TAKEO タケオ  「新倉壮朗の世界」

takeoyume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 06月 01日

写真家 川田たいし君

タケオより4歳上のお友達の川田たいし君は写真家。
毎年、名古屋で「川田たいし写真展」を開催。
今年も6月9日より始まります

たいし君は毎日、朝と夕方、自転車でお散歩が日課。
太ももと、両碗は自転車こぎで出来上がった美しい筋肉が隆々。
でも、ハートは女子。
たいし君とタケオはお笑いコンビ。
2人は何をやるにも、笑い合い、コロコロと転げまわる。
おもろい、いい友達です。

「第15回 川田たいし写真展」
日時:平成29年6月9日(金)~14日(水)
    AM 10:00~PM 6:00 (最終日 PM5:00まで)
会場:フォト・シティ ワキタギャラリーB
    名古屋市中央区大須4丁目10-68(上前津北)
     EL:052-251-5226

b0135942_10464517.jpg
b0135942_10461340.jpg



# by takeo_yume | 2017-06-01 10:47 | 日記
2017年 05月 31日

伝統の技と美にふれる「第26回中野区伝統工芸展」

日時:6月2日~4日 10:00~17:00
場所:中野区産業振興センター2・3階
   中野区中野2-13-14 JR中野駅南口徒歩4分...
主催:中野区伝統工芸保存会
後援:中野区 / 中野区教育委員会
協力:関東バス(株)
特別参加:群馬県みなかみ町

康生(タケオの兄)が出品します。
タケオは3日午後に会場で手伝いをします。
皆様のご来場をお待ちしております。

b0135942_09121810.jpg
b0135942_09122749.jpg



# by takeo_yume | 2017-05-31 09:12 | お知らせ
2017年 05月 30日

ENJの活動日

しんちゃんはここのところニコニコです。
何が嬉しいって、今が、楽しいのです。
タケオの小さい時からの太鼓仲間が来てくれて、
今回はず~とたたきっぱなし。
町田に引っ越してきたお友達も参加。
ひなた村は緑一色です。
b0135942_12155612.jpg
b0135942_12160521.jpg
b0135942_12161309.jpg


# by takeo_yume | 2017-05-30 12:16 | 日記
2017年 05月 30日

巨大ピースリース

タケオだけでなく、タケオたちの施設も応援して下さるWasyoiの岩橋麻男さん。
インターナショナルアートフェア会場で
シンボルとして展示された巨大ピースリースはタケオ達が制作しました。
多くの思いが込められています。
b0135942_12035747.jpg


# by takeo_yume | 2017-05-30 12:04 | 日記
2017年 05月 30日

6月のスケジュール

The Improvisers #1
日時:2017年6月18日(日)OPEN13:30 / START14:00
場所:さをり会館 大阪市都島区中野町5-13-4
チケット:1,800円(ワンドリンク付き)小学生以下無料

【出演】
・タケオ with 大阪マライカ
・Kana Araki(コンテンポラリーダンサー)
・遊民(ライブペインティング)
・Kimie Mukasa(さをり織り)

ENJ
日時:6月11日(日) 14:00~15:00
場所:ひなた村レクルーム




# by takeo_yume | 2017-05-30 11:27 | スケジュール
2017年 05月 29日

モクレンのダンスワーク

舞踏家佐久間新さん主催のモクレン(ゆるゆるラジカルにジャワ舞踊しないジャワ舞踊の集まり)に参加。
からだを動かしたり、からだで感じることを言葉にしてみたり、
ジャワで流れているようなゆったりとした時間を過ごすワーク。
会場の京都の金一志韓国伝統芸術院には韓国の楽器が沢山あり、ガムランもある。
ストレッチから始まり、ダンスになるが、タケオはなかなか動かない。
やっと踊りだし、のびやかなダンス。
次はガムラン演奏。
リズムがキラキラと流れ、太鼓が軽やかに響く。
b0135942_09321662.jpg
b0135942_09322928.jpg


# by takeo_yume | 2017-05-29 09:32 | 日記
2017年 05月 28日

万葉染の川端商店

タケオ達の施設でお世話になっている万葉染の川端商店のお店を訪ねる。
でも、時間が遅くなり、お店が閉まっていました。
京都高台寺の前の通り「ねねの道」にあり、
路地に入ると京都の町屋の風情。
祇園を散策して、地下鉄に乗り、次の目的地に行くのですが、
しっかりと路上ライブに引っかかる。
音楽が聞こえてくればじっとしていないタケオ。
聞きながら、踊る。奏者は嬉しそう。
「もう行かないと」と、せかしても、もちろん動かない。
鴨川が暮れていく。 
b0135942_10452629.jpg
b0135942_10454080.jpg
b0135942_10455583.jpg


