TAKEO タケオ  「新倉壮朗の世界」

takeoyume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 12月 31日

このブログについて

新倉壮朗(ニイクラ タケオ)の日々の出来事を綴っています。
ドキュメンタリー映画「タケオ」:http://www.takeo-cinema.jp/
b0135942_23512728.jpg


# by takeo_yume | 2019-12-31 00:00 | お知らせ
2019年 02月 17日

ENJの活動日

生爪をはがしてから、やっと太鼓が叩けるように回復。
ピアノはどうかなと案じていましたが、堰を切ったように弾きまくり。
途中で心配になり「大丈夫?」と尋ねるが、平気の平左で没頭。
3月公演の「だんだんたんぼに夜明かしカエル」がインプットされていて、「カエルのうた」も飛び出す。
音を大きくしたり、小さくしたりの指示を出し、「ワ~~! シ~~・・・」の繰り返し。
バラフォンが好きなお兄さんが遊びに来て下さり、一緒に演奏。
楽しくプレイして、ニコニコのENJでした。
b0135942_10572774.jpg
b0135942_10575370.jpg
b0135942_10581548.jpg
b0135942_10583714.jpg



# by takeo_yume | 2019-02-17 11:01 | 日記
2019年 02月 15日

「世界の民族打楽器による演奏会」

New Directions 世界の民族打楽器による演奏会 。
〜ワクを超えた熱い演奏を〜「世界の民族打楽器による演奏会」

洗足学園音楽大学 シルバーマウンテンで開催。
クリストファーさんが指導するSenzoku Hands On’Semble くりゼミ学生によるコンサート。
ゼミ学生が企画し、実施するイベント実習。

スペシャルゲスト
アンディ・ベヴァン / Andy Bevan (Soprano Sax, Flute, Didgeridoo)
フレデリック・ヴィエノ / Frederic Viennot (Piano & Keyboard)
ロバート・ベオグラード / Robbie Belgrade (Clarinet, Sax, Tabla)

豊富な各国の打楽器、マリンバ、ピアノ、ギターを駆使しての演奏。
打楽器が主の演奏ですが、旋律が美しい曲が多く、新鮮。
タケオは静かな曲以外は全身を揺らし、一緒にエアー演奏。
ゲストの皆様の円熟した技術と音色。
一曲ごとに楽しくて「ワオ、ワオ!!!」と叫ぶ。

タケオはワガンさんが指導したここの学生さん達とのここでのコンサートにスペシャルゲストで出演しているので、
終演時にはクリストファーさんに駆け寄り、「ありがとう! 素晴らしい!」と伝える。
クリストファーさんより「また、やりたいね」とお声をかけて頂きました。
学生さんたちは若くて、勢いがあり、楽しそうでした。
勿論、タケオも満喫しました。
ありがとうございます。

b0135942_15101075.jpg
b0135942_15103643.jpg



# by takeo_yume | 2019-02-15 15:11 | 日記
2019年 02月 14日

「ありがとう、ありがとう」

生きていると様々のことに遭遇する。
理不尽な出来事には「ふざけるな~!」と立ち向かう力が湧いてきますが、
偶発的な出来事には心が折れ、へなへなと蹲ってしまう。
毛虫さんには悪いですが、「弱虫毛虫、挟んで捨てろ・・・」と自分に小さく言い聞かせる。
そんな時、タケオが笑わせてくれる。
その絶妙なこと・・・!
そして、沢山の友人の優しさがある。
「ありがとう、ありがとう」といつも呟く。
b0135942_12032090.jpg


# by takeo_yume | 2019-02-14 12:03 | 日記
2019年 02月 13日

共創の舞踊劇「だんだんたんぼに夜明かしカエル」の音創り

共創の舞踊劇「だんだんたんぼに夜明かしカエル」は
ジャワ舞踏家の佐久間新さんが生まれて50年、ガムラン始めて30年、
一般財団法人たんぽぽの家と出会って15年の総結集、総決算公演。
兵庫で2月17日 / 東京で3月9日、10日開催。
東京公演は音楽担当の野村誠さんが「だじゃ研」メンバーを加えて公演。

だじゃ研の皆様と藝大千住校舎で音創り。
野村さんが練り上げていく制作過程が面白い。
決めごとがあるようで無い。
3曲の骨子が完成。
タケオは野村さんが大好きで、この日も奏でる喜びで満たされる。
皆様のご来場をお待ちしております。
b0135942_11455480.jpg
b0135942_11461892.jpg
b0135942_11463792.jpg



