TAKEO タケオ  「新倉壮朗の世界」

takeoyume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 12月 31日

このブログについて

新倉壮朗(ニイクラ タケオ)の日々の出来事を綴っています。
ドキュメンタリー映画「タケオ」:http://www.takeo-cinema.jp/
b0135942_23512728.jpg


# by takeo_yume | 2019-12-31 00:00 | お知らせ
2019年 01月 21日

「何を聴いているのか教えて!vol.2 打楽器音楽を聴くこと」

上野の藝大で開催の「何を聴いているのか教えて!vol.2 打楽器音楽を聴くこと」
藝大でアートマネジメントを研究されている堀 安祐子さんの企画で
ゲストはヴィブラフォン奏者の會田瑞樹さん。
「聴く」をテーマに演奏とお話。
ヴィブラフォンの奏法は打つだけでなく、擦ったりの曲があり、
減算的手法、扱わないという逆の限定性の発想に感銘。
會田さんの演奏は譜面との溝がなく、頭と体が同時に反応し、表現される。
聴いて、感応し、深く脳裏に刻みこまれました。

インドネシアジョグジャカルタでの音楽談話は
タケオの知っているミュージシャンたちのお話で面白かったです。

b0135942_13265978.jpg
b0135942_13264420.jpg



# by takeo_yume | 2019-01-21 13:27 | 日記
2019年 01月 19日

タケオの「生きる」

タケオの「生きる」と共にあり、必要な音楽。
音に出会い、脳裏に刻まれ、表現する。
タケオが演奏する姿は「生きる」そのもの。

b0135942_11414858.jpg
b0135942_11562892.jpg



# by takeo_yume | 2019-01-19 11:57 | 日記
2019年 01月 18日

共創の舞踊劇「だんだんたんぼに夜明かしカエル」

ジャワ舞踏家の佐久間 新さんが演出・振付する
共創の舞踊劇「だんだんたんぼに夜明かしカエル」には様々なカエルが出没する。
康生(タケオの兄)は陶芸でカエルを制作するので、
棚田にいっぱいカエルがいるように、我が家にも色々な種類のカエルがいる。
鳴きはしないが鳴き袋を膨らませたの、泳いでいるの、寝ているの、目をつむっているの等、姿態も様々。
とても楽しみな公演です。
b0135942_16210539.jpg
b0135942_16202900.jpg



# by takeo_yume | 2019-01-18 16:21 | 日記
2019年 01月 17日

音楽を通しての触れ合い

野村誠さん率いる「だじゃ研」は藝大千住校舎で活動をしています。
藝大で学ぶ若者が中心になり、地域の皆様が多く参加し、年齢、職業も様々です。
始まる前のひと時、タケオとピアノセッション。
音楽を通しての触れ合いがここにはある。
b0135942_09583527.jpg


# by takeo_yume | 2019-01-17 09:59 | 日記
2019年 01月 16日

ヒュー・ナンキヴェルさんをお迎えして

「だじゃ研」でイギリスからのヒュー・ナンキヴェルさんをお迎えしての活動。
ヒューさんの「今、イギリスは大変なことになっている」のお話から始まる。
議会を救うのは「トンボ」
何故、トンボ?、?、?と思いつつ、日本のトンボにまつわるエピソードや歌をご披露。
ともかく、トンボは複眼でものを見るから、多方面から物事を捉える観点での示唆ではないかと結論。
即興演奏ではタケオの奏でるメロデイーに音付けした演奏が「なかなかいい」と野村さんが褒めて下さる。
真似っこパフォーマンスをしたり、アナグマになったり、音浴シャワーを浴びせたり、
ヒューさんをお迎えして、違った捉え方の遊びを楽しみました。
b0135942_14173195.jpg
b0135942_13510064.jpg
b0135942_13512408.jpg
b0135942_13572713.jpg
b0135942_13575525.jpg
b0135942_14183356.jpg
b0135942_14212803.jpg


# by takeo_yume | 2019-01-16 14:22 | 日記
2019年 01月 15日

「だんだんたんぼに夜明かしカエル」公演

あたらしいダンスをうみだしつづける佐久間新と、14年にわたり身体によるコミュニケーションのありかたを模索しているたんぽぽの家がダンス公演を実施します!まずは2月に兵庫、3月には東京で公演します。舞台は田んぼ、登場するのはカエルたち。そこで目撃するものは?この機会をお見逃しないよう、ぜひお誘い合わせのうえご来場ください!!

