TAKEO タケオ  「新倉壮朗の世界」

takeoyume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2019年 06月 ( 34 )   > この月の画像一覧


2019年 06月 27日

定期コンサート「新倉壮朗の世界」第2部

タケオの定期コンサート「新倉壮朗の世界」第2部は
タケオ&ワガン&ボガ&赤井浩でサバールとジャンベ演奏をします。
気心の知れた優しい3人の奏者との演奏はタケオにとって最高の場。
パワーがはち切れ、全身全霊でたたき込む。
生きている、生き切っている。


7月19日(金) 開演19:00 
「和光大学ポプリホール鶴川」で開催です。
動画:https://www.youtube.com/watch?v=7uaGBO8LDsk




by takeo_yume | 2019-06-27 11:09 | 日記
2019年 06月 26日

アフリカの布の巾着と手提げ

タケオ達はフォトサロンの仕事の他に自主製品を作っています。
タケオのジャンベ友達に分けて頂いたアフリカの布の巾着と手提げバックが出来上がりました。
それぞれが得意な仕事に勤しんでいます。(タケオもチクチク縫うのが好きです)
出来上がった喜び、売れた喜びを仲間と一緒に享受しています。
アパレル関係の若いスタッフが意欲的に取り組んでくれています。
花菖蒲と紫陽花が見頃な薬師池公園を散策し、フォトサロンにお立ち寄り下さいませ。
b0135942_11405428.jpg
b0135942_11410851.jpg
b0135942_11412390.jpg
b0135942_11413593.jpg
b0135942_12002754.jpg



by takeo_yume | 2019-06-26 12:01 | 日記
2019年 06月 25日

日本現代写真家協会主催「第11回会員写真展」の出品写真

タケオの写真を長年撮って下さっているフォトグラファ―の足立剛一さんは
日本現代写真家協会に所属しています。
「第11回会員写真展」に出品した写真はタケオの出番前に見せたショット。
この写真を見て「優しい表情」と感想を述べて下さった方が多かったそうです。
写真展は東京は終了し、京都、長野、名古屋を巡回展示します。

b0135942_13025818.jpg



by takeo_yume | 2019-06-25 13:03 | 日記
2019年 06月 24日

「調布国際音楽祭2019」オープニングコンサート

ジャズピアニスト山下洋輔さんと調布国際音楽祭特別編成吹奏楽団によるガーシュインのラプソディー・イン・ブルー。
調布国際音楽祭特別編性吹奏楽団はこの音楽祭のために調布市内の中学校と高校の吹奏楽部の生徒により編成。
山下さんと共演という貴重な体験の場を持てた若い中高生。


企画されたプロデューサーの森下唯さんは語る。
何に一番価値があるのか、その人の生き方によって選び方が変わる。
音楽は人間の情緒に訴える、ある意味、動物的なところに働きかける装置。
その装置としてよくできているのが優れているのか、
それ以外のところに何かを見出そうとしてしているのか、
それは立ち位置によって変わってくる。
その中で自分が一定の価値を見出せるものを常に提供したいと思う。

大友良英さんが「学校で教えてくれない音楽」を提唱していますが、
調布で中高校生が参加できるこの企画に音楽の未来を感じます。
タケオは山下さんのピアノを至近距離で聴き、大満足していました。

b0135942_13101256.jpg
b0135942_13104809.jpg



by takeo_yume | 2019-06-24 13:10 | 日記
2019年 06月 24日

毎日新聞首都圏版・遊ナビに掲載

第18回定期コンサート「新倉壮朗の世界」の記事が掲載されました。
取り上げて頂き嬉しいです。

b0135942_09354362.jpg



by takeo_yume | 2019-06-24 09:35 | お知らせ
2019年 06月 23日

「問題行動ショー」

29日14時から豊中市立文化芸術センター中ホールで開催。
野村誠さん、佐久間新さん、砂連尾理さんの3人に加えて、
香港から野村さんが昨年3ヶ月滞在した香港の福祉施設JCRCを拠点とするi-dArtのメンバー13名。
奈良たんぽぽの家のメンバー3名
さらに日本センチュリー交響楽団のヴァイオリン奏者巌崎友美さんにクラリネット奏者吉岡奏絵さん。
野村さんがアーティスト(責任者)という特権的な立場で臨む。

野村さんはこの公演について語る。
ぼくは、砂連尾さんのことも佐久間さんのことも尊敬している。
彼らの魅力を最大限引き出す公演をしたい、と思う。
最大限に引き出すというのは、ちょっとやそっとでは出てこない魅力を引き出したい、という欲望でもある。
砂連尾さん、佐久間さんを、極限まで追い込むのか、喧嘩を仕掛けるのか、
どうするのかはまだまだ分からないけれども、崖っぷちまで追い込めるようなことができたらいいのだろうなぁ。
とりあえず、あえて困難化するための準備は整った。いよいよ来週。

タケオは3人が大好きで、香港の皆様とは4月の国際シンポジウムでプレイし、
たんぽぽの家の方々とも「だんだんたんぼに夜明かしカエル」でご一緒しました。
皆様の熱演を拝見するのが楽しみです。

b0135942_11225359.jpg
b0135942_11221671.jpg



by takeo_yume | 2019-06-23 11:23 | 日記
2019年 06月 22日

愛と平和の音楽祭

1019.10.5~6日 日比谷野外音楽堂。
若者達が力を結集して開催します。
タケオ&ワガンで出演(10月6日)します。



by takeo_yume | 2019-06-22 09:54 | お知らせ
2019年 06月 21日

音を使って場をシェア

第18回定期コンサート「新倉壮朗の世界」に出演して下さる大友良英氏は語る。

音楽っていうものは、個人的な表現みたいなものより以前に、
複数の人間が音を使って場をシェアするような、
あるいは関係性の「場」をつくるような要素を、もともと持っているんだと思います。

タケオのコンサートは「音の開放広場」です。
タケオ・大友良英・ワガン・ボガ・赤井浩と会場の皆様と一緒に楽しみたいです。
7月19日(金) 19:00開演 和光大学ポプリホール鶴川

b0135942_12044186.jpg
b0135942_12045413.jpg



by takeo_yume | 2019-06-21 12:07 | 日記
2019年 06月 20日

アメリカインディアンの精霊「ココペリ」

ココペリはアメリカインディアンの精霊。
ココペリが笛を吹くと、地面から緑が吹き出し、
花が咲き乱れ、木々は生い繁り、
花粉は風に舞い飛び、動物たちは次々と子供を産む。
ココペリは乾燥した大地に雨をもたらし、大地を実らせることから、
発芽と豊穣、幸運の神様として崇拝されている。


小野昭一さんはラブフルートを製作する傍ら、ココペリ人形を一体ずつ作り上げる。
KOCOMATSUにはココペリが沢山居る。
タケオの傍でも笛を吹いて貰いたいので、素敵な姿のココペリを町田に連れてきました。
窓辺で静かに笛を吹きながら、見守ってくれています。
小さな幸せが満ち溢れてくるようです。

b0135942_11323685.jpg
b0135942_11331929.jpg
b0135942_11334958.jpg



by takeo_yume | 2019-06-20 11:34 | 日記
2019年 06月 19日

音楽大好き!

タケオはいつでも、どこでも音楽を楽しむ。
音楽は生活で、生活は音楽。
家ではTVを見ながら指揮をする。
曲に合わせて踊る。
一緒に歌う。
好きなことがあるとこんなに楽しいんだ!

b0135942_11480328.jpg



by takeo_yume | 2019-06-19 11:48 | 日記