# by takeo_yume | 2019-02-13 11:47 | 日記
2019年 02月 12日

第46回トヨタロビーコンサート

1995年よりトヨタ東京本社ロビーで、地域の皆様と親睦を深める会として、
社員ボランティアを中心に手作りで始まったコンサート。
企画実施している社会貢献推進部の方から招待を受け、雪がちらつく中、行ってきました。

地域のNPOの方々が多く参加。
至れり尽せりの対応。
演奏はヴォーカリスト&ピアニストの木下航志さん、
ヴァイオリニストfumikoさんと山内達哉さん、ピアニストの小堺香さん。
事前にリクエストされた曲も演奏。
地域に還元するイベントを開催するトヨタの企業倫理。
タケオの演奏が実現するのでしょうか…?

b0135942_11470079.jpg



# by takeo_yume | 2019-02-12 11:47 | 日記
2019年 02月 11日

會田瑞樹演奏 水野修孝作曲「マリンバ協奏曲」

弥生室内管弦楽団第50回演奏会。
会場の第一生命ホールは晴海の高層マンションが林立する未来都市。
タケオは「ゴジラ!」とつぶやきながら興味津々。

小出英樹指揮、水野修孝作曲「マリンバ協奏曲」を若きスターのマリンバ奏者會田瑞樹さんが演奏。
嬉しくてたまらなくて、オ―ケストラの中で會田さんが踊っている。
中央に置かれたマリンバとオケの音が融合し、乱舞。
そして、様々なパーカッションの切れが鋭く、一音、一音が際立ち、さらに煌めく。
奏者の歓喜が音と体から湧出。
こちらまで嬉しくなる。
アフリカンミュージックの共振、共感のよう。
タケオは前のめりで聴き入り、ポカンと口を開けたまま・・・。
30年ぶりに再演された躍動感溢れる曲と會田さんならではの感性の演奏に魅了されました。
ありがとうございます。
b0135942_12390149.jpg
b0135942_12391914.jpg
 



# by takeo_yume | 2019-02-11 12:39 | 日記
2019年 02月 10日

バレンタインチョコレート

チョコレートが届く。
タケオは何故、今、チョコレートが頂けるかはわかっていない。
ともかく、贈り物は大好き。
包みを開けるのももどかしく、嬉しそうにオープン。
喜びの表情は天下一品。
贈り主に届けたい、タケオのありがとう!!!

b0135942_07012174.jpg
b0135942_07014376.jpg



# by takeo_yume | 2019-02-10 07:02 | 日記
2019年 02月 09日

、「2018年私のこの一枚写真展」

現在、「2018年私のこの一枚写真展」が2月6日~17日までフォトサロンで開催されています。
約50人の出品があり、各人が一枚の写真に込めた想いが伝わってきます。
タケオはパリの日本文化会館でのコンサート「Takeo & Bala Dée 」のショットを出品しました。

タケオたちはこのギャラリーで1週間ごとの展示替え作業を手際よくしています。
作業しながら様々な視点の写真を見ることができ、ときめかせて働いております。
多くの来館者と交流し、薬師池公園を散歩する方々とも触れ合っています。
時々開催される市民参加の撮影会ではお手伝いしつつ、カメラを持たせて頂き撮影もします。
タケオの撮った写真はイギリスのコンテストで賞を頂き、キューガーデンに展示されました。
アートの作品に囲まれながら、開かれた素敵な職場です。

b0135942_10020016.jpg



# by takeo_yume | 2019-02-09 10:02 | 日記
2019年 02月 08日

プラナスが「町田式水耕栽培」でキュウリを栽培

特定非営利法人プラナスでは「まちだシルクメロン」を水耕栽培で栽培販売しています。
地域の企業や大学の技術・ノウハウを結集し、
粘り強い試行錯誤のすえ、水槽内の養液の流れを制御する「まちだ式農法」を開発し、商品化。
メロンゼリー、キャンデー、シロップ、ピューレー、マカロン等の関連商品も売り出し中。


