TAKEO タケオ  「新倉壮朗の世界」

takeoyume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 04月 23日

タケオについて (1)

 タケオはまわりの人々に様々な影響、作用を及ぼしています。私たちにとってタケオとはいったいどんな存在なのでしょう… 
★今回はタケオと一緒にアフリカンドラムを叩く仲間“マライカ”(旧名 新倉壮朗 with friends)のリーダー赤井さんのエッセイを掲載します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 初めて会ったのは2002年の春。毎年行われている外務省主催のイベント「アフリカンフェスタ」の“ジャンベ大集合”の練習会だった。セネガル人ドラマー、ラティール・シーが指導してくれていたわけだが、どこか受動的で、奥深いところからのエネルギーが感じられない大勢のジャンベ叩き(私もその一人…)の中で、ひときわ気になるヤツがいた。気負いもてらいもなく、自然体でノリノリの少年。「わあ、こいつすげー!」 それがタケオの第一印象だ。 練習会が終わって駅へ向かう途中、たまたま彼とお母さんと一緒になって、で、たまたま私の実家と彼の家がご近所だと知って、また連絡先も教えてもらい、漠然と彼と一緒に太鼓を叩いてみたいなと思っていた私はうれしかった。 
                                                    赤井
 
          ’01                                     
b0135942_1842876.jpg


# by takeo_yume | 2008-04-23 13:35 | タケオについて
2008年 04月 22日

セネガルからドゥドゥファミリーがやってくる!

b0135942_519337.jpg タケオがアフリカの太鼓サバールを最初に習ったのは、1998年、11才の時、府中の森打楽器祭のワークショップでした。先生はセネガルのアローナ・ンジャエ・ローズ。そのアローナの父でサバールの神様もと言われるドゥドゥ・ンジャエ・ローズ Doudou N'diaye Roseが、来月パーカッションオーケストラを率いて来日します。
 横浜で開かれる日本政府主催アフリカ開発会議の記念コンサートで、5月16日(金)、17日(土)が横浜関内ホール、20日(月)東京国際フォーラム、そのほか新潟、茨城、宮城などで行われます。下記を参照してください。ドゥドゥの紹介、アフリカンドラムの説明などもあります。

ドゥドゥ・ニジャエ・ローズ パーカッションオーケストラ・コンサート

b0135942_51934100.jpg  ドゥドゥは1980年代に初めて来日して以来、何度も来日しています。タケオは2002、2006の来日コンサートでドゥドゥに会いました。ドゥドゥはタケオのサバールを褒め、コンサートに飛び入りさせてくれました。タケオが今年1月セネガルに行った目的は、ドゥドゥの息子でアローナの弟のワガンのワークショップに参加することでしたが、ドゥドゥも忙しい仕事の合間に時間を作って会ってくれました。今回のドゥドゥオーケストラには、ワガンやワガンの弟のアブライをはじめワークショップで世話になったドゥドゥファミリーの面々も大勢参加しているようです。タケオは16日(金)に行ってみんなと会うのを今か今かと楽しみにしています。
 飛び入りするチャンスがあるかどうかは分かりませんが。(榊)

★拡大できるチラシがこちらにあります。

# by takeo_yume | 2008-04-22 00:00 | お知らせ
2008年 04月 19日

大口純一郎&新倉壮朗 即興ライブ   4月17日


ジャズピアニスト 大口純一郎さんとのセッションライブは、初演奏でのりのりの4時間。
音で、奥深く心を通い合わせ、何年来の友達のようだった。
2人は真剣に音を出し、笑いながら楽しそうにドュオした。
ピアノとバラフォンは、音の掛け合い。
ピアノとサバールは、音がはねた。
ピアノとジャンべは、音が語りあった。
ピアノとピアノは、4本の指が跳ねて踊り、音が絶妙に重なって、膨らんだ。。
どこから、こんなに音が湧き出てくるのだろう?
「タケオの内なる深さがわからない」と大口さんに言ったら、「お母さんにはわからない、わからなくていい」と諭されました。
7月24日 再演が決まりました。
                                                   タケオママ

