TAKEO タケオ  「新倉壮朗の世界」

takeoyume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 01月 11日

人は皆、多様で多面的な存在

フリーペーパー「Swinging Vol.17」より抜粋

誰かに自分との「違い」を見つけ、何かを感じ思うことは自然な事だ。
変だと感じるものは変!妙だと思うものは妙!理解できないものは理解できない!
心の動きに制限をかける必要は全く無い。
自分の正直な心の動きを見つめずして、すっ飛ばして無かったことにしてしまうから
差別をしてはいけない」とか「偏見を持ってはいけない」とか、
“上辺だけ”の平等論や理想論がじわじわと社会を包み、
結果として「差別」や「偏見」がより根強く残ってしまう。

違うものは違う。それでいいんである。
むしろそこが出発点なのだ。
「違い」そのものや自分の心の動きにどう対峙し、
自分とは違う誰かとどう関係を築いてゆくのか。
障害の有無を問わず、人と人との関係性はそこから出発するのではないだろうか。

       タケオとたいしくん
b0135942_19123196.jpg

                                                         写真 足立剛一

by takeo_yume | 2015-01-11 19:04 | 日記


<< 陽気なタケオとまぶしいタケオ      ワニ >>