メロン栽培のお休み期間に、まちだシルクメロンと同じ「町田式水耕栽培」でキュウリを栽培し、期間限定販売。
4本で200円の立派なキュウリを届けて頂きました。

プラナスでは地域で暮らす障がいを抱える人に向け、豊かに暮らせるよう、 地域に根付いた、自分に合ったものを選択できる多様な、やりがいを感じ、相応した報酬を得られる仕事を創出することをめざし、活動しています。
若さ溢れる職員のチャレンジ精神に拍手、大拍手です。
昨年、この施設の大谷里山農園で
「Birthday Exhibition & Live 」 新倉康生・新倉壮朗 & friends を実施させて頂きました。

b0135942_12033351.jpg
b0135942_12025785.jpg



# by takeo_yume | 2019-02-08 12:03 | 日記
2019年 02月 07日

香港のi-dArt主催「知的障がいの人とアート」国際会議

香港のi-dArtが4月11日~13日に「知的障がいの人とアート」をテーマに国際会議が開催される。
アメリカ、イギリス、オーストラリア、シンガポール、スペイン、台湾、日本、ベルギー、香港から、様々な発表、ワークショップなどが準備されている。
野村誠さんは昨年、3ヶ月i-dArtの施設に滞在した体験をもとに、分科会でファシリテーションなどについて発表し、ディスカッションをする。
タケオはこの会議に招聘され、野村さんとJCRCのメンバーと演奏する。
主催者は普通の退屈な国際会議にしたくないから、いろいろ面白い仕掛けをしたいと意気込んでいるそうです。
舞踏家の佐久間新さん、砂連尾理さんも参加します。
とても楽しみです。
http://i-dart.tungwahcsd.org/

野村誠さんはこの会議について語る。
ワークショップのファシリテートって、どういうことなのか。
それは、基本的には、「イエスと言って、参加者のやることを否定せずに、ついていくこと」なんだと思う。
ぼくの実践例の中から、どんな風にクリエーションが起こるのかを具体的に話すつもりだ。
創造性ということが、時には間違いだったり、勘違いだったり、そういうところから起こる。
だから、そうしたことを間違いだ、失敗だと却下せずに、
いかに肯定して創造活動をするか、というのが、ぼくの興味。
あとは、音楽/音と人がどう関わっているのか、その関係性について。
もう一つは、音楽が場所とどう関わっているか、
これもお風呂だったり、路面電車だったり、いろいろなところで音楽を実践してきた経験をもとに話すつもり。
あとは、楽器の特性と人の特性の話。
さらには、観察すること、聴くことの美学。
そして、ドキュメントをどう残していくか。
こんな発表を25分でやって、ディスカッションに入る予定。
かなり濃度の高い発表になるなぁ。
            ―野村誠の作曲日記から抜粋―

b0135942_18230683.jpg
b0135942_18223887.jpg
b0135942_18221377.jpg



# by takeo_yume | 2019-02-07 18:24 | お知らせ
2019年 02月 06日

共創の舞踊劇「だんだんたんぼに夜明かしカエル」

あたらしいダンスをうみだしつづける佐久間新さんが
14年にわたり身体によるコミュニケーションのありかたを模索している
たんぽぽの家のダンス公演。
2月に兵庫、3月には東京で公演。

佐久間さんはこの公演へ
打率は3割なんて、大したものだ。
1割でも凄い。全部、空振りでもいい。
だから、目一杯、空振りするつもりで、思い切り振るんだ。
と意気込みを語る。

音楽担当の野村誠さんも
なるほど、ぼくらは見送りしている場合じゃない。
ホームランなんて簡単に打てないって分かっている。
でも、見送りし続けては、絶対にホームランは打てない。
だったら、全力でバットを振るしかないじゃないか。
長嶋茂雄が4打席連続三振したように、当てに行かずに、
全力でホームランを狙いにいくこと。
佐久間監督のサインは、「送りバント」でもなく、「待て」でもなく、
「エンドラン」でもなく、
「空振りしていいからホームランを狙え」だ。
だったら、佐久間新の期待に応えて、全力でバットを振ろうじゃないか。
と語る。      ―野村誠の作曲日記より抜粋ー

兵庫公演
日時:2019年2月17日(日)13:00〜 上演時間約90分
会場:ジーベックホール(兵庫県神戸市中央区 港島中町7丁目2-1)
料金:前売 一般2,500円/学生1,500円 ・当日は500円増 ・障害者介助者1名まで無料
全席自由席・整理番号なし・受付は開演の1時間前、開場は30分前

