TAKEO タケオ  「新倉壮朗の世界」

takeoyume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2019年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2019年 04月 30日

異なる能力を持つ人の芸術活動

町田を早朝出発、香港で毎日フルに活動し、5日間の日程を無事に終了、自宅に戻ったのは夜中の12時過ぎ。
タケオは疲れ知らずで、「ホンコン、ホンコン」と言って、 次の朝もいつも通り太鼓をたたく。
野村誠さんのご尽力でこの国際シンポジウムに参加させて頂き、至れり尽くせりのおもてなしを受け、至上歓喜の日々でした。
人材と資金を集め、大規模なイベントを企画実現する香港の皆様のパワーに感動、感激しました。


主催者のi-dArtの楊美玲さんは語る。
異なる能力を持つ人の芸術活動を推進してきたi-dArtは芸術が彼らに光をもたらすのを見てきた。
芸術の世界は広くて親切で、そんなに批判的ではない。
多くのi-dArtの利用者が芸術を楽しんでおり、自ら進んで創作してきた。
芸術が彼らの人生に色どりを添えただけでなく、彼らの潜在能力を引き出し、開花させ、その能力が評価されるようにさせる。
それで、日常生活では見捨てられやすい自発性や自主性、自己決定権が尊重されるようになる。
さらに、その創作活動はの成果は尊重や尊厳、エンパワーメントをもたらすことができる。

タケオは英語を話す人には英語のタケオ語で、中国語の人には中国語のタケオ語で物怖じせずにどんどん語り掛ける。
ちんぷんかんぷんですが、何故か通じているよう・・・。
各国の方々のお話をお聞きして、日本の障害の人への捉え方の変革を教育の中でしなければいけないのではと痛感しました。
日本からこの国際シンポジウムへの参加者はアート活動を推進し、精神の自由や人の絶対的尊厳を尊重し、実践している数少ない方々ですが、種が撒かれ、これからどんどん広がっていくと思います。
タケオも発信することでいくらかの意識改革に繋がったらと願い、 タケオのできることをできるだけするように心がけたいと思いました。

b0135942_11562266.jpg
b0135942_11564787.jpg
b0135942_11570909.jpg
b0135942_11573470.jpg



by takeo_yume | 2019-04-30 11:59 | 日記
2019年 04月 29日

タケオのキャラ

タケオは何処でも、誰とでもすぐに打ち解け、心通わせる。
そのフレンドリーさがタケオのキャラ。
香港でも一度会ったらもうお友達で多くの方々と一時、一瞬を楽しく過ごす。
フィナーレではもみくちゃ状態。
皆様ありがとうございました。

b0135942_11131541.jpg
b0135942_11141077.jpg
b0135942_11115458.jpg
b0135942_11121214.jpg



by takeo_yume | 2019-04-29 11:14 | 日記
2019年 04月 29日

国際シンポジウムのカーニバル

香港での国際シンポジウム最終日、最後のイベントはパレード。
ウクレレチーム、金管バンド、サンババンド、自然生クラブ田楽、
そしてi-dArtのマコトバンドがゾロゾロと多くの方々を従えインステージになだれ込む。
最終ステージはイギリスのバンドheart n soulが熱狂ライブ。
集まった世界の老若男女が入り乱れて踊り、騒ぐ。
タケオはステージ前でたたく。(この時はさすがに、右手のみでした)
夕闇迫る海辺で大フィーバー。
これぞお祭り!!!
このような一大イベントを企画、実行された東華三院・i-dArtの皆様に深く感謝いたします。
b0135942_10294432.jpg
b0135942_10301533.jpg
b0135942_10304938.jpg
b0135942_10311796.jpg
b0135942_11124859.jpg


by takeo_yume | 2019-04-29 10:31 | 日記
2019年 04月 28日

「私の平成写真展」

町田市フォトサロンでの「私の平成写真展」に
足立剛一さん撮影のタケオの写真が展示されています。
5月6日まで開催。
薬師池公園は若葉が萌え、きれいです。
ご来館をお待ちしております。

b0135942_12305756.jpg



by takeo_yume | 2019-04-28 12:31 | お知らせ
2019年 04月 28日

国際シンポジウムワークショップ no.4

i-dArtカーニバル に向けてのスタンバイでも、
午前中から興奮状態のメンバーさん達は演奏したくて、
それぞれがたたく、踊る。
タケオは左手薬指の生爪が剝がれてブヨブヨで本来のたたきができない。 
もどかしいにもかかわらず、親指、人差し指、中指の3本で器用に音出し。
i-dArtのメンバーさん達の混沌とした音の渦がぐるぐる。
参加者の皆さんの笑顔がキラキラ。
b0135942_11453033.jpg
b0135942_11463047.jpg
b0135942_11460238.jpg


by takeo_yume | 2019-04-28 11:46 | 日記
2019年 04月 27日

国際シンポジウムワークショップ no.3

ワークショップ2回目。
みんなのパワーが一段と上がる。
2人でのセッションタイムも我も我もと加わりたくてたまらない状態。
タケオが仕切る、仕切る。
「セーの!、セーの!」を何度も繰り返すが、
なかなか終わらない…、終わらせない。

