TAKEO タケオ  「新倉壮朗の世界」

takeoyume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2017年 08月 ( 37 )   > この月の画像一覧


2017年 08月 29日

第16回定期コンサート「新倉壮朗の世界」第2部 no.5

音楽をしていると仲間がいっぱいできます。
タケオのコンサートはそんな仲間にサポートして頂いて実施できています。
皆さんが気持ちよく、楽しく動いて下さいます。
そして、ステージでも一緒に演奏します。

タケオバンドの大阪マライカからのプログラムへのメッセージ

タケオくんとのライブは自由!自由!自由!につきる!
そのスタイルはアフリカ人アーチストのスタイルと重なる!
多くのアフリカ人アーチストらがタケオ君を慕う理由はそこにある!
彼の持ち得るソウル(自由な魂)がその根底に存在している事を
多くのアフリカ人アーチストは彼と一緒に太鼓を叩いた時に
瞬時に感じ取るのであろう!Japanese African タケオくん!
僕の大好きなジェンベフォラであることに間違いございません!
素晴らしい!            Japanese African 奥野”バオバブ”毅


タケオは演奏の優劣という価値観を持っていない。
全ての音、全てのリズムをただ受け入れ、楽器にのせて言葉を返す。
そう、タケオは音楽を演奏しているのではなく、
ただコミュニケーションを楽しんでいるだけなのだ。
だからそこには自由がある。
そして、実はそれこそが本来の音楽の喜びなのだ。      池上展大


音を楽しむと書いて音楽、まさにタケオの事です。      檜垣亮一


僕はタケオ君と演奏することをいつも楽しみにしています。
それはなぜかというと、彼が素直に音を感じて、
自分の言葉と自分のタイムでリズムを奏でるからです。
feelとgrooveとstraightという僕にとって音楽、
いや、人生を魔力化させるとても重要な要素を教えてくれるミュージシャンは
彼以外にいません。
いつもありがとう、タケオ、タケオママ、大阪マライカ。     priti


ヘイ町田ピーポー。アイムタマッチ。音と音とが大阪で交錯。
集う友人、グルーヴ降臨。こんにちはTOKYO。公共で即興。
千客万来、開脚前転。・・・つまり、
タケオの存在こそ私が音楽を演り続ける理由そのものであるということす。
                          高玉 "開脚前転" 要
写真:足立剛一

b0135942_07174140.jpg
b0135942_07175465.jpg
b0135942_07180815.jpg



by takeo_yume | 2017-08-29 07:20 | セネガル報告
2017年 08月 28日

第16回定期コンサート「新倉壮朗の世界」第2部 no.4

アンケートより
・音を楽しむとはどういうことか改めて考えさせられました。
あたかもアフリカにいるような雰囲気に圧倒されました。
ワガンさん、ボガさん、赤井さん、これからも世界中に音楽の楽しさを
伝えていって 下さい。
・初めて行くことができて、その楽しさに圧倒されました。ありがとう!
音楽はもとより、あのようなものが本物なのですね。
・エネルギーがすごいです。素晴らしいです!!
写真:足立剛一
b0135942_11442094.jpg
b0135942_11440662.jpg



by takeo_yume | 2017-08-28 11:46 | ライブ報告
2017年 08月 28日

「勇気の翼インクルージョン2017」

恵比寿ガーデンプレイスで開催。
キラキラのステージ衣装の皆様が力いっぱい、笑顔いっぱい踊っていました。
タケオはほんのチョコットしか、たたけなかったので「これだけ…?」と不満そうでした。
主催者の細川佳代子様と久しぶりにお話しでき、活力を頂きました。
第1回勇気の翼は著名人と共に歩くファッションショーで、
その時、タケオとランした俳優の黄川田将也さん、
数年後の勇気の翼でタケオのジャンベでタップを踊って下さったLilyさんともお会いできました。
ひたむきな願いとともに繰り広げられるイベントです。
b0135942_11131826.jpg
b0135942_11132830.jpg
b0135942_11133950.jpg



by takeo_yume | 2017-08-28 11:13 | 日記
2017年 08月 27日

第16回定期コンサート「新倉壮朗の世界」第2部 no.3

赤井浩とは2002年アフリカンフェスタで出会って以来、ずっと一緒に活動している。

二人の数々のおもろい出来事はちょっとしたことから、大事件まで、生きている軌跡。

音楽を通して感じ合い、いつも傍にいるかけがえのない友。

赤井君からのプログラムへのメッセージ
タケオは、共演者との再会や演奏すること自体への歓びなんかから、
リハーサルでエナジーを使い切ってしまうといったことしばしば。
計画的な打算のようなものがない。
そんなヤツのプレイはとにかく正直で、
絶対的に信用できるものだ!
                       赤井浩
写真:足立剛一 

b0135942_11400734.jpg



by takeo_yume | 2017-08-27 11:48 | ライブ報告
2017年 08月 27日

野村誠 千住だじゃれ音楽祭「第2回 だじゃれ音楽研究大会」本番

コンサート、ゲスト講演、シンポジウム、基調講演を主に、
実践部屋、理論部屋、工作部屋での聴きごたえ、見ごたえのあるパフォーマンス。
コンサートでは今までのだじゃれ音楽の曲の中から数曲を演奏。
鼓のリズムで体を動かし、体操する「すっぽんぽん体操」
遊べる愉快な名曲「ドミノ倒し」
音楽理論にのっとったおもしろ名曲「おんぷ」
メロディーの美しさが際立つ名曲「ほうれんそうれんそう」
野村誠さんのピアノ講座では
「読書はピアノの前でするのが良い」を実演しながら説明。
タケオはそれがとても興味津々だったらしく、
報告会で「すばらしい! ありがとう!」と語る。
ボディーパーカッション講座をして下さったエンリコさんとは
「タケオ~~!」と久しぶりの再会。
野村さんのご指導頂き、皆で創り上げたイベントでした。
b0135942_10495452.jpg
b0135942_10500736.jpg
b0135942_10502698.jpg
b0135942_10504060.jpg