東京公演
日時:2019年3月9日(土) 19時〜 
10日(日) 14時〜
北千住BUoY (東京都足立区)

演出・振付:佐久間新
企画:一般財団法人たんぽぽの家

b0135942_09561048.jpg



# by takeo_yume | 2019-02-06 13:31 | 日記
2019年 02月 05日

「2018年私のこの一枚写真展」

「2018年私のこの一枚写真展」が2月6日~17日までフォトサロンで開催されます。
鳥飼祥恵さん撮影のパリの日本文化会館でのコンサート
「Takeo & Bala Dée 」のショットが展示されます。
まだまだ、薬師池公園の梅のつぼみは堅いですが、
春に向かってうづいている自然の息吹が感じられます。
ひだまりを散策し、フォトサロンにお立ち寄り下さいませ。
b0135942_11062515.jpg
b0135942_11060230.jpg
b0135942_11054290.jpg


# by takeo_yume | 2019-02-05 11:08 | 日記
2019年 02月 04日

「新倉壮朗&ペッカーハシダ 音と遊ぼう!」 

第1部 ミニコンサート
第2部 音と遊ぼう!


日時:2019年3月9日(土)14:00~15:00
会場:社会福祉法人「地の星」4F 町田市成瀬8-9-14
主催:地の星 ともの会 事務局

b0135942_10023603.jpg
b0135942_10044363.jpg



# by takeo_yume | 2019-02-04 10:05 | お知らせ
2019年 02月 02日

ガムランの響きが積層する「せかいのうた」

日時:2019.3.23(土) 開場12:30 / 開演13:00
会場:なみきスクエア なみきホール
福岡市東区千早4-21-45 (JR千早駅前)
入場料:無料(要申込)
申し込み方法 メール:goon@swca.or.jp
Tel: 092-663-2833
Fax:090-663-2834
    申し込み締め切り 2019.3.17 (先着順 定員になり次第終了)

主催:社会福祉法人「 明日へ向かって」地域連携 ⽂化事業部
助成:福岡県

昨年に続き、あふりかじゃんぐるの寺崎充央さんと
スペシャルゲスで出演させて頂きます。
「 明日へ向かって」のGo-onする意気込みをお楽しみ下さい。
皆様のご来場をお待ちしております。

b0135942_14214510.jpg
b0135942_14221313.jpg



# by takeo_yume | 2019-02-02 14:22 | お知らせ
2019年 02月 01日

いつもリズムが脈打つ

生爪が剝がれたのは左手。
化膿は抑えられ、順調に回復。
タケオはサウスポーなのでバチは利き手の左手で持つ。
さすがにジャンベはたたけませんが、サバールはたたく。
ドゥンドゥンもバチですのでたたく。
タケオはいつもリズムが脈打っている。
b0135942_10514606.jpg
b0135942_10521196.jpg


# by takeo_yume | 2019-02-01 10:53 | 日記
2019年 01月 31日

「とっておきの音楽祭世田谷 in 烏山」

日時:3月17日(日) 10:30~17:00
場所:世田谷区、区民館前広場(野外)
入場無料
13:50から 響き渡るAfricanBeat!
タケオ&ワガン・ンジャエ・ローズ&ペッカーで出演。

東京での開催は2016年の町田開催から2番目。
23区内では初めての開催です。
皆様のご来場をお待ちしております。

b0135942_14091410.jpg
b0135942_14093803.jpg



# by takeo_yume | 2019-01-31 14:05 | お知らせ
2019年 01月 29日

優しいお医者様

生身の体にアクシデントは常に起こる。
タケオの生爪が剝がれた。
指はタケオにとって特に大切な部分。

病院に行くのは誰もが嫌いですが、タケオは近所のクリニックには、すんなり行く。
此処のお医者様が大好きで、タケオは友達感覚。
「オー!」と言いながら握手して、受診。
2人で身振り手振りしながら、あれこれと対応して下さる。
看護婦さん達も優しい。
終了時には「他に心配なことは無い?」と丁寧に言葉をかけて頂き、胸がいっぱいになる。
優しいお医者様が傍にいて、とても、とても、安心です。