[公演概要]
共創の舞踊劇「だんだんたんぼに夜明かしカエル」兵庫公演
日時:2019年2月17日(日)13:00〜 上演時間約90分
会場:ジーベックホール(兵庫県神戸市中央区 港島中町7丁目2-1)
料金:前売 一般2,500円/学生1,500円 ・当日は500円増 ・障害者介助者1名まで無料
全席自由席・整理番号なし・受付は開演の1時間前、開場は30分前
※終演後、舞台芸術や福祉をテーマにしたトークイベントを開催します

演出・振付:佐久間新
企画:一般財団法人たんぽぽの家

「夜明けから夜明けまでのカエルの物語」
ぐるり山なみ棚田にそそぐ陽。 真昼の泥の中でくっつき息をするカエル達。 陽が傾くたそがれ時、うたがはじまる。 祈っているのかもしれない。 つぶやいているのかもしれない。 闇が深まっていく、賑やかになっていく、夜が明けていく。 棚田には、水が巡っている。 多様な生き物が響きあい共生している。 障害ある人、ケアする人、ダンサーや音楽家が、ユーモアを交えて舞台をうみだします。

「共創の舞踊劇について」
この舞踊劇は、障害のある人、ない人、社会的課題をかかえた人たちがダンサーとともに既存の身体表現の枠組みを超えた舞台をつくることで、多様な表現のあり方を社会に問うことを目指す取り組みです。 この作品をとおして人間の存在の幅広さ、奥深さ、そして人間を含むあらゆる自然と生命の声に耳を澄ませる機会をつくります。また、2018年夏から冬にかけ、関西の3つの異なるコミュニティ(子どもと親、高齢者とインドネシア人介護者、障害のある人とケアする人)でダンスワークショップを3回ずつ開催し、より多くの人とシェアするための手法を学びました。 ここでの経験も舞台に活かされています。

出演:
中川雅仁|水田篤紀|山口広子(たんぽぽの家アートセンターHANAメンバー)
是永ゆうこ|佐久間新|佐藤拓道|古川友紀
音楽:野村誠|ほんまなほ
ゲスト出演:たんぽぽの家アートセンターHANAメンバー(兵庫公演)だじゃれ音楽研究会(東京公演)ほか

音楽:野村誠  照明:岩村原太|川島玲子
美術:池上恵一  IoT監修:筧康明
衣装:清川敦子 音響:sonihouse
舞台監督:浜村修司 アドバイザー:砂連尾理
宣伝写真:草本利枝 宣伝美術:岡田将充( OMD)
制作進行:那木萌美

前売チケット取扱について:振込手数料、発券手数料はご負担願います
◯ peatix|https://tanpoponoye.peatix.com
・クレジットカード決済、コンビニエンスストア支払い、ATM支払いからお選びください ・要事前会員登録
◯インターネットで申込みのうえ振込|https://goo.gl/forms/jwUX3BfteSq4vIW53
◯ FAXで申込みのうえ振込
件名「カエルチケット」と必要事項とを明記のうえ、FAX番号 0742-49-5501 までお送りください。
折返しFAXにて入金額・入金先をご連絡します。
1. 公演鑑賞日 2.申込者氏名 3.申込枚数 4.返信先FAX番号 5.電話番号 6.来場者にご配慮が必要な方がいる場合、その内容

【東京公演情報】本公演は、東京でも上演します。タケオは音楽を担当する「だじゃ研」で出演します。
日時:2019年3月9日(土) 19時〜 10日(日) 14時〜
北千住BUoY (東京都足立区)

主催:文化庁|一般財団法人たんぽぽの家
制作:一般財団法人たんぽぽの家
協賛:TOA株式会社
協力:アートアクセスあだち 音まち千住の縁「 野村誠 千住だじゃれ音楽祭」|社会福祉法人わたぼうしの会|奈良たんぽぽの会|ジャングルようちえん社会福祉法人 起生会 ほほえみの園|一般社団法人北和福祉振興一道会 みんなの広場 らんまん|株式会社ジーベック|NPO法人エイブル・アート・ジャパン

お問合せ
一般財団法人たんぽぽの家( 担当|大井・後安)
〒630-8044 奈良県奈良市六条西3-25-4
TEL: 0742-43-7055 FAX: 0742-49-5501
E-mail:ableart@popo.or.jp
URL:http://tanpoponoye.org