b0135942_21382217.jpgb0135942_21432217.jpg

# by takeo_yume | 2008-04-19 21:24 | ライブ報告
2008年 04月 19日

ENJ

’03年より、壮朗の小さなお友達と、音楽しみ会(おたのしみかい)を月1回開いている。
ピアノ、マリンバ、ジャンベ、タンバリン、ドラム・・・・etc 、 いろいろな楽器で好きな音を出す。
思い思いの音が、混沌としているようで響きあう。
音の洪水に身をおいて、心を開放させる。
子供たちの笑顔が、幸せでいっぱい満ち満ちている。
                                                  タケオママ

b0135942_20361458.jpg
 
                                               4月13日

# by takeo_yume | 2008-04-19 20:29 | 日記
2008年 04月 16日

ギャラリー A&K オープン

「ギャラリー A&K 」は壮朗の中学校の美術の先生が、自宅を改造してオープンした。
先生の友人 三谷久江さんがイタリア旅行で描いた絵を、彼女の誕生日の記念にするために、
昼夜の突貫準備でこぎつけた。
小さな画面に、広大な絵空間。
色彩、線、タッチ、マティエール、構図、そしてタイトルに秘めたる思いがみなぎっている。
ギャラリーの出窓には、壮朗の兄 康生の作品「家族」が置かれ、ほほえんでいる。
                                              
                                                   タケオママ

b0135942_9444540.jpg


                     三谷 久江 個展   ~イタリアからの風~
                        2008.4.5~6.30 (要 予約)
                           相模原市古淵5-32-9
                           t&f 042-747-2173

# by takeo_yume | 2008-04-16 10:02 | お知らせ
2008年 04月 15日

第7回定期コンサートのお知らせ!   ー転載自由ー

タケオ in セネガル   
第7回 新倉壮朗の世界 
 Malaika & Wagane

b0135942_21513372.jpg











たたいて! 踊って! 歌った!  熱狂の日々を再現

日時: 2008年7月21日 (月) 13:30 開場/14:00 開演
場所: 川崎市アートセンター
       川崎市麻生区万福寺6-7-1 ℡ 044-955-0107
      小田急線 新百合ヶ丘駅北口より徒歩3分
料金: 大人 1,500円 / 小人 500円 (全席自由)

主催: 新倉壮朗コンサート実行委員会 Tel 042-734-7787
         
後援: 町田市社会福祉協議会
     町田市ボランティア連絡協議会
     川崎市社会福祉協議会

♥新倉 壮朗 
1986年生まれ。ダウン症。幼少より音に豊かな反応を示した。特にリズム感は抜群で、
体や楽器での表現には目を見張るものがあった。8才の頃、即興弾きするピアノの音はすでに独特の世界を持っていた。11才の時、「サバール」を知る。指導者のアローナ・ンジャエ・ローズは、壮朗の才能を高く評価した。その後、在日のワガン等と一緒に演奏を重ねて腕を磨き、サバールで思いのたけを響かせる。 2002年より「新倉壮朗の世界」と題して、定期的にコンサート、ミニライブを開き、音 楽の原点がいっぱいのステージを繰り広げ、多くの人々に感動を与えている。イギリスのアミキ・ダンス・カンパニーの主宰者ウォルフガング・シュタンゲは「感じた心を音と体で表現する能力は natural gift であり、偉大な creative artist 」と絶賛
している。
  
♥Malaika (新倉壮朗 with friends)
2002年のアフリカンフェスタで出会った人々とジャンベ演奏を楽しむようになる。壮朗の乗り乗りの音楽が大好きな仲間達が集まり、楽しく活動している。各地のイベントに出演し、パワーあふれる演奏を展開している。昨年、バンド名をMalaika(スワヒリ語で“天使”)と決めた。

