TAKEO タケオ  「新倉壮朗の世界」

takeoyume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 08月 02日

共にふるえる

タケオのフランス行きをコーデネイトして下さいましたジャズサックス奏者の仲野麻紀さんは著書「旅する音楽」で語る。
「音を奏で、紡ぎ、放つのに、時として具体的な目的はない。それは衝動であり、この衝動が突き動かして生まれる音は生のla vieの中にある。それは人間の持つ、あるいは自然のもつ摂理なのかもしれないが、いずれにせよ、この世界はふるえと共に在るということのようだ」
「音楽とは空間とあなたとの間で鳴っているもの」

麻紀さんが綴る言葉はタケオが音楽する根源を知りえる。
セネガルのサバール奏者ワガンさんとその仲間達は「タケオはアフリカ人のハートを持つ」と評価する。
8/4會田瑞樹さん、ワガンさん、ボガさん、赤井君そしてお客様と共にふるえる。

b0135942_11410072.jpg
b0135942_11412317.jpg
b0135942_11385773.jpg
b0135942_11390982.jpg
b0135942_11392179.jpg



by takeo_yume | 2018-08-02 11:41 | 日記


<< 喜びが爆発      描きたいから描く >>