本事業は、文化庁 平成30年度戦略的芸術文化創造推進事業(共生社会実現のための芸術文化活動の推進)「共創 co-creation」をテーマとした「共創の舞踊劇」として実施されます

https://www.facebook.com/tanpoponoye/photos/gm.222301331904458/1984868321549967/?type=3&theater

# by takeo_yume | 2019-01-15 12:56 | お知らせ
2019年 01月 13日

灯台

灯台は海の道しるべ。
岬の高台に建ち、光を放つ。
灼熱の太陽、海風、雨にさらされながらの孤高の姿は極限の美。
タケオは多くの皆様が灯すあたたかな光に導かれて、生きてきました。
出会いを重ね、大海原に進んでいっています。

b0135942_10473917.jpg
b0135942_10465928.jpg



# by takeo_yume | 2019-01-13 10:47 | 日記
2019年 01月 12日

ジャンベは人を集める

ジャンベをたたいていると、どこでも人が集まってくる。
そして、お話して、さようならですが、その間の心の触れ合いが幸せ。
中国から来られた秀麗なお嬢様が「good!」と言いながら、ず~と聴いて、踊ってくれました。
タケオも嬉しそうで、力が入る・・・。

b0135942_11302832.jpg



# by takeo_yume | 2019-01-12 11:30 | 日記
2019年 01月 11日

1月のスケジュール

ENJ
日時:1月27日(日) 14:00~15:00
場所:ひなた村レクルーム


# by takeo_yume | 2019-01-11 20:12 | スケジュール
2019年 01月 11日

頂くあたたかな情

タケオの手は指も手の平もジャンベをたたくので分厚くなっている。
その手が冬になると乾燥して、パクリと割れる。
野外で寒風にさらされながらだと、数か所の傷から血がにじむ。
先日、太鼓仲間がタケオのために、ブルキナファソ産無精製のシアバターを届けて下さいました。
頂くあたたかな情、なんとも嬉しいです。
交わす慈しみは日々の喜び。
b0135942_11065295.jpg


# by takeo_yume | 2019-01-11 11:07 | 日記
2019年 01月 10日

幸せはここからスタート

ダウン症は成長が遅く、老化が速いとされています。
「実年齢にプラス10歳と認識して過ごすように」とのお医者様からの助言です。
と言いつつも、「それをタケオは覆せ」と激励して下さっています。

年頭には毎年、伊豆白浜神社で「無病息災」を祈念します。
無病は無理と思いますが、「どうか健康で元気に1日1日を過ごせますように」と心を込めてお祈りします。
山や海の自然の気に包まれ、太鼓をたたける気力、体力を頂けて、感謝、感謝です。
幸せはここからスタートです。

b0135942_11223438.jpg
b0135942_11214643.jpg
b0135942_11220557.jpg



# by takeo_yume | 2019-01-10 11:22 | 日記
2019年 01月 09日

モスラの卵

タケオは見るもの聞くものを確実に捉える。
浜辺に転がっている石の中から、モスラの卵を見つけ、
大事そうに2個持ち帰りました。
はたして、孵化するのでしょうか…?

b0135942_11584278.jpg
b0135942_11570528.jpg



# by takeo_yume | 2019-01-09 11:58 | 日記
2019年 01月 08日

明けましておめでとうございます

新たな年を穏やかな伊豆で迎えました。
次から次へと寄せて、砕け散る波のように、
力強く、果敢にあらゆることに邁進したいと思っております。
触れ合う多くの皆様と一日、一時、一瞬を大切に過ごしてまいります。
どうぞ、本年もよろしくお願いいたします。
b0135942_00290177.jpg
b0135942_00331053.jpg


# by takeo_yume | 2019-01-08 00:33 | 日記
2018年 12月 31日

感謝、感謝です

冬の伊豆の山は静まり返っています。
葉が落ちた木々の梢には固い芽が来春に向けて、きりりと立錐しています。
海は碧く、繋がる遠くの世界への広がりが見えます。
1年間無事に過ごせた歓喜。
新たな出会いと様々な場所での数々の体感。
タケオの奥深くに更に積み重ねられ、これからの生の発露となると思います。
感謝、感謝です。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