♥Wagane N’diaye Rose
1971年、西アフリカの伝統音楽“sabar”の至宝ドゥドゥ・ンジャエ・ローズの息子としてセネガルのダカールに生まれ、幼少より打楽器を学ぶ。8歳よりプロとして活動。父とともに世界各国をツアー。現在まで数々の国際的なメジャーアーティストとの共演をはじめ、ジャンルを超えた様々な活動を展開中。また、日本各地でアフリカンパーカッションのワークショップを行いアフリカ音楽の楽しさ、素晴らしさを伝えている。昨年、相模原市立青少年学習センター主催による壮朗とワガンのコンサートでは、サバールの力強い演奏で魅了した。今年1月、タケオの夢だったセネガル行きは、ワガンのコーディネートで実現した。
URL:http://www.sabar-wagane.com/

♣タケオ・イン・セネガルの映画を上映します!!
現在編集中のドキュメンタリー映画「タケオ—あるダウン症アーティストの夢」(仮)からセネガルのタケオを中心にしたダイジェスト版をご覧いただきます。(約20分) 
この映画はダウン症という障害をもって生まれたタケオが、アフリカの太鼓との出会いをきっかけに、音楽の才能を開花させ、さらに、ピアノやマリンバ、あらゆる楽器での即興演奏やダンス等で表現の世界を広げ、アーティストとして成長していく姿を描きます。完成は2009年2月。
<製作のねらい>
タケオのコンサートで大勢の観客が感動を覚えるのは、彼の迫力ある演奏や楽しいパフォーマンスばかりではなく、音楽とはまさに音を楽しむことだと気づかせてくれるからです。この映画は、障害は不幸という固定観念を超え、タケオの芸術の魅力と、明るくおおらかで、夢と勇気とユーモアいっぱいの愛すべき人柄を描きます。(監督 榊 正昭)

# by takeo_yume | 2008-04-15 22:12 | お知らせ
2008年 04月 15日

’08「コミュニティ・アート&アート展」  (3月30日)

コミュニティ・アート&アート展は、壮朗が中学校1年生の時より開催されているアート展。
「アートを通してコミュニティを!」をスローガンに、町田市の中学校特別支援学級の生徒さんと、国内外で活躍されている作家さんの作品を展示。毎年、3月に相模原市民ギャラリーで開いている。
指導者 長村登代子先生はアートに燃え、日々邁進している情熱の人。
壮朗の兄、康生は作家の仲間に入れていて頂き、「トラフグ浮遊像」陶芸作品を出品。
ミニパーティーでは、壮朗がバラフォンを演奏し、数々の絵が醸し出す森厳な雰囲気に包まれ、含みのある音を響かせた。
                                                   タケオママ


b0135942_1133629.jpgb0135942_1152588.jpg

# by takeo_yume | 2008-04-15 10:11 | ライブ報告
2008年 04月 14日

タケオとタケオの音楽について

 タケオについて一言で言うのは難しいのですが、私は「ダウン症のアフリカンドラム奏者」と言うことにしています。それに加えるとすれば「マリンバやピアノ、ピアニカの即興演奏も大好きで、音を楽むまさに文字通りの音楽家」ということになるのではないでしょうか。
 さらに「音楽に合わせて即興で踊るダンスや、独特の雰囲気を持つ絵にも才能を示す天性のアーチスト」と付け加えたいと思います。
 「ダウン症の」といちいちことわる必要があるかどうかは疑問なのですが、言葉や文字を使った一般的なコミュニケーションに無理があるのは事実ですし、それをあえて隠す必要もないと思っています。ダウン症「なのに」すばらしいという声もよく聞きますが、私はダウン症「だから」すばらしいのかもしれないと思っています。
 タケオの音楽の魅力は、何と言っても「楽しさ」にあります。タケオの演奏は、音楽とはまさに「音を楽しむ」ことだということを実感させてくれます。
 b0135942_1626742.jpg美しさの感じ方は人によって違うので押しつけるわけにはいきませんが、タケオの音楽には、約束に縛られず心のままに移り変わる自由で豊かな「美しさ」があると私は感じます。そしてそういう「美しさ」を発見することが、またとても楽しいことなのです。タケオのライブやコンサートで、多くの人にそのことを感じてもらえるといいなと思っています。(榊)  写真/足立剛一