野村さんは語る。
この人たち、こんなにリズム感よかったっけ。
こんなにアンサンブルよかったっけ。
タケオくんが一緒にいることで、i-dArtの知的障がいのメンバーは、知的障がい者としてではなく、
ミュージシャンとして存在することを、タケオくんから学んでいる。
タケオくんの影響は大きい。
ちなみに、ぼくの視線は、別にそれほど上から目線ではなく、一緒にセッションすると学ぶこと教わることが本当に本当に多いのですが、
しかし、それよりも何よりも、あまりの露骨な成長速度に、やはり驚愕するので、そっちの話が多くなる。
この人たちは本当に心から表現をしようとしている人々。
表現することが生きること。

b0135942_23263511.jpg
b0135942_23270044.jpg
b0135942_23274433.jpg
b0135942_23281543.jpg
b0135942_23284095.jpg



by takeo_yume | 2019-04-27 23:29 | 日記
2019年 04月 26日

国際シンポジウムワークショップ no.2

橋の下のワークショップ会場は海からの風が吹き、小雨もちらついて寒い。
でも、皆さんのパワーが炸裂し、熱気あふれる。
タケオのダンスも力がこもる。

b0135942_19365286.jpg
b0135942_19371767.jpg
b0135942_19374700.jpg



by takeo_yume | 2019-04-26 19:39 | 日記
2019年 04月 25日

国際シンポジウムワークショップ no.1

国際シンポジウム最終日の午前中はワークショップ。
海辺の橋の下のスペースが会場。
数か所にステージがあり、各国の出演者が演奏。
沢山の絵も展示され、実演もある。
野村誠さん率いるJCRCのメンバーさんが待ちきれずステージに飛び出る。
各人の意欲が爆発。
このパワーを引き出される野村さんの力量が素晴らしい。
佐久間新さん、砂連尾理さんの即興ダンスワーク組が流れ込んでくる。
掛け声、叫び声が飛び交い、一大パフォーマンス。
そして、踊りながら去り、終演。
タケオは全身全力で仕切りパフォーマンス。
その姿は美しい。
b0135942_09552661.jpg
b0135942_09555238.jpg
b0135942_09562249.jpg
b0135942_09565016.jpg


by takeo_yume | 2019-04-25 09:59 | 日記
2019年 04月 24日

何処でも元気いっぱい、笑顔いっぱい

香港は林立する高層ビルの間を縫うように橋が右往左往掛かる近代都市。
観光もちょこっとして、夕食は各国出演者全員がJCRCのレストランで豪華な食事。
壁には絵が飾られ、メンバーさんがてきぱきと働く。
やまなみ工房のふんわりやさしい井上優さんとあったかふれあい。
毎日たらふくご馳走を頂いていても、特大ステーキをモリモリ食べるタケオ。
何処でも元気いっぱい、笑顔いっぱい。
b0135942_11424496.jpg
b0135942_11431190.jpg
b0135942_11421981.jpg


by takeo_yume | 2019-04-24 11:43 | 日記
2019年 04月 19日

第18回定期コンサート「新倉壮朗の世界」

第18回定期コンサート「新倉壮朗の世界」日時、共演者決定。
大友良英さんが出演して下さいます。
とても楽しみです。
皆様のご来場をお待ちしております。


第1部 タケオ&大友良英 即興セッションデュオ
第2部 タケオ&ワガン&ボガ&赤井浩 アフリカンパーカッション

日時:2019.7.19(金) 18:30開場 / 19:00開演
場所:和光大学ポプリホール鶴川
    町田市能ケ谷1−2−1 小田急線鶴川駅「北口」より徒歩3分
入場料:大人2,000円 / 小人(高校生〜小学生)1,000円 / 幼児無料
主催:新倉壮朗コンサート実行委員会
問合わせ・予約:tel&fax 042-734-7787 / mail takeo_niikura9230@yahoo.co.jp

b0135942_16353794.jpg



by takeo_yume | 2019-04-19 16:36 | お知らせ