b0135942_13394148.jpg
b0135942_13390013.jpg



# by takeo_yume | 2018-12-31 13:41 | 日記
2018年 12月 26日

「會田瑞樹ヴィブラフォンリサイタル」

「會田瑞樹ヴィブラフォンリサイタル」~旅するヴィブラフォン~
ヴィブラフォンだけでなく、あらゆる打楽器を自分の体の一部のような感覚で演奏する。
その音が、きらめきが、パワーと美しさを併せ持つ。
30歳になった次の日にソロコンサート。
計り知れない前途が洋々と拓けている。
タケオが拍手喝采で「素晴らしい!」を連発していました。

b0135942_12404187.jpg
b0135942_12400313.jpg



# by takeo_yume | 2018-12-26 12:40 | 日記
2018年 12月 25日

「アジア舞踊の広がり」のリズムをレクチャー&WS

立教大学で教鞭をとられている砂連尾理さんの「アジア舞踊の広がり」のリズムをレクチャー&WS。

砂連尾さんは語る。
ダンスはもはや既存のダンスコードで語られるようなものではなく、
異なるコンテクストとの出会いや対話の中に身を投じ、
揺り動かされることで生まれてくるものではないだろうか。
社会の出来事に応答する身体、今ここだけでなく、
不在な者たちとの対話へも開かれた身体を模索している。
限られた者だけが所有する特権的な身体を目指すのではなく、
日常的な身体から生まれるダンス、コレオグラフを探究し、
今日におけるダンスとは何かを舞台だけではなくさまざまなメディアを横断しながら、その可能性を考えていきたい。

ジャワ舞踊家の佐久間新さんがゲストでワーク。
現代心理学部映像身体学科の学生さんやダンスをしている方々が参加。
主にジャワ舞踊との出会い、インドネシア留学時代の話から帰国後のことをお話。
ジャワ舞踊の簡単なデモンストレーションでは歩き方をワーク。
お能のすり足のような美しい所作。
背筋を伸ばしてゆっくり足を前に出し、踵から床に降ろす。
タケオはこの時は見ているだけで、加わらない。

遅れて佐久間さんの留学時代のお友達だったバリ舞踊家の小谷野哲郎さんが来て下さり、佐久間さんと20年振りで再会。
お二人の重厚なダンスを拝見できました。
皆での即興セッションタイムは千住でのカエルの鳴き声を交えて踊る。
タケオもこの時は溶け合って踊る。
また、新しいダンスの世界を体験できました。
砂連尾さんに初めてお会いでき、とても嬉しかったです。
優しくて、ふくよかなオーラのある方でした。

b0135942_13424525.jpg
b0135942_13430685.jpg
b0135942_13444093.jpg
b0135942_13450069.jpg



# by takeo_yume | 2018-12-25 13:45 | 日記
2018年 12月 24日

タケオがプレイでき、させて頂ける場

「第3回だじゃれ音楽研究大会」の
「ボレボレボレロ」ではタケオ自身はボレロの曲をケンハモで演奏しているのですが、メロディーが若干違う。
「ハチャケチャ」も半テンポ遅れる感じ。
でも、野村さんはポリリズムと解釈し、面白いと受け止める。
野村さんは語る。
職業的なプロの音楽家の音楽が、クオリティを求められるために保守的になりがちなのに対して、
アマチュアは純粋に楽しめばいい。
純粋に、愛好家として、好き放題やれる強みがあります。
アマチュアこそ、自由に勇気を持って何でもできるはずなのです。
しかし、多くのアマチュアはプロの模倣に留まり、プロの音楽家よりも保守的であることの方が多いのです。
しかし、アマチュアこそ、リスクを冒すことができる真の文化創造者になり得る。
野村誠さん率いる「だじゃれ研究会」はこういう場ですので、タケオがプレイでき、させて頂ける。


# by takeo_yume | 2018-12-24 13:26 | 日記
2018年 12月 23日

「野村誠 千住だじゃれ音楽祭 第3回 だじゃれ音楽研究大会」本番

「野村誠 千住だじゃれ音楽祭 第3回 だじゃれ音楽研究大会」ゲスト佐久間新。
だじゃれソング、だじゃれの披露、ボロボロボレロ+ケチャをパフォーマンスしながら、面白おかしくプレイ。
司会は各回、熊倉研究室の学生さんが担当。若人の成長する姿が微笑ましい。
タケオはケンハモと紙太鼓で参加。
佐久間さんとダンスも・・・。
野村さんと佐久間さんの機知とセンスが光るステージでした。

b0135942_06583410.jpg
b0135942_06585790.jpg
b0135942_06591929.jpg
b0135942_06594629.jpg



