TAKEO タケオ  「新倉壮朗の世界」

takeoyume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2018年 10月 30日

「Birthday Exhibition & Live 」 新倉康生・新倉壮朗 & friends

皆様に支えられまして、新倉康生(11月14日)・壮朗(11月4日)に年を一つ頂きます。
康生の陶芸作品・壮朗の絵を展示し、タケオ&friends がライブを開催します。
タケオの絵はインドネシアの踊り子の絵が多いです。

棚田が広がる谷戸の風景をお楽しみ下さい。
竹林の傍のピザ窯で焼いたピザと町田産のシルクメロン、コーヒーを昼食にご用意します。
皆様のご来場をお待ち申し上げます。

日時:2018.11.4(日)
   ランチタイム 12:00~13:00
   ライブ    13:30~14:30
場所:大谷里山農園 〒194-0202 東京都町田市下小山田1532
https://www.tokyo-satoyama.com/
会費:ランチ 1,000円 (石焼ピザ・シルクメロン・コーヒー)
   コーヒー、ドリンク 200円
   ライブ 大人1,000円 / 小人500円
主催:新倉壮朗コンサート実行委員会
共催:プラナス

■ バスでお越しの場合
 ・ JR横浜線・小田急線 町田駅 
  町田バスセンター 12番乗場 町31系多摩丘陵病院行き
 「多摩丘陵病院」バス停下車(所要時間約30分)徒歩5分
  町田バスセンター時刻表 https://www.kanachu.co.jp/…/k:%E7%94%BA%E7%94%B0%E3%83%90%E…

・ 京王相模原線・小田急多摩線 多摩センター駅
  南口京王バス11番乗場 多43系日大三高行き
 「下小山田」バス停下車(所要時間約13分)徒歩2分
  多摩センター駅時刻表(急行(赤字)を除く)https://transfer.navitime.biz/bus-navi/…/diagram/BusDiagram…
・ 小田急多摩線 唐木田駅
  バス乗場 駅東(改札出て左、交番の道路挟み反対側)
  多43系日大三高行き
  「下小山田」バス停下車(所要時間約8分)徒歩2分
   唐木田駅東口時刻表 https://transfer.navitime.biz/bus-navi/…/diagram/BusDiagram…
■ お車でお越しの場合
  お車でお越しの方は、南側よりまっすぐ北西に延びる道をお使いください。
(北側のうねり道は途中で行き止まりとなります。ご注意ください)
農園の駐車スペースには限りがあります。大きいイベントの際には、入場を制限させて いただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

b0135942_11450758.jpg



by takeo_yume | 2018-10-30 11:45 | 日記
2018年 10月 29日

ENJの活動日

タケオのお道化ぶりが絶好調。
驚きながらも、つられて、さらにお道化るチビッコ2人。
3人の素敵なコラボ!!!
b0135942_11022011.jpg
b0135942_11045933.jpg
b0135942_11034720.jpg
b0135942_11030726.jpg
b0135942_11024732.jpg
b0135942_11032691.jpg


by takeo_yume | 2018-10-29 11:06 | 日記
2018年 10月 28日

NOTES composing resonance公演

音楽を通じて東南アジアと日本がつながっていきたいという願いから、
インドネシアと日本から選ばれた7人のミュージシャンが2国間を交流し、生み出された曲。
秋の静寂な黄昏時、広々とした国立博物館エントランスに響く。

會田瑞樹(打楽器奏者)
金子展寛(箏曲家)
アリエフ・ウィナンダ(作曲家・打楽器奏者)
ガルティカ・ギギー・プラディプタ(作曲家・ピアニスト)
ウェリー・ヘンドラッモコ(作曲家・ガムラン奏者)
Special Guest スリッ・ワヒューニンセ(歌手)