# by takeo_yume | 2017-05-28 10:46 | 日記
2017年 05月 27日

京都に遊ぶ

梅野小路公園に行き、まずは水族館。
イルカのショウはストロー笛が観客に配られて、イルカと声の共演。
イルカの声は大きくて、高音域できれい。
負けずに「ビー ビー」と鳴らす。
インストラクターのお姉さんは小さな太鼓を腰につけて、パフォーマンスを扇動。
見るだけでなく、音で楽しみ、参加のショウ。
鉄道博物館では蒸気機関車や新幹線車両を見て回る。
自分をどこかに連れて行ってくれる乗り物は夢がある。
さあ、タケオは今度はどこに行くのかな・・・?
b0135942_11145484.jpg
b0135942_11150561.jpg
b0135942_11151703.jpg


# by takeo_yume | 2017-05-27 11:15
2017年 05月 26日

第64回日本陶彫会展

康生(タケオの兄)がチョウチンアンコウを出品します。

第64回日本陶彫会展
日時:5月28日(日)~6月3日(土)11:00~18:30(最終日16:00まで)
会場:Salon de C 9階 東京都中央区銀座6-4-6 tel.03-3571-5837


陶彫とは、土を焼いてつくる感性豊かな面白い彫刻です。
土は、自由自在に心の造形を許容し、
焼成の仕方により温もりや堅牢な形に変化する不思議さを持っています。
さらに、釉薬によって生まれる艶やかな肌合いに物語が存在します。
このような楽しい陶彫の世界を楽しんで下さい。(DMより)

b0135942_11183996.jpg
b0135942_11185131.jpg
b0135942_11190769.jpg
b0135942_11192020.jpg



# by takeo_yume | 2017-05-26 11:19 | お知らせ
2017年 05月 25日

「The Improvisers #1」

ジメジメした6月の休日を、
たった1時間でもカラッと
した気持ちで過ごしたい
あなたとわたしのための即興ライ
ブ「The Improvisers #1」
2017年6月18日(日)
OPEN:13:30
START:14:00
¥1,800-

こんにちは、大阪マライカです。
好評だった昨年11月のタケオwith大阪マライカの「即興が過ぎる公演」から、
早くも半年が経ってしまったよ
うですね。
クリスマス商戦のまちの騒がしさから逃避目的
で芸術鑑賞へ来たはずが、とんでもない。大いに騒がしく、大いに笑える、
わかりやすく言えば「元気をもらえるラ
イブだったね♬楽しかったな、良かったな」という結果となりました。

ダウン症アフリカンドラマー「タケオ」は東京町田を地元にしていますので、
関西公演は当然珍しいわけです。
なの
に関西を通り過ぎて広島、山口、福岡あたりで
ガンガンに
ライブをしに出かけたりする多忙なミュージシャンです。
「大阪マライカ」として、タケオと正式にバンド活動をしている僕たちとしては、
もっとここ、地元大阪の人にタケ
オを知ってほしい、観てほしい。
じゃあライブイベントを
もっと増やさなあかん。
ということで今回の企画というわ
けです。

即興に首ったけな大阪マライカとしては、
演奏だけでなく
「即興表現」としてライブに幅を持たせていきたい、
そう
考えて、関西在住の素敵な即興表現者のみなさんに集まっていただきました。
時間は60分。
ぶっ通しで、音楽、ダンス、ペインティング、さをり織り、4つのジャンルが表現しあいます。
タケオがダウン症、
つまり障がい者だから云々、障がい者福祉の啓発っぽいイベント?一切そんな感じは無いです。プロたちが、それぞれの表現でお互いを高めあいながら、その表現を昇華させていく、そんな場です。
最後に、大阪マライカ所属のある暴走ジェンベプレイヤーからコメントが届いています。正直何を言っているのかよくわからない部分もありますが、バンドメンバーの温度感を大切にするのが大阪マライカです。ご紹介しておきましょう。