# by takeo_yume | 2018-12-23 07:01 | 日記
2018年 12月 22日

「野村誠 千住だじゃれ音楽祭 第3回 だじゃれ音楽研究大会」リハーサル

「野村誠 千住だじゃれ音楽祭 第3回 だじゃれ音楽研究大会」
ゲストの佐久間新さんを迎えてのリハーサル。

だじゃれ+ボレロ+ケチャをごちゃまぜにして、
見せる(魅せる)出し物に創り上げるリハーサル。
野村さんの構成力、佐久間さんの発想、だじゃ研のパワーで
だんだんに肉付けされて行く。その過程の面白いこと。
ボレロはボロボロ、ケチャは何種類かのカエルの鳴き声が錯綜。
本番は会場の皆様とご一緒に更に秀逸、解脱の曲になると思います。
ご来場をお待ちしております。
2018年12月22日(土)14:00~17:30 open 13:30
会場:東京藝術大学 千住キャンパス
入場:無料

b0135942_07312593.jpg
b0135942_07315093.jpg
b0135942_07322486.jpg



# by takeo_yume | 2018-12-22 07:32 | 日記
2018年 12月 21日

「野村誠 千住だじゃれ音楽祭 第3回 だじゃれ音楽研究大会」

「野村誠 千住だじゃれ音楽祭 第3回 だじゃれ音楽研究大会」

日時:2018年12月22日8(土)14:00~17:30 open 13:30
会場:東京藝術大学 千住キャンパス 北千住駅(西口)より徒歩約5分
入場:無料 ...
定員:100名[先着順・事前申込優先]

出演:野村誠、だじゃれ音楽研究会
ゲスト:佐久間新

タイムテーブル
13:30 開場
14:00 開会宣言、コンサート、基調講演、分科会紹介
15:00 分科会
16:30 分科会の報告会、シンポジウム
17:15 フィナーレ
17:30 閉会

野村誠さんとだじゃ音楽研究会(だじゃ研)による「第3回 だじゃれ音楽研究大会」
「だじゃれ音楽」は野村さんが「自分と意見の異なる人にも会っていきたい」と、
おじさん世代のコミュニケーションツールである「だじゃれ」と、自分の得意な「音楽」をつないだのが始まり。
「だじゃれ音楽研究大会」はメンバーがワークショップのファシリテーターになり、
新しいメンバーが入って来たくなるようなプログラムを提供する目的で開催。

野村さんは語る。
「音楽は、多様なものが共存しやすいジャンル。演劇では一斉に全員が喋ったら演劇になりにくいですけど、
音楽は全員が楽器を鳴らしても音楽になる。お互いに鳴らしながら調和を探っていく方法もあります。
ポリフォニーとかポリリズムとか、『ポリ』=複数のパートがあること自体が普通にある。それが音楽の特性」。
リズムをずらす「シンコペーション」のように、「ずれ」が豊かさを増すことを音楽は教えてくれる。
加えてだじゃれは意味の「ずれ」、つまり異なるもの同士の間=ギャップから生まれる賜物だ。
また、音楽に限らず大事なことは「先にこうしようと決めつけすぎないこと」。
「そしてポジショニング。人によってできることが違い、複数のいろんな役割が世界をつくっている。
だじゃれ音楽はルールがゆるいので、いろんな違う要素を内包できて、響きが複雑で豊かになるんです。

ゲストはジャワ舞踏家の佐久間新さん。
fbclid=IwAR3vskXzdb4mHsbMUNzQppBsuvFXgeOW3VmApVNxXQDtwTIDzP6Z3HCmp9s

b0135942_12312295.jpg
b0135942_12315031.jpg



# by takeo_yume | 2018-12-21 12:32 | お知らせ
2018年 12月 20日

サバールダンス

サバールはダンスに合わせて演奏する。
ダンサーを見て、ゆっくりしたり、速くしたり。
両者のエネルギーが飛び交う。
叩く喜び、踊る喜び、生きている喜び。
動画:https://www.facebook.com/takeoyume/videos/2002654089821859/

b0135942_11133570.jpg



# by takeo_yume | 2018-12-20 11:05 | 日記
2018年 12月 19日

演奏スタイル

ワガンさんとタケオはサウスポー。
サバールを演奏する姿は同じ。
単純なリズムを刻んでいると高揚してくる。
動画:https://www.facebook.com/takeoyume/videos/2001360519951216/