写真:足立剛一

b0135942_11342454.jpg



# by takeo_yume | 2019-01-29 11:34 | 日記
2019年 01月 28日

ENJの活動日

ジャンベ仲間の小川さんが遊びに来て下さいました。
冬の長い陽光が差し込む部屋にジャンベの音が響く。
タケオの音が冴える。
掛け声を掛けて、繰り返しリズムを刻む。
子供達は合う時もあるし、全くバラバラの時もあるが、楽しい。
思い切りたたいて、遊び、ニコニコで終了。

b0135942_13073010.jpg
b0135942_13082624.jpg
b0135942_13075088.jpg



# by takeo_yume | 2019-01-28 13:08 | 日記
2019年 01月 27日

音とリズムをエンジョイしよう!with タケオ

新百合ヶ丘のダウン症の親の会が企画して下さいました。

日 時: 2019/2/17(日) 開演13:30 受付13:00
場 所: STUDIO LIBRE(スタジオリーブル)
川崎市麻生区五力田2-8-3 ファースト・デイ103(小田急多摩線五月台駅より徒歩1分)
対 象: 0歳から就学前までのお子様とそのご家族
定 員: 10家族 (きょうだい児大歓迎!)
参加費: 1,000円 (日本ポーテージ協会川崎麻生支部会員は無料)
     申し込み方法: 香田英里子までご連絡ください。
主催: 子育てサークルスイミー/俊元会 🐟💛
共催 :日本ポーテージ協会 川崎麻生支部

b0135942_10071951.jpg



# by takeo_yume | 2019-01-27 10:07 | お知らせ
2019年 01月 27日

2月のスケジュール

ENJ
日時:2月16日(土) 14:00~15:00
場所:ひなた村レクルーム


音とリズムをエンジョイしよう!with タケオ
日 時: 2月17(日) 開演13:30 受付13:00
場 所: STUDIO LIBRE(スタジオリーブル)
川崎市麻生区五力田2-8-3 ファースト・デイ103(小田急多摩線五月台駅より徒歩1分)
対 象: 0歳から就学前までのお子様とそのご家族
定 員: 10家族 (きょうだい児大歓迎!)
参加費: 1,000円 (日本ポーテージ協会川崎麻生支部会員は無料)
申し込み方法: 香田英里子までご連絡ください。
主催: 子育てサークルスイミー/俊元会
共催: 日本ポーテージ協会 川崎麻生支部


# by takeo_yume | 2019-01-27 10:00 | スケジュール
2019年 01月 26日

積もり旅

下呂温泉に泊まり、つるつるの温泉に浸る。
タケオの大好きなお肉、お肉、それも飛騨牛にニコニコ・・・。
笑みと「うん、うまい!」の連発。
雪の散らつく高山の街。
雪に埋もれた合掌造りの里、白川郷。
帰路のアルプス街道は静まり返った白銀の世界。
自然の厳しさに心が張り付く。
見聞きした何かが、そっと積もった旅でした。
b0135942_11011090.jpg
b0135942_11013869.jpg
b0135942_11020052.jpg
b0135942_11022281.jpg
b0135942_11024726.jpg
b0135942_11030654.jpg


# by takeo_yume | 2019-01-26 11:03 | 日記
2019年 01月 25日

雪景色と温泉の旅

中央高速から甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳の雄姿、静寂な諏訪湖を満喫。
中山道妻籠宿はひっそり静まり返っている。
宿外れにある鯉岩と称された巨大な岩。
元々は鯉の形をしていたそうですが、
地震で崩れその形は現存していないが、圧倒される大きさ。
ストーンパワーを頂戴しました。
昔の家の造作、調度は美しい。
b0135942_11005959.jpg
b0135942_11002825.jpg
b0135942_11012304.jpg
b0135942_11022607.jpg
b0135942_11020687.jpg



# by takeo_yume | 2019-01-25 11:17 | 日記
2019年 01月 21日

「何を聴いているのか教えて!vol.2 打楽器音楽を聴くこと」

上野の藝大で開催の「何を聴いているのか教えて!vol.2 打楽器音楽を聴くこと」
藝大でアートマネジメントを研究されている堀 安祐子さんの企画で
ゲストはヴィブラフォン奏者の會田瑞樹さん。
「聴く」をテーマに演奏とお話。
ヴィブラフォンの奏法は打つだけでなく、擦ったりの曲があり、
減算的手法、扱わないという逆の限定性の発想に感銘。
會田さんの演奏は譜面との溝がなく、頭と体が同時に反応し、表現される。
聴いて、感応し、深く脳裏に刻みこまれました。