昨年の公演での実験的パフォーマンスが記憶に新しい「タケオとさをり織りキミちゃん」のコラボレート。タケオの今日、つまりトゥデイは音かダンスか、キミちゃんはどんな糸でどんな色、つまりカラーを紡ぐのか。
飄々と表現し続ける二人。
同じステージなのに全く別の時間が流れているようだ。
2
つのライブを同時に観ているようで混乱する。
時折、タケ
オのピアノとキミちゃんの織る音が重なってハッとする。
笑って良いのか、感動して良いのか、選択は自由なのに、心が安定しない。
ジリムラっと熱い何かが高まってくる。
「この二人をもっと観たいのに、早く二人と一緒に演りたい」
高揚感を抑えきれず大阪マライカはステージに飛び出す。音をぶっ放す、という表現しか当てはまらないデンジャラスなプレイ。
あまりの熱さで体内の水分が失われて強い目
眩がした。
「偶然×偶然=奇跡やね」
とメガネのメンバーが言ったか。少なくとも僕らはみなそう信じているようだ。
あの日から。いや、ずっと昔から即興依存なんだ、僕たちは。

はい。以上です。
b0135942_14153172.jpg


# by takeo_yume | 2017-05-25 14:01 | お知らせ
2017年 05月 25日

タケオ&ワラボーク&赤井浩&奥野毅 サバール演奏

2017.5.20
主催:大阪青年会議所
場所:大阪整肢学園



# by takeo_yume | 2017-05-25 11:54 | ライブ報告
2017年 05月 24日

タケオのサバール ソロ 動画

no.1 https://www.youtube.com/watch?v=afSesI4ZMIc
no.2 https://www.youtube.com/watch?v=ZveL9NBm7LQ
主催:大阪青年会議所
場所:大阪整肢学園
b0135942_11340876.jpg



# by takeo_yume | 2017-05-24 11:28 | ライブ報告
2017年 05月 23日

Cheikh Tahirou Mbayeさん

大阪青年会議所主催の大阪整肢学園でのイベントでサバールを演奏。
セネガル人のCheikh Tahirou Mbayeさんがワラボークと一緒に出演。
Cheikh Tahirou Mbayeさんはタケオがセネガルに行き、
ドゥドゥさんとセネガル相撲をスタジアムで見学した時、
タケオを見たそうです。
今回のタケオのサバール演奏に驚き、凄く褒めて下さいました。
「先生!」と冗談を言っていました。
もう友達です。
b0135942_10262997.jpg


# by takeo_yume | 2017-05-23 10:26 | 日記
2017年 05月 22日

大阪整肢学園でサバール演奏

大阪青年会議所主催の大阪整肢学園でのイベントでサバールを演奏。
大阪青年会議所の若人400人がサポートし、炎天下の中庭での2ステージ。
ワラボーク、タケオソロ、ワラボーク&タケオの構成で演奏。
赤井君と毅君も参入。
学園のお友達はサバールの響きに驚かれた方もいましたが、
体を動かして、楽しそうでした。
アフリカを体験してもらおうと企画したそうで、
若いエネルギーがみなぎっていました。いいイベントでした。
ありがとうございます。
b0135942_11393177.jpg
b0135942_11394738.jpg
b0135942_11400188.jpg
b0135942_11401634.jpg




# by takeo_yume | 2017-05-22 11:40 | 日記
2017年 05月 18日

インドネシア音楽交流紀行 動画 フィナーレ

2016.12.28
ISI大学ホールにての公演
フィナーレ



# by takeo_yume | 2017-05-18 13:49 | インドネシア音楽交流紀行
2017年 05月 17日

「ごはんはナシ」

インドネシア音楽交流紀行 動画
2016.12.28
ISI大学ホールにての公演
だじゃれ音楽「ごはんはナシ」
演奏:野村誠&佐久間新&だじゃれ音楽研究会

https://www.youtube.com/edit?o=U&video_id=Bs1uiQzdfFk
b0135942_18495878.jpg
b0135942_18493668.jpg


# by takeo_yume | 2017-05-17 18:39 | インドネシア音楽交流紀行
2017年 05月 16日

珠玉のショット

人形師 山本由也さんの公開手合わせで出会い、
以後、親しくさせて頂いている河野朝典さんはプロ級のカメラマン。
タケオのとても良いショットを捉えて下さる。
昨年の定期コンサートで撮影したステージ写真に
山下洋輔さんからサインを頂く。
山下さんの優しさとタケオの踏ん張りの表情が現れた珠玉のショット。
b0135942_11084276.jpg