奏者の喜びと、若いエネルギー。
「音楽っていいな」としみじみ感じいる。
タケオたちがジョグジャを訪れた時にセッションしたギギーさん、ウェリーさんに再会でき、
會田さんも一緒で笑顔が飛び交う。
もう一度、ジョグジャに行きたい思いが募りました。

b0135942_12204587.jpg
b0135942_12210950.jpg



by takeo_yume | 2018-10-28 12:21 | 日記
2018年 10月 27日

セック親子の音楽

ザールの歌、ご子息のアサンのギター。
親子の奏でる音楽。
ザールの声は生命の力が漲り、哀調が底辺にある。
人間の豊かな哀楽の情感が溢れ、すーと無の境地に陥る。
人間賛歌。
生の賛歌。
タケオはセネガルの音楽と人に出会えて、本当に幸せです。
b0135942_12163204.jpg
b0135942_12165606.jpg


by takeo_yume | 2018-10-27 12:17 | 日記
2018年 10月 26日

セネガルの音楽とセネガル人の人柄

高円寺JIROKICHIでの「Zale Seck et Japon Daagou」
セネガルの音楽とセネガル人の人柄を満喫しました。
怒涛のサバールとキレキレのダンスはセネガルだけの唯一無二の輝きを放つ。
声を出さずにはいられない感動が湧き上がる。
そして、セネガル人の人を思いやり、尊敬するハート。

b0135942_11492913.jpg
b0135942_11495349.jpg
b0135942_11501390.jpg
b0135942_11503563.jpg
b0135942_11505927.jpg



by takeo_yume | 2018-10-26 11:51 | 日記
2018年 10月 25日

SOPHIE KER Gi GROUP

寺本達也さんのFBより。

【なんでこんな凄いセネガル人たちが日本に住んでるんだ!】

※photos by Jina

お~、ひさしぶり~。
って感じで、セネガル人が、
高円寺のJirokichiに集まってくる不思議。
しかも、凄いミュージシャンばかり。
あの、一関ベイシーで50センチの近距離で聴いた、
渡辺貞夫クインテットのメンバ-、ンジャセ・ニャンさんも、
ふら~っと店に入ってくる。

10月22日(月)に高円寺で行われたライブは、
もうアフリカでした。
第一部は、『SOPHIE KER Gi GROUP』
http://heywao.com/artists/wagane-ndiaye-rose-band/
セネガルが生んだ伝説のサバール奏者、
ドゥドゥ・ンジャエ・ローズを父に持つ、
正統な継承者、ワガン・ンジャエ・ローズ率いる
スペシャル・サバール・オーケストラだったのです。
このバンド名は、
セネガルにワガンさんがいた頃、
お母さんのSophieさんの家に、
若いミュージシャンが集まり、
練習をしたり語り合ったり、
お母さんの作るご飯を食べたりして過ごした、
その「家」のことだそうです。
素敵だなぁ。
音楽によって王に仕えたグリオ(伝承音楽家)
の家系に生まれたワガンさんが、
今、日本にいてくれること自体が奇跡ですが、
とてもフレンドリーに、かつ汗びっしょりで
演奏してくれるこのバンド。
ぜひとも皆さんにも体感してほしいです。
なにせ、
ストーンズ、S.ワンダー、J.ブラウンと共演した、
とても近くまで来てくれる、巨人です!
Jirokichiでは、
三崎の夜市で、鷲頭さんと一緒に叩いてくれた、
新倉壮朗(タケオ)も参加してくれました。
最初はちょっと照れていたのか、
登場を渋ってたタケオだったけど、
やっぱりリズム浴びちゃうと、
たまらなくなって、笑顔で叩いていた。
しかも、あの複雑なキメとか、
信じられないタイミングで始まるユニゾンとか、
タケオ、決めちゃうんです。
ぜひぜひ、彼の演奏会にも足を運んでもらえたら、
僕も嬉しいです。

<Members>
Wagane ndiaye rose (perc)
Abdoulaye ndiaye rose (perc)
Pap Gueye (dance)
Ndiasse niang (perc)
Yancoba diabate Yasuda (kora)
Special guest: Takeo Niikura (perc)