インドネシアジョグジャカルタでの音楽談話は
タケオの知っているミュージシャンたちのお話で面白かったです。

b0135942_13265978.jpg
b0135942_13264420.jpg



# by takeo_yume | 2019-01-21 13:27 | 日記
2019年 01月 19日

タケオの「生きる」

タケオの「生きる」と共にあり、必要な音楽。
音に出会い、脳裏に刻まれ、表現する。
タケオが演奏する姿は「生きる」そのもの。

b0135942_11414858.jpg
b0135942_11562892.jpg



# by takeo_yume | 2019-01-19 11:57 | 日記
2019年 01月 18日

共創の舞踊劇「だんだんたんぼに夜明かしカエル」

ジャワ舞踏家の佐久間 新さんが演出・振付する
共創の舞踊劇「だんだんたんぼに夜明かしカエル」には様々なカエルが出没する。
康生(タケオの兄)は陶芸でカエルを制作するので、
棚田にいっぱいカエルがいるように、我が家にも色々な種類のカエルがいる。
鳴きはしないが鳴き袋を膨らませたの、泳いでいるの、寝ているの、目をつむっているの等、姿態も様々。
とても楽しみな公演です。
b0135942_16210539.jpg
b0135942_16202900.jpg



# by takeo_yume | 2019-01-18 16:21 | 日記
2019年 01月 17日

音楽を通しての触れ合い

野村誠さん率いる「だじゃ研」は藝大千住校舎で活動をしています。
藝大で学ぶ若者が中心になり、地域の皆様が多く参加し、年齢、職業も様々です。
始まる前のひと時、タケオとピアノセッション。
音楽を通しての触れ合いがここにはある。
b0135942_09583527.jpg


# by takeo_yume | 2019-01-17 09:59 | 日記
2019年 01月 16日

ヒュー・ナンキヴェルさんをお迎えして

「だじゃ研」でイギリスからのヒュー・ナンキヴェルさんをお迎えしての活動。
ヒューさんの「今、イギリスは大変なことになっている」のお話から始まる。
議会を救うのは「トンボ」
何故、トンボ?、?、?と思いつつ、日本のトンボにまつわるエピソードや歌をご披露。
ともかく、トンボは複眼でものを見るから、多方面から物事を捉える観点での示唆ではないかと結論。
即興演奏ではタケオの奏でるメロデイーに音付けした演奏が「なかなかいい」と野村さんが褒めて下さる。
真似っこパフォーマンスをしたり、アナグマになったり、音浴シャワーを浴びせたり、
ヒューさんをお迎えして、違った捉え方の遊びを楽しみました。
b0135942_14173195.jpg
b0135942_13510064.jpg
b0135942_13512408.jpg
b0135942_13572713.jpg
b0135942_13575525.jpg
b0135942_14183356.jpg
b0135942_14212803.jpg


# by takeo_yume | 2019-01-16 14:22 | 日記
2019年 01月 15日

「だんだんたんぼに夜明かしカエル」公演

あたらしいダンスをうみだしつづける佐久間新と、14年にわたり身体によるコミュニケーションのありかたを模索しているたんぽぽの家がダンス公演を実施します!まずは2月に兵庫、3月には東京で公演します。舞台は田んぼ、登場するのはカエルたち。そこで目撃するものは?この機会をお見逃しないよう、ぜひお誘い合わせのうえご来場ください!!

[公演概要]
共創の舞踊劇「だんだんたんぼに夜明かしカエル」兵庫公演
日時:2019年2月17日(日)13:00〜 上演時間約90分
会場:ジーベックホール(兵庫県神戸市中央区 港島中町7丁目2-1)
料金:前売 一般2,500円/学生1,500円 ・当日は500円増 ・障害者介助者1名まで無料
全席自由席・整理番号なし・受付は開演の1時間前、開場は30分前
※終演後、舞台芸術や福祉をテーマにしたトークイベントを開催します

演出・振付:佐久間新
企画:一般財団法人たんぽぽの家

「夜明けから夜明けまでのカエルの物語」
ぐるり山なみ棚田にそそぐ陽。 真昼の泥の中でくっつき息をするカエル達。 陽が傾くたそがれ時、うたがはじまる。 祈っているのかもしれない。 つぶやいているのかもしれない。 闇が深まっていく、賑やかになっていく、夜が明けていく。 棚田には、水が巡っている。 多様な生き物が響きあい共生している。 障害ある人、ケアする人、ダンサーや音楽家が、ユーモアを交えて舞台をうみだします。