# by takeo_yume | 2017-05-16 11:08 | 日記
2017年 05月 16日

インドネシアツアー記録映像

2016.12.24~12.31
野村誠「千住だじゃれ音楽祭」インドネシアツアー記録映像
「ジャワで交流したんじゃわ 」
タケオはたたいて、歌って、踊って、満喫しました。
https://www.youtube.com/watch?v=FHdfnfCYu34

b0135942_11422232.jpg
b0135942_11423874.jpg



# by takeo_yume | 2017-05-16 11:00 | インドネシア音楽交流紀行
2017年 05月 15日

山下洋輔&国立音楽大学ジャズ専修選抜チームのコンサート

山下洋輔&国立音楽大学ジャズ専修選抜チームの
スペシャルコンサートに立川RISURUホール行く。
山下さんはご自身の出身校国立音楽大学で
ジャズの教鞭をとっておられる。
そのジャズ専修生とのセッションライブ。
山下さんのピアノの音色、曲の美しさ、奏法の凄さ、
演奏への情熱、若者たちへのまなざし、感嘆、陶酔しました。
コンサートは音楽そのものと奏者の人間性を見聴きできる。
山下さんの魅力がいっぱいの素晴らしいコンサートでした。

タケオは1曲集中、終わるとニコニコして、「ウンウン」と頷く。
end時には客席で全身全霊で仕切っていました。
終演後、サイン会で握手して、大満足のツーショット。
Happy Good Nightでした。
ありがとうございます。

写真:河野朝典

b0135942_11255048.jpg
b0135942_11260316.jpg



# by takeo_yume | 2017-05-15 11:26
2017年 05月 14日

「両国アートフェスティバル」

3回目を迎える2台ピアノの祭典「両国アートフェスティバル」
昨年、タケオはこの「2台ピアノの祭典」に
野村誠さんと出演させて頂きました。
今年は相撲愛好家としても知られる作曲家鶴見幸代さんが芸術監督。
テーマは「相撲」
特別企画として、8月に相撲文化と2台ピアノを結びつけて
「ぶつかりピアノ両国門天場所」と題した公演を開催。
その課題曲のご披露ミニコンサート。
開演前に触れタイコが両国門天ホールに来て下さり、
呼出しさんの喉と触れ太鼓を聴く。
課題曲「稽古ピアノ」は相撲にちなんだ2台のピアノのための曲を演奏。
演奏◉大須賀かおり、鶴見幸代
作曲◉寺嶋陸也、野村誠、渡邉俊哉、後藤天、鶴見幸代
ピアノは初~上級レベルでリハーサルをして8月に臨むそうですが、
結構ハードルが高い気がしました。
野村誠さんと片岡祐介さんとは
「花相撲ピアノ」という即興演奏の枠があります。
プロのピアニストと2台ピアノで共演したい方を募集中。

相撲は四股と鉄砲だけが稽古だそうです。
タケオにも四股を踏ませよう!!!

b0135942_11190326.jpg
b0135942_11184656.jpg


# by takeo_yume | 2017-05-14 11:19 | 日記
2017年 05月 13日

山田岳リサイタル

公益財団法人光山文化財団主催によるギター奏者の山田岳リサイタルにムジカーザ行く。
山田さんはジミ・ヘンドリクスに憧れエレキギターを始め、
これまで現代音楽の演奏を活動の主軸とし、
広く内外の作曲家との交友を通して多くの独奏曲や室内楽、協奏曲などの初演に携わる。
また近年では楽器の枠を超えたパフォーマーとしての活動、
ダンサーや造形家とのコラボレーションによる舞台制作など、
様々な切り口で新しい表現へのアプローチを試みている。

数年前、初めて聴いた時、音色と演奏技術、スタイルに心酔し、ファンになりました。
今回も様々な曲をこれでもかと熱演。
ギターを打楽器のように奏するパフォーマンスに釘付けになりました。
福井とも子先生のギターソロ「color song III」は面白かったです。
最後の曲は座っての演奏でしたので、タケオは見える階段に移動し、聴き入り、
終わったら、静かに合掌して感謝の意を現わしていました。
山田さんに「素晴らしかった!」としっかり伝え、2人で握手し、笑い喜び合っていました。

b0135942_10544690.jpg



# by takeo_yume | 2017-05-13 10:55
2017年 05月 12日

インドネシア音楽交流紀行 動画

2016.12.28
ISI大学ホールにての公演
演奏:ガンサデワ

https://www.youtube.com/watch?v=nJ_W8Y1BkCw


b0135942_22580922.jpg




# by takeo_yume | 2017-05-12 22:40 | インドネシア音楽交流紀行
2017年 05月 10日

さぽーと1月号に寄稿

公益財団法人「日本知的障碍者福祉会」発刊の「サポート」1月号に寄稿しました。
同じ様な記事しか書けないのでとお断りしたのですが、
読者が違うのでと懇願され、コラム「であい」に書かせて頂きました。
結果、ありがたいことに、福岡と京都から演奏の依頼を頂きました。