# by takeo_yume | 2008-04-14 16:29 | タケオについて
2008年 04月 09日

自然の音

タケオはいつもリズムを刻んでいる。
山や海に行くと、大気をいっぱい体に受け、気持ちが高揚する。
体が跳ねだす。
山や木々、草、風を指揮する。
タケオには美しい自然の音が聞こえている。
                                       タケオママ

b0135942_12513592.jpg

                             指揮をするタケオ   3月18日               

# by takeo_yume | 2008-04-09 12:51 | 日記
2008年 04月 09日

初ライブ (3月8日)


町田市成瀬のライブハウス「クロップ」で、初ライブをしました。きれいな落ち着いた空間で、小、中学校の恩師や知人の方々が来てくださいました。
セネガルから帰ってきたばかりなので、サバールとバラフォンが主でした。
バラフォンの演奏は思いがこもり、豊かな音に、時々、セネガルでのことの語りも加わって、静かな魅了タイムでした。
狭いステージでも、激しさは変わらず、踊りたくなると飛び跳ね、踊躍歓喜のタケオを至近距離で見聞きし、ライブならではの醍醐味でした。
                                                  タケオママ 

b0135942_12203167.jpg


# by takeo_yume | 2008-04-09 11:22 | ライブ報告
2008年 04月 08日

マライカの練習 (3月22日)

まちだ中央公民館でのマライカの練習は、
午後6時30分より10時まで、叩きっぱなし。
すごいエネルギー。
タケオパワーに圧倒されながら、皆、叩く、叩く。
大好きな仲間と、楽しく、ジャンベを響かせる至上の時間。
                                             タケオママ

b0135942_192206.jpg


# by takeo_yume | 2008-04-08 18:57 | 日記
2008年 04月 08日

大口純一郎&新倉壮朗 即興ライブ

★終了しました。報告はここをクリック
 
4月17日(木) 20:00~23:00
 Jazzy Snack THELONIOUS 
        (料金/1ドリンク \3,000)                  
    
ジャズスナック セロニアス
中野区中野5-47-5  Tel 03-3389-0366昭和新道 花村ビル1F 
                  
大口純一郎さん(http://www.jun-ohkuchi.com/)は素敵なジャズピアニストです。
タケオの音楽が大好きで、ファンと言ってくれています。
すばらしいピアノに触発されて、タケオがどんな音を紡ぎだすか?
大口さんのピアノとタケオのサバール、バラフォンのセッツション。
そして、2人で連弾。
楽しみなライブです。

# by takeo_yume | 2008-04-08 15:10 | お知らせ
2008年 04月 08日

「タケオは立派な男」

新橋と横浜での、新生ジュリドンの演奏に参加しました。リーダーがうれしい言葉をくださいました。「タケオは立派な男で、僕らのいい仲間です」「タケオはいつもポジティブな気持と、心配している母親連れて来る。タケオのポジティブな気持以外は欲しくない。 ママは立ち入り禁止」
迷惑をかけてはいけないの思いが、いつも念頭にあって、ついて回らざるを得ない母親がいるのです。この言葉は、涙が出るほどの重みがあります。「認めなくていけないのは母親」と叱咤されました。
ありがたいです。 うれしいです。
                                                 タケオママ