b0135942_11313593.jpg



# by takeo_yume | 2018-12-19 11:28 | 日記
2018年 12月 18日

ワガンさんのサバールワークショップ

音が重なり、追いかけて、響き合う。
嬉しくてたまらないタケオ。

ワガンさんは今冬、セネガルツアーを実施します。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=2377485878945693&set=pcb.2377486128945668&type=3&theater
タケオは21歳の時に参加しました。
現地での体験はその後のタケオの奥深くに浸透し、音になって発露しています。

b0135942_12165836.jpg
b0135942_12171558.jpg



# by takeo_yume | 2018-12-18 12:17
2018年 12月 17日

ENJでのピアノ演奏

フリーダムな演奏に参加者がフリーに反応する。
動画:https://www.facebook.com/takeoyume/videos/1998670576886877/

b0135942_11473959.jpg




# by takeo_yume | 2018-12-17 11:41 | 日記
2018年 12月 16日

ENJの活動日

優しい冬の陽光が差し込む部屋で仲良く遊ぶ。
お話はできないけど、意思を伝え合う。
タケオの傍に寄ったり、離れたり。
真似しあったり、促したり。
音と笑顔が飛び跳ねる。
b0135942_10061829.jpg
b0135942_10065400.jpg
b0135942_10073056.jpg
b0135942_10081502.jpg
b0135942_10085282.jpg


# by takeo_yume | 2018-12-16 10:11 | 日記
2018年 12月 13日

We Are The Champions!!!

ボヘミヤン・ラプソディー鑑賞。
タケオは字幕での鑑賞ですので、意味は解っていないと思う。
フィナーレのライブ映像は口をぽかんと開けて見ていました。
We Are The Champions!!!

b0135942_12241975.jpg



# by takeo_yume | 2018-12-13 12:24 | 日記
2018年 12月 12日

アフリカ屋店主の佐和子さん

町屋にあるアフリカ屋店主の佐和子さん。
タケオが中学生の頃からお世話になっています。
アフリカのイベントにお誘いして下さり、場をたくさん作って頂きました。
タケオを激励し、応援し続けて下さっています。


店内には斬新なデザインと色のアフリカの布がいっぱいあり、
オリジナルデザインの洋服が展示、販売されています。
曲がったことが嫌いな、気っ風の良い、肝っ玉母ちゃんです。
タケオは出会いべき時に幸せな出会いを頂き、今日があります。

b0135942_10432900.jpg



# by takeo_yume | 2018-12-12 10:43 | 日記
2018年 12月 11日

「野村誠 千住だじゃれ音楽祭」第3回 だじゃれ音楽研究大会

打ち合わせに北千住の藝大千住校舎に行く。
「だじゃれ」を軸にアイデアを出し、いかに楽しくみんなで音楽するかをあれこれ練りに練る。
2時間たっぷり話し合い。
時々、タケオが「そう、そう」とか合の手を入れる。
終了時、少しだけ、みんなで演奏。

ゲストはジャワ舞踏家の佐久間新さん。
タケオは何をやるのでしょうか・・・・?
面白いこと間違いなし!
皆様のご来場をお待ちしております。

日時:2018年12月22日 〈土〉 14:00-17:30 (open 13:30)
会場:東京藝術大学 千住キャンパス Senju Campus, Tokyo University of the Arts 東京都足立区千住 1-25-1
入場:無料 Admission Free
定員:100名[先着順・事前申込優先] Capacity : 100 people / Advance reservation recommended
会場アクセス:北千住駅(西口)より徒歩約5分
出演:野村誠、だじゃれ音楽研究会
ゲスト:佐久間新
詳細 http://aaa-senju.com/nomura…
b0135942_12231972.jpg
b0135942_12225816.jpg
b0135942_12221376.jpg
b0135942_12222465.jpg


# by takeo_yume | 2018-12-11 12:23 | 日記
2018年 12月 10日

巨大都市東京

東京は魅力ある巨大都市。
そこに集まる人、人、人。
多くの人がこの大都会に住む。

1回の信号を渡る人がざっと100人以上。
この流れの中に身を置くだけでエネルギーがいる。
主流はゆったりとは流れないのかな・・・?

b0135942_15203866.jpg
b0135942_15205791.jpg
b0135942_15201459.jpg



# by takeo_yume | 2018-12-10 15:21 | 日記