「出会いと幸せ」
新倉壮朗(ダウン症)は昨年11月で30歳になりました。
赤ちゃんの時は筋力が弱く,ふにゃふにゃで,歩き始めたのは3歳でした。
幼い頃より感性が豊かで音に素直に反応し,とりわけリズム感が抜群で,
体や楽器での表現は目を見張るものがありました。
そして,持続する 集中力が強い子でした。  
11歳の時,アフリカセネガルの太鼓 「サバール」に出会い,
ここから,壮朗の人生が変わりました。
太鼓三昧の日々を過ごし,結果,太鼓上手になり,
その上に筋肉隆々の体に成長しました。
そして,在日のアフリカンミュージシャンたちとフレンドリーな交流が始まり,
ライブでは熱狂的なステージを踏ませていただきました。  
当初は好きなことが見つかり,自分で楽しんでいるだけで十分でした。
しかし,「外に発信しよう,外に発信しなければ」の後押しを得て,
15歳の時,第1回定期コンサート「新倉壮朗の世界」を開催しました。
ステージでは体中のエ ネルギーが音となって溢れ出て,溌剌と生を表現し,謳歌しました。会場は人間が本来持っているパワーがはじけ,ほとばしる「音の開放広場」となりました。
こんな幸せをくれたセネガルに行きたいと秘かに夢を抱き,
2008年念願かなって,訪れることができました。
サバール の神様ドゥドゥさんとセッションし,
現地の人びとの輪の中で叩き,踊り,歌 い,交歓し,至福の時を享受しました。
セネガルに行くにあたり「ダウン症は免疫力が弱いので生命の危険がある」とお医者様に助言され,もしもを想定し,壮朗の生きた証を残しておこうと映像カメラマンを同行しました。この記録がドキュメンタリー映画「タケオ」の企画に発展し,
2011年セネガルでの様子を中心に壮朗と音楽とのコミュニケーションを描いた作品になりました。日本と世界各地で上映され,好評を博し,多くの方々に壮朗を知っていただける作品となりました。
映画を見たある方が「幸せっていう曖昧で掴みきれないワードをこの映画でタケオという一人の人間を通じていっぱい感じさせられ,悔しい!とさえ思いました。私はタケオほど“幸せ満載” で生きている人間をまっすぐ見たことありませんでした」と感想をくださいました。
壮朗はあらゆる楽器で自由に思いのたけを表現し,「壮朗にしかできない,壮朗だからできる」オリジナルコンサートを開催し,即興音楽の魅力と楽しさを各地で繰り広げています。
2002年に始めた「新倉壮朗の世界」は,昨年15年目を迎えました。今まで,ビッグミュージシャンの皆様,たくさんの音楽仲間,太鼓仲間が共演してくださいました。
第8回出演のジャズピアニストの大口純一郎さんは「誰しもが生まれたときには授かっているみずみずしい感性,凹凸のないふくらみをもった精神が,そのまま欠けることなくこの若者には存在している。彼と共演するたび,最初の一音から集中して現れる音の世界に,一緒になって夢中で遊んでいる状態に,私はなります。尊ぶべき全体,とでも言えるものを大切に,幸せはそこから,と思います」 と語っています。
長年,交流させていただいている作曲家の野村誠さんは「彼のピアノの演奏は無調のピアノ音楽でなかなか生み出せない音楽のエネルギーや, 時にゾクゾクとする美を実現しているのです。そういう意味で,彼は新しい領域を切り開いているピアニストだと思うのです。多くの前衛ピアニストと同じくらいに,彼は最先端に位置するピアニストだと思うのです。タケオ君は,出会った人の物真似をしながら,次々に何でも吸収していきます。ということは,誰に出会うかで,彼はもっと成長することができるのでは,とぼくは思います」と評しています。
セネガル行きの次の夢だったジャズピアニスト山下洋輔さんとのコラボが,記念すべき節目の第15回定期コンサートで実現しました。山下さんはステージで 「僕の音楽はフリージャズと言われていますが,本当にフリーなのはタケオ君です。教えられました」とお話しくださり, 終演後には「心が洗われ,本当に自由になれました」とのお言葉をいただき感涙しました。
外に出ると必ず出会いがあり,その出会いは次の新しい出会いに繋がり,人と場がどんどん広がっていきます。今まで,様々な心の交流が壮朗と私を支えてくれました。出会った人たちとの喜怒哀楽は生きる醍醐味と力になりました。
壮朗は明朗,快活で優しく,素直で愛嬌があり,とてもおもしろいキャラクターの持ち主です。片言で果敢に語り掛け,どんな人でも出会えばすぐにお友だちになり,友が増えていきます。また,不思議と人を引き寄せる魅力があるようです。  
壮朗は出会うべき時に,これぞという素敵なご縁を得て,多くの出会いを重ね,皆様に育てていただきました。出会いが幸せを運んでくれました。これからも幸せいっぱい,夢いっぱいで,一瞬一 瞬をひたむきに生きていくと思います。
b0135942_18425876.jpg
b0135942_18432907.jpg