by takeo_yume | 2017-08-27 10:55 | 日記
2017年 08月 26日

野村誠 千住だじゃれ音楽祭「第2回 だじゃれ音楽研究大会」

東京藝術大学 千住キャンパス に集い、
だじゃれを研究している「だじゃ研」のイベント。
だじゃれ、音楽、人の面白さ、魅力が詰まっています。
遊びに来て下さい。


日時:平成29年 8月26日(土)14:00-17:00 (open13:30)
出演:野村誠、だじゃれ音楽研究会、日本だじゃれ活用協会
入場:無料
定員:100名(先着順・事前申込優先)
会場:東京藝術大学 千住キャンパス スタジオA ほか
           (東京都足立区千住1-25-1)

b0135942_06403913.jpg
b0135942_06373798.jpg
b0135942_06374632.jpg
b0135942_06375745.jpg



by takeo_yume | 2017-08-26 06:42 | 日記
2017年 08月 25日

第16回定期コンサート「新倉壮朗の世界」第2部 no.2

ワガンさんとボガさんからのプログラムへのメッセージ。
写真:足立剛一

タケオはとても素晴らしいパーカッションな人です。
私たちは兄弟と同じです。
Doudou Ndiaye Roseの家にはいつでもタケオと一緒に撮った写真が飾ってあります。
Doudouの家族にとって、タケオはとても大切な一員です。
私、Wagane Ndiaye Roseはタケオさんと一緒にいる時にとてもhappyです。
これからもずっと宜しくお願い致します。ありがとうございます。
                          ワガン・ンジャイ・ローズ

b0135942_10432051.jpg

ボガはタケオさんと同じステージにいるだけでとっても気分が良い。
太鼓を叩くタケオさんを見ると、世界中回ってみんな様に見せたいぐらい素晴らしい。
これから仕事がもっともっと増える様に頑張りましょうね〜。
よろしくお願いします。              
                               ボガ・ンジャイ

b0135942_10441130.jpg



by takeo_yume | 2017-08-25 10:44 | ライブ報告
2017年 08月 25日

野村誠 千住だじゃれ音楽祭「第2回 だじゃれ音楽研究大会」

野村誠率いる「だじゃ研」のイベント。
だじゃれは「モノの見方をあらゆる方向で見る」がコンセプト。
藝大千住分校であらゆる人が集まって、楽しみながら発信しています。...
タケオは「タケオの部屋」で太鼓をたたいて遊びます。

日時:平成29年 8月26日(土)14:00-17:00 (open13:30)
出演:野村誠、だじゃれ音楽研究会、日本だじゃれ活用協会
入場:無料
定員:100名(先着順・事前申込優先)
会場:東京藝術大学 千住キャンパス スタジオA ほか
           (東京都足立区千住1-25-1)

b0135942_10312307.jpg



by takeo_yume | 2017-08-25 10:31 | お知らせ
2017年 08月 24日

第16回定期コンサート「新倉壮朗の世界」第2部 no.1

新倉壮朗・ワガン・ボガのサバールと
赤井浩のカスンケドゥンドゥンの演奏で始まる怒涛のアフリカンパーカッション。
ウキウキ、ワクワク、リズムが跳ね、響き渡る。

アンケートより
・第1部とはまた異なり、すごくエネルギッシュ&ダイナミック。
・エネルギーがすごいです。素晴らしい!!
・躍動感あふれるパーカッション、最高でした。
・重厚かつ迫力あるサウンドで最後まで楽しんで聴くことができました。
・タイコはノリノリですね!最高のコンサートでした。
・表情豊かな舞台で会場が一体となり、素敵な空間でした!
・同じ空間にいて、とても楽しかったです。
・変わらずエネルギッシュなタケオ君に満足です。
・イキイキした姿に感動です。
・障害も国境も本当に関係ない。感動、感激しました。

写真:足立剛一

b0135942_10574655.jpg
b0135942_11140750.jpg



by takeo_yume | 2017-08-24 11:16 | ライブ報告
2017年 08月 23日

第1部 松永貴志さんとのデュオ no.7

1部が終了し、袖に戻った時、
タケオは「あ~~、楽しかった!」の一言。
松永さんは「面白かった~~!」
2人とも汗びっしょり。
笑顔が飛び交いました。

アンケートより
・同じ演奏、同じ雰囲気、同じ流れは絶対に2度とない即興の面白さですね。
・タケオ君から溢れる表現が出し尽くされたステージでした。
・モダンジャズの領域でした。
・邪念の無い演奏に心打たれました。
・あんなに自由でパワフルなセッションは初めてです。
・人を引き付ける力がすごいです。
・マリンバ、ピアニカ、ピアノ、声、ダンスを自由に使いこなす壮朗さんに驚きました。
・思わずデュエットしてしまう壮朗さんは見ていて本当に楽しかったです。
・自身が楽しんでいる様子で、とてもよかった。

プログラムの表紙
b0135942_10591552.jpg
プログラムの裏
b0135942_10573089.jpg


by takeo_yume | 2017-08-23 11:01 | ライブ報告