b0135942_10402859.jpg

                                            3月15日
                                            

# by takeo_yume | 2008-04-08 14:47 | 日記
2008年 04月 08日

ドキュメンタリー映画製作中

b0135942_22504117.jpg  昨秋から映画「タケオ〜あるダウン症ミュージシャンの夢〜」(仮題)の製作がスタートしました。
 タケオの映像は、保育園時代から家族によって撮り貯められてきました。小学生のときのピマノの即興弾き、11才で初めて参加したアフリカンドラムのワークショップ、その後のコンサートの記録など、たくさんの映像があります。これに加えて長年の夢であった今年1月のセネガル行きのドキュメントを加え、タケオの成長と、指導者、支援者、家族、友人などとのかかわり、そしてなによりもまさに音を楽しむタケオの音楽と、優しくユーモラスな人間としての魅力を多くの人々に見ていただきたいと思います。
 映画はコンサートで上映する短編と、劇場上映やテレビ放映を目的とした長編ドキュメンタリーを制作します。目下、編集を進めるかたわら、資金あつめをはじめています。完成は2009年2月の予定です。(榊)
☆写真はダカール郊外ラックローズ湖畔で撮影中の常田カメラマンとタケオ。上に突き出たマイクを持っているのが榊です。ブログ映像力

# by takeo_yume | 2008-04-08 11:42 | タケオの映画
2008年 04月 08日

TAKEO(新倉壮朗)のブログをはじめます

新倉壮朗(タケオ)のブログをつくることにしました。b0135942_23505250.jpg
下記の新倉壮朗公式サイトとリンクして、コンサートの報告、日々の生活、そして今年(2008年1月)行って来たセネガル旅行の思い出などを掲載します。
よろしくお願いいたします。
(表紙の写真はタケオの写真を撮り続けている足立剛一さん。2006)


☆公式ホームページ「新倉壮朗の世界」

# by takeo_yume | 2008-04-08 04:28 | お知らせ
2008年 02月 06日

何か聞こえる?

ホテルのプールサイドで眠り込む2人。
何か聞こえてるかな?

もう、太鼓の音は遠い。

b0135942_15553477.jpg

                

# by takeo_yume | 2008-02-06 12:00 | セネガル報告
2008年 02月 06日

エアーピアノ

セネガルで、全く太鼓をたたかない一日。
プライベートビーチで、ゆったりくつろぐ。
テーブルがピアノの鍵盤。
風がそよいで、やしの葉がザワザワ。

熱狂の日は、いずこ。

                
b0135942_10151130.jpgb0135942_10153191.jpg

# by takeo_yume | 2008-02-06 11:00 | セネガル報告
2008年 02月 06日

おまけのリゾート

三食付で、リッチな休日。
ここはどこ?
ホテルの庭のプールで泳いで、爽快。
飛行機が霧で飛ばなかったアクシデントが、
おまけのリゾートをくれました。


b0135942_15591050.jpg
b0135942_15594186.jpg

# by takeo_yume | 2008-02-06 10:00 | セネガル報告
2008年 02月 06日

水びたしのホテル

アリタリアが手配してくれたホテルに泊まる。
バスタブがあるホテル。
お風呂に入れる!!!
勇んで入ったが・・・・・・・
バスが水漏れで、部屋中水びたし。

散々でした。 
               

b0135942_1052685.jpg


# by takeo_yume | 2008-02-06 09:00 | セネガル報告
2008年 02月 06日

飛行機は飛ばない

これでお別れ。
ワガンと固い抱擁。
感動的なワンシーン。
でも、飛行機は飛ばなかった。

何時間も手間取って、とうとう空港から吐き出される。
また、ワガンと再会。

               
b0135942_1691646.jpg


# by takeo_yume | 2008-02-06 08:00 | セネガル報告
2008年 02月 06日

路線バス

タイヤがパンク。
こんな夜中にどうやって、空港まで行くのか?
やっと走ってきたタクシーと交渉するも、決裂。
ついには、通りかかった空の路線バスをつかまえ、長いことかてけ談判。
「駄目だ・・・・」「どうしよう・・・・」
途方に暮れていると、走り去っていったさっきの路線バスが戻ってきてくれた。
無事に空港に到着。

