技術は、単なるペダンチックでアスリート的なそれではなく、
源流をアフリカにまでさかのぼる伝統音楽と密接に結びついた、情熱的かつモダンで芸術的なものだ。

タケオはアクセルのピアノ演奏に釘付けでした。
http://www.uplink.co.jp/movie/2015/37758

by takeo_yume | 2015-11-25 14:02 | 日記
2015年 11月 24日

クルギのステージ

セネガルでは2011年に「アラブの春」と連動したかたちで、
「ヤナマールY'en a marre」(フランス語で「もううんざりだ」の意)と呼ばれる
一般市民の大規模な社会運動が展開。
そこでは「クルギkeur gui」(ウォロフ語で「イエ」の意)と呼ばれる
ヒップホップ・グループが運動の中核となり、
ウォロフ語による楽曲を通じた彼らのメッセージが、非暴力の民主化運動を大きく推進。

外語大ではクルギを日本に招聘し、
学際的な公開国際シンポジウムやワークショップ、音楽パフォーマンス等をつうじて、
グローバル世界のアクチュアルな動向にたいする彼らの透徹した視座と、
非暴力の民主化運動に関するその思想を、
グローバル・スタディーズの一環として理解することを企画。

このクルギのステージを見に行く。
サバールの国セネガルミュージシャンのヒップホップはさすがに力強い。
ハモリもグルーブも大迫力。
観客をグイグイ引っ張ってステージ前は総立ち。
タケオに特に優しいセネガル人のハートに包まれ、楽しませて頂きました。

b0135942_112328.jpg

b0135942_1121952.jpg
b0135942_1122913.jpg


by takeo_yume | 2015-11-24 11:03 | 日記