「共創の舞踊劇について」
この舞踊劇は、障害のある人、ない人、社会的課題をかかえた人たちがダンサーとともに既存の身体表現の枠組みを超えた舞台をつくることで、多様な表現のあり方を社会に問うことを目指す取り組みです。 この作品をとおして人間の存在の幅広さ、奥深さ、そして人間を含むあらゆる自然と生命の声に耳を澄ませる機会をつくります。また、2018年夏から冬にかけ、関西の3つの異なるコミュニティ(子どもと親、高齢者とインドネシア人介護者、障害のある人とケアする人)でダンスワークショップを3回ずつ開催し、より多くの人とシェアするための手法を学びました。 ここでの経験も舞台に活かされています。

出演:
中川雅仁|水田篤紀|山口広子(たんぽぽの家アートセンターHANAメンバー)
是永ゆうこ|佐久間新|佐藤拓道|古川友紀
音楽:野村誠|ほんまなほ
ゲスト出演:たんぽぽの家アートセンターHANAメンバー(兵庫公演)だじゃれ音楽研究会(東京公演)ほか

音楽:野村誠  照明:岩村原太|川島玲子
美術:池上恵一  IoT監修:筧康明
衣装:清川敦子 音響:sonihouse
舞台監督:浜村修司 アドバイザー:砂連尾理
宣伝写真:草本利枝 宣伝美術:岡田将充( OMD)
制作進行:那木萌美

前売チケット取扱について:振込手数料、発券手数料はご負担願います
◯ peatix|https://tanpoponoye.peatix.com
・クレジットカード決済、コンビニエンスストア支払い、ATM支払いからお選びください ・要事前会員登録
◯インターネットで申込みのうえ振込|https://goo.gl/forms/jwUX3BfteSq4vIW53
◯ FAXで申込みのうえ振込
件名「カエルチケット」と必要事項とを明記のうえ、FAX番号 0742-49-5501 までお送りください。
折返しFAXにて入金額・入金先をご連絡します。
1. 公演鑑賞日 2.申込者氏名 3.申込枚数 4.返信先FAX番号 5.電話番号 6.来場者にご配慮が必要な方がいる場合、その内容

【東京公演情報】本公演は、東京でも上演します。タケオは音楽を担当する「だじゃ研」で出演します。
日時:2019年3月9日(土) 19時〜 10日(日) 14時〜
北千住BUoY (東京都足立区)

主催:文化庁|一般財団法人たんぽぽの家
制作:一般財団法人たんぽぽの家
協賛:TOA株式会社
協力:アートアクセスあだち 音まち千住の縁「 野村誠 千住だじゃれ音楽祭」|社会福祉法人わたぼうしの会|奈良たんぽぽの会|ジャングルようちえん社会福祉法人 起生会 ほほえみの園|一般社団法人北和福祉振興一道会 みんなの広場 らんまん|株式会社ジーベック|NPO法人エイブル・アート・ジャパン

お問合せ
一般財団法人たんぽぽの家( 担当|大井・後安)
〒630-8044 奈良県奈良市六条西3-25-4
TEL: 0742-43-7055 FAX: 0742-49-5501
E-mail:ableart@popo.or.jp
URL:http://tanpoponoye.org

本事業は、文化庁 平成30年度戦略的芸術文化創造推進事業(共生社会実現のための芸術文化活動の推進)「共創 co-creation」をテーマとした「共創の舞踊劇」として実施されます

https://www.facebook.com/tanpoponoye/photos/gm.222301331904458/1984868321549967/?type=3&theater

# by takeo_yume | 2019-01-15 12:56 | お知らせ
2019年 01月 13日

灯台

灯台は海の道しるべ。
岬の高台に建ち、光を放つ。
灼熱の太陽、海風、雨にさらされながらの孤高の姿は極限の美。
タケオは多くの皆様が灯すあたたかな光に導かれて、生きてきました。
出会いを重ね、大海原に進んでいっています。

b0135942_10473917.jpg
b0135942_10465928.jpg



# by takeo_yume | 2019-01-13 10:47 | 日記