# by takeo_yume | 2017-05-10 18:43 | 日記
2017年 05月 09日

インドネシア音楽交流紀行 動画 ダンス

2016.12.28
ISI大学ホールにての公演
演奏:ケンハモ六重奏
   野村誠・Gardika Gigih Pradipta・小日山拓也・三木悠平・胡舟ヒフミ・皆川志保
ダンス:佐久間 新・新倉壮朗


# by takeo_yume | 2017-05-09 12:32 | インドネシア音楽交流紀行
2017年 05月 09日

わかり易いタケオ

タケオはいろいろな点でわかり易い。
表情や行動に気持ちが素直に現われる。
今日も元気でタケオの音と叫びが響く。
b0135942_11322641.jpg
b0135942_11323654.jpg


# by takeo_yume | 2017-05-09 11:32 | 日記
2017年 05月 08日

インドネシア音楽交流紀行 動画 Senjyu

2016.12.28
ISI大学ホールにてのリハーサル
ドミノ倒し

2016.12.28
ISI大学ホールにてのリハーサル
Senjyu
この曲は歌いたいが勝り、ジャンベはたたかず、朗々と歌いました。


b0135942_17481634.jpg
b0135942_17484048.jpg


# by takeo_yume | 2017-05-08 17:49 | インドネシア音楽交流紀行
2017年 05月 07日

青年の風合い

あれこれ試行錯誤しながらも、
のんびり、あせらず、ゆっくり、ぼちぼちと歩んできて、
タケオも大人になりました。幼さが無くなり、
青年の風合いが垣間見れます。
その動作や仕草に微笑むこの頃です。
我が家のナニワイバラが咲き誇っています。
b0135942_11011245.jpg
b0135942_11002843.jpg


# by takeo_yume | 2017-05-07 11:01 | 日記
2017年 05月 06日

第20回 高橋紘と明星大学卒業生による「米の器展」 開催中

第20回 高橋紘と明星大学卒業生による「米の器展」
康生(タケオの兄)のグループ展に行ってきました。
タケオはお兄ちゃんの仕事を「陶芸」と言います。
おもむろに手に取って見定めしたりする姿は兄弟だなと感じます。
10日まで開催しています。...
新宿にお序がありましたら、お立ち寄り頂けたら嬉しいです。

会期:2017年5月4日(木)~5月10日(水)
会場:京王百貨店新宿店 6階京王ギャラリー(最終日は午後4時閉場)

b0135942_09140739.jpg
b0135942_09163685.jpg
b0135942_09154598.jpg
b0135942_09145564.jpg



# by takeo_yume | 2017-05-06 09:17 | 日記
2017年 05月 05日

アフリカの女の人

b0135942_11185289.jpg


# by takeo_yume | 2017-05-05 11:19 | タケオの絵
2017年 05月 04日

赤井君

赤井君の誕生日にタケオが電話でハピーバースデイを歌ってお祝いしました。
その後、「大丈夫?」「元気かい?」と何度も聞いて、
その優しい問いかけにちょっとウルウルしました。
赤井君が今、子育てや仕事が大変なのを、全く知らないタケオなのですが、
この上なく静かな語り掛けでした。
いい友達です。

写真:足立剛一

b0135942_18432841.jpg
b0135942_18433904.jpg



# by takeo_yume | 2017-05-04 18:43 | 日記