このあと、いよいよ、
真打「Zale Seck」さんの登場です。
また、写真でお伝えします。
お楽しみに。

b0135942_12544091.jpg
b0135942_12515083.jpg
b0135942_12534990.jpg
b0135942_12532001.jpg
b0135942_12525616.jpg
b0135942_12530926.jpg
b0135942_12553897.jpg




by takeo_yume | 2018-10-25 12:44 | 日記
2018年 10月 24日

「Zale Seck et Japon Daagou」に出演

高円寺Jirokichiでの「Zale Seck et Japon Daagou」ツアー。
Wagan Ndiaye Rose with Sophie Kergiにスペシャルゲストで演奏させて頂きました。
セネガル大好き!
サバール大好き!
ありがとう! ありがとう!
動画:https://www.facebook.com/takeoyume/videos/1917661874987748/
b0135942_18054001.jpg


by takeo_yume | 2018-10-24 18:05 | 日記
2018年 10月 23日

會田瑞樹さんのウインズカフェ・打楽器百花繚乱Ⅴ

ヴィブラフォン奏者 會田瑞樹さんのウインズカフェ・打楽器百花繚乱Ⅴ。
ヴィブラフォン・ピアノ・マリンバが設置されたカーサモーツアルト。
選曲が面白い。
暗くなった会場で、インドネシアの若い作曲家アリエフ・ウィナンダの「シンバルのための独奏曲」の響きから始まる。
近藤浩平さんの「湖と船」は琵琶湖の情景をヴィブラフォンに託す。
白藤淳一さん編曲のバッハの「前奏曲とフーガ」はヴィブラフォン&マリンバの魅力的な絡み合い。

會田さんは超高度な演奏技術だけでなく、果て無く深く、広く求める意欲が凄い。
探求心が旺盛で、あらゆるものに挑戦する度量を持つ。
そして、研究し、極めようと心血を注ぐ。
その姿勢がオーラとなって全身から湧き出ている。
すべてを吸収し、さらなる活躍に進んでいかれる若きヴィブラフォン奏者。

會田さんとの出会いはこのウインズカフェでした。
最初に出会った衝撃がそのままある。
タケオはお会いできて喜び、演奏を聴けて「素晴らしい!」と拍手喝采でした。
ありがとうございます。

b0135942_12232617.jpg



by takeo_yume | 2018-10-23 12:23 | 日記
2018年 10月 22日

ドゥドゥファミリー

セネガルの人間国宝のミュージシャン ドゥドゥ・ンジャイ・ローズさんは
音楽はもとよりハートが素晴らしい偉大なる人格者でした。
やさしさ、慈愛に満ち溢れておられ、お会いするだけで感化され、豊かさを頂きました。

セネガルではタケオと2人で肩を組んでダカールの街を歩きました。
涙が出るような光景でした。
ドゥドゥファミリーの皆様はドゥドゥさんの教示、薫陶を受け継いでおられます。
タケオをMy brotherと接して下さいます。
ハートは自然と伝わります。

b0135942_11430859.jpg
b0135942_11433019.jpg



by takeo_yume | 2018-10-22 11:43 | 日記
2018年 10月 21日

「三茶de大道芸」

毎年、世田谷線三軒茶屋駅改札すぐのキャロットタワープラザで開催されている「三茶de大道芸」
サックス奏者の竹内直さんとワガン・ボガ・アブライのDoudou Brthersの演奏を聴きに行く。
タケオはワガンさん達に会うのは何よりの楽しみ。
2回公演の夕方のステージは、途中で夕立が降り、奏者、お客様が屋根のある部分に移動。
座ってエアー太鼓をたたきながら聴いていたタケオは止む無く、立つ。
立ったら、サバールの音に体が動き始める。
踊りました。
久方ぶりで踊り、ニコニコ!!!
ありがとうワガンさん、ボガさん、アブライさん。

今日は10月21日(日)は13:00〜/17:00〜の2回公演。
19:00から出演者総出のパフォーマンス。
動画:https://www.facebook.com/takeoyume/videos/1913413812079221/

b0135942_11153513.jpg
b0135942_11154381.jpg



by takeo_yume | 2018-10-21 11:15 | 日記