TAKEO タケオ  「新倉壮朗の世界」

takeoyume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 06月 05日

十勝毎日新聞に掲載

ダウン症ドラマー新倉さん 13日にライブ

ダウン症ドラマーの新倉壮朗(にいくら・たけお)さん(26)=東京都在住=のライブ
「TAKEO in OBIHIROSPECIAL LIVE」が13日午後7時から、帯広市内のとかちプラザ・レインボーホールで開かれる。
主催する就労継続支援B型作業所「啐啄童子」(そったくどうじ)の中村千代子所長は「壮朗君の太鼓の音の中で、皆さんと同じ時間を共有したい」と来場を呼び掛けている。

新倉さんは幼いころから音楽が好きで、アフリカン・ドラムのプロ奏者として活動しながら、障害のある子供たちと一緒に音楽を楽しむ機会をつくっている。昨年8月には中村所長の長女で知的障害者の亜久里さん(28)の支援者でつくる「亜〜賛会」が主催し、新倉さんのドキュメンタリー映画「タケオ」の上映会と北海道初のライブを帯広で開いた。

今回のライブは新倉さんの母書子(ふみこ)さんから「今年もぜひ帯広で演奏したい」との要望があり実現。
昨年のライブでは観客が舞台に上がって新倉さんとともに体を動かし、会場は熱気に包まれた。
中村所長は「障害者と健常者の壁がなく、ホールが一体となった」と振り返る。

今回は帯広市在住のマリンバ奏者野田美佳さんとのセッションをはじめ、十勝で活躍する演奏家と共演する。
入場料1000円(中学生300円、小学生以下無料。身体障害者手帳を持っている人は500円)。
チケット販売・問い合わせは■啄童子(0155・67・5283)へ。

また、15日にはコミュニティーサロン&カフェあがり・框(かまち、帯広市西10南5)で
新倉さんも参加してワークショップ「新万葉染め&キャンドル作り」が行われる。
(新万葉染めは午前10時〜午後3時、キャンドル作りは午後4時〜同6時)
参加費は新万葉染めが2100円から、キャンドル作りが1050円。定員は各20人。

b0135942_11253657.jpg


by takeo_yume | 2013-06-05 11:22 | 日記


<< キャンドル試作      たたく表情 >>