TAKEO タケオ  「新倉壮朗の世界」

takeoyume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2017年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2017年 11月 30日

ワガンさんのサバールワークショップ

動画
https://www.facebook.com/takeo.niikura.9/videos/1535889629831643/
b0135942_16173753.jpg


by takeo_yume | 2017-11-30 16:17 | 日記
2017年 11月 29日

ワガンさんのサバールワークショップ

ワガンさんのサバールワークショップに参加。
「バク」という曲を練習。
バクとはウォルフ語でリズムという意味だそうです。
繊細な音が様々に織りなし、膨らんでいく。
サバールは大勢でたたくと楽しい。

b0135942_11150965.jpg
b0135942_11145411.jpg



by takeo_yume | 2017-11-29 11:15 | 日記
2017年 11月 29日

12月のスケジュール

ENJ
日時:12月16日(土) 14:00~15:00
15:00~16:00 お茶飲み会
場所:ひなた村レクルーム


by takeo_yume | 2017-11-29 10:37 | スケジュール
2017年 11月 28日

踊るタケオ

「MEMORIAL REBIRTH 千住 2017 関屋」でしゃボンおどりを踊るタケオ。
結構、可愛いんです・・・!

写真:鳥飼祥恵

b0135942_10515685.jpg



by takeo_yume | 2017-11-28 10:52 | 日記
2017年 11月 27日

「MEMORIAL REBIRTH 千住 2017 関屋」

赤く色着いた桜の葉が舞う関屋公園で
大巻伸嗣プロデュースの千住のしゃぼん玉イベント。
自分に住む町で、アートを通じてみんなで参加、楽しむイベント。
秋晴れの空に無数のシャボン玉が飛び交う周りを
all togetherでしゃボンおどり。
音まちビックバンドとティーンズ楽団が演奏。
大巻さんは「やりたいことを自分の力をすべて出し切ってやろう」と
メッセージ。かっこいいです。
消えて無くなるシャボン玉だけど、何かが残る。
b0135942_10113696.jpg
b0135942_10114763.jpg


by takeo_yume | 2017-11-27 10:12 | 日記
2017年 11月 25日

メモリバリハーサル

東京藝術大学音楽学部音楽環境創造科がある千住キャンパスは、
このまちを舞台に、2011年から「音」をテーマにした
まちなかアートプロジェクト「アートアクセスあだち 音まち千住の縁」に
取り組んでいます。
現代美術家・大巻伸嗣(東京藝術大学美術学部彫刻科教授)とともに、
プロジェクトを立ち上げ、
初年度から、千住キャンパスに通う藝大生や、足立区、NPOのメンバーなどを主体に「Memorial Rebirth 千住(メモリバ)」を毎年開催し、
今年で7年目を迎えます。
今回はメモリバとともに足立区で育ってきたティーンズたちが、
音楽とパフォーマンスで場を盛り上げます。
シャボン玉が紡ぐ学区を超えたつながり。
タケオはジャンベ演奏で参加します。

開催日:平成29年11月26日(日) ※小雨決行
昼の部 14:00〜
夜の部 17:00〜
料金:無料(申込不要)
会場:関屋公園[東京都足立区千住関屋町17-7]
アクセス:京成関屋駅・牛田駅から徒歩約8分

b0135942_21342332.jpg
b0135942_21344216.jpg



by takeo_yume | 2017-11-25 21:36 | 日記
2017年 11月 24日

洗足学園音楽大学「打楽器の祭典 Percussion Fiesta」

洗足学園音楽大学で開催された世界民族打楽器による
「打楽器の祭典 Percussion Fiesta」は
洗足学園音楽大学で指導に当たるクリストファー・ハーディ、
ワガン・ンジャエ・ローズ&ソフィ・ケルギ、
打楽器コースとくりゼミの学生がシルバーマウンテンB1で演奏。
ワガンさん率いるソフィ・ケルギはセネガルミュージシャン6人。
圧倒的迫力とグルーヴで響き合う。
タケオはスペシャルゲストとして演奏に加わらせて頂きました。
奏者、お客様が小さな空間で共振し、歓喜した一時でした。
b0135942_12134949.jpg


by takeo_yume | 2017-11-24 12:14 | 日記
2017年 11月 23日

仲野麻紀著「旅する音楽」の言葉

ジャズ・サックス奏者の仲野麻紀さんは「旅する音楽」で語る。
「音を奏で、紡ぎ、放つのに、時として具体的な目的はない。
それは衝動であり、この衝動が突き動かして生まれる音は生のla vieの中にある。
それは人間の持つ、あるいは自然のもつ摂理なのかもしれないが、
いずれにせよ、この世界はふるえと共に在るということのようだ」

麻紀さんが綴る言葉はタケオが音楽する根源を知りえる。
「音楽とは空間とあなたとの間で鳴っているもの」

b0135942_10364606.jpg
b0135942_10370197.jpg



by takeo_yume | 2017-11-23 10:37 | 日記
2017年 11月 22日

ヴォルフガング・シュタンゲ さん

ヴォルフガング・シュタンゲ さんは人の心がわかる方です。
心を溶かし、掬い上げ、包み込んで温めて下さいます。
お会いするだけで、みなぎる力を頂けます。

写真:鳥飼祥恵

b0135942_10252880.jpg
b0135942_10254229.jpg



by takeo_yume | 2017-11-22 10:25 | 日記
2017年 11月 21日

タケオのダンス

その時、その時で即物的に動く。
深淵からの何かが指の先に現れる。

写真:鳥飼 祥恵

b0135942_12341118.jpg
b0135942_12365155.jpg
b0135942_12342565.jpg



by takeo_yume | 2017-11-21 12:34 | 日記