お陰で、ダカールのバスに乗れました。
                                       

b0135942_16463065.jpg    b0135942_16465361.jpg                                

# by takeo_yume | 2008-02-06 07:00 | セネガル報告
2008年 02月 06日

タイヤがパンク

これでお別れの午後11時。
迎えのトラックに荷物を載せ、
暗闇の海岸線を、ガタガタと空港に向け走る。
「エー!ガソリンエンプティーマークが光ってるけど・・・・」
そのうち、ワイワイ、ガヤガヤ、ドタドタ、まるで喧嘩騒ぎ。
どうもタイヤがパンクしたみたい。
「スペアーは?」「無いよー」「ウァーー・・・・・・・・・」
それでもジャッキで上げる。でも、タイヤが・・・・・・。

空港に間に合うのか心配になる。


b0135942_104715.jpg


# by takeo_yume | 2008-02-06 06:00 | セネガル報告
2008年 02月 06日

姉妹?

お姉さん達に衣装を着せてもらい、
化粧もしてもらって、
アフリカの女人に変身。
姉妹のよう?

笑いころげました。
                          

b0135942_100526.jpg


# by takeo_yume | 2008-02-06 05:00 | セネガル報告
2008年 02月 06日

結婚式

宿舎のオーナーの息子さんの結婚式。
ダカールでは、3日3晩のお祝いをする。
家の前の道路にテントが張られ、朝から大騒ぎ。
昨夜、中庭に連れてこられたヤギ2頭が、料理され振舞われる。
盛装の女人達がお祝いに集まり、踊る。

タテオも加わって踊りました。
                            

b0135942_1010578.jpgb0135942_10104481.jpg

# by takeo_yume | 2008-02-06 04:00 | セネガル報告
2008年 02月 06日

子供のお祭り


子供達は空き缶に皮を張って、粗末だけれどいい太鼓を作る。
バチは、その辺に転がっている枯れ枝。
どの子もすごい上手。
ドゥドゥの家の周りを、太鼓をたたき、歌いながらワイワイ練り歩く。

ダカールの子供達と一体化した夜。
                                

b0135942_1034717.jpgb0135942_1042039.jpg

# by takeo_yume | 2008-02-06 03:00 | セネガル報告
2008年 02月 06日

携帯電話

ダカールでも、携帯電話は普及している。
時も場所もかまわずかけるし、かかってくる。
使用料が生活を圧迫しているのではと、心配なくらい日常的に使われている。
万国共通の生活用具か?

タケオは撮られっぱなしの人気者でした。

                                       
b0135942_1162899.jpg


# by takeo_yume | 2008-02-06 02:00 | セネガル報告
2008年 02月 06日

女装

新年のお祭りは、男の子供達が女装して、太鼓をたたいてお祝いをする。
タケオは薄紫の衣装をまとい、頭に共布を巻く。
白粉を塗り、眉を黒々と描き、口紅を引いて、女人になる。

華麗なる(?)女装。
                                     

b0135942_19503715.jpg


# by takeo_yume | 2008-02-06 01:00 | セネガル報告
2008年 02月 06日

青衣のサイジョ

抜けるような青い衣装。
歌って、踊って、2人はいつもはじけてる。

                  
b0135942_10104127.jpg


# by takeo_yume | 2008-02-06 00:00 | セネガル報告
2008年 02月 05日

すさまじいダンス

サバールの音は、タケオを狂わす。
張ち切れんばかりのエネルギーが、ダンスになる。
頭のてっぺんから足の先まで、神が乗り移り動かしてくれているよう。
すさまじいダンス。

美女群団の、視線も熱い。
                                 

b0135942_1005891.jpg


# by takeo_yume | 2008-02-05 23:00 | セネガル報告
2008年 02月 05日

気持ちいいな~~

湖を吹き渡る風を受け、
伸び伸び寝椅子で、リラックス。
「ウーン 気持ちいいな~~」

リゾート満喫
        
b0135942_2130277.jpg


# by takeo_yume | 2008-02-05 22:00 | セネガル報告