TAKEO タケオ  「新倉壮朗の世界」

takeoyume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 08月 27日

第17回定期コンサート「新倉壮朗の世界」no.16

皆様のあたたかなお力を頂戴し、第17回定期コンサート「新倉壮朗の世界」を実施できました。
本当にありがとうございます。
ソロコンサート開催はエネルギーがいますが、タケオの良さが発揮でき、輝ける場です。
これからもできる限り続けていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

プログラムより。
6月21日パリの音楽の日のイベント「Takeo & Bala Dée 」Concert gratuit dans le cadre de la Fête de la musiqueに出演。
会場の日本文化会館はエッフェル塔の近くに建つ瀟洒な建物。
仲野麻紀(サックス・メタルクラリネット・ボーカル)、ヤン・ピタール(ウード・ギター)によるユニット「Ky」とムサ・ヘマ(バラフォン・ボーカル)・バシール・サノゴ(ンゴ二・ジャンベ・ボーカル)のスペシャルゲストとして演奏。大盛況、大喝采を受け、演奏終了時にはスタンディングオベーションで讃えて頂きました。
お子様連れのお客様が多く、日本人は2割弱でフランスの皆様にタケオの演奏を聴いて頂きました。
タケオはここがヨーロッパのフランスとの認識は無く、何処でも、誰とでも即、反応し、
ありったけの力を込め、持ち前のオープンマインドで果敢に行動しました。
ブルターニュの小学校では生徒たちと芝生の校庭で音楽セッション。
終わってからは、変顔ごっこ、追いかけっこで遊ぶ。
村のお祭りイベントでも演奏。
海の見える路地では集まってきた村人たちとセッション。
人はみんな一緒。音楽は楽しい。
人々と共感、共振し、かけがえのない時と場を頂きました。
新倉壮朗コンサート実行委員会

写真:足立剛一

b0135942_11042454.jpg
b0135942_11044519.jpg
b0135942_11050152.jpg



# by takeo_yume | 2018-08-27 11:05 | ライブ報告
2018年 08月 26日

第17回定期コンサート「新倉壮朗の世界」no.15

やり終えました。ありがとうございます。

アンケートより。
・タケオ君のステージ、素晴らしかった!自由ですね~。
・いろいろな楽器の音色が素敵でした。
・ここ数年どこかで聴かせて頂いております。大ファンです。熱いハートにしびれます!
・素晴らしかったです。面白かったです。世界は一つ、共通語は愛。
・タケオ君の作るリズムでたくさんの人が表に出てきて、楽しそうに踊っているのを見て、たくさんの人と人とを開く音楽を聴かせてもらえて幸せだと思いました。
・初めてこのようなコンサートに来ましたが、非常に楽しかったです!また、楽しみに来年の夏を待ちたいと思います!
・次のコンサート楽しみです。今回、来られなくて残念がっていた友達を絶対に連れて行きます。
・今年もとても楽しませて頂きました。
・今回で3回目でしたが、毎回即興での音楽でいろんな楽しみがありました。
・たくさんの子どもに大人に、タケオ君と周りの響きが共鳴していますね。俺もその一人でいたいです。
・どっしりとした身体の芯とそこから拡がるしなやかなバチさばき、抑揚/強弱をスムーズに展開させるしなやかな歌ゴコロ等々、改めてさすが!と思うとともに、勉強させて頂きました。

写真:鳥飼祥恵

b0135942_09364996.jpg
b0135942_09363604.jpg



# by takeo_yume | 2018-08-26 09:37 | ライブ報告
2018年 08月 25日

第17回定期コンサート「新倉壮朗の世界」no.15

タケオのコンサートのフィナーレは会場の皆様と共に楽しむ。
アンケートより。

・迫力があって、すごい音。
・やはり、パーカッションのリズムと迫力はすごい。すばらしい。
・スコールのようであった。宇宙である。
・圧倒的な迫力でした。その熱量たるや言葉になりません。
・イメージしていたタケオ、アフリカのリズム、心地よかった。
・あのパワーを少しでも分けて欲しい。元気になりました。
・いい顔していましたよ!!
・毎年、皆さんステージに上がり、非常に盛り上がり楽しませて頂きました。
・同じようなリズムが何故か心地よく聞こえます。子供たちが楽しく体を動かしているのが印象的。
 こんなにも大きな響きなのにいつまで聞いていても飽きないのはなぜかしら。また、楽しみにしております。
・タケオ君が全体を盛り上げてくれて、良かったです。だけど、タケオ君に踊ってもらいたかったです。
・ダンスが増えましたね。マイケルジャクソンかと思いました。いや~のってたね!
 みんなでダンスタイム、参加型のコンサート楽しいです。
・みんな楽しそうで、元気をもらいました。
・物怖じせず、パフォーマンスをリードし、”音を楽しんでいる”のがよく見て取れました。
 ラストのにぎやかなステージも楽しかったです。

写真:足立剛一
b0135942_10151860.jpg
b0135942_10144286.jpg
写真:河野朝典
b0135942_10142105.jpg


# by takeo_yume | 2018-08-25 10:15 | ライブ報告
2018年 08月 24日

第17回定期コンサート「新倉壮朗の世界」no.14

第17回定期コンサート「新倉壮朗の世界」プログラムへの赤井浩さんの言葉。

先日、久方ぶりに、在日マリ人ミュージシャンの先生達と共に演奏させて頂き、
それはそれは”半端ない”演奏空間を堪能させて貰った。
ワケなしのグルーヴ感、ワケなしの高揚感、ワケなしの楽しさ・・。
僕は、解釈も怠ってはならないと思うが、アフリカンドラム演奏の醍醐味のひとつが、
このような”ワケなし感”であると考えている。
タケオも、ワケなしのものすごさを秘めたミュージシャンだ。
今夜もその爆発を期待したい。
赤井浩

写真:足立剛一

b0135942_11485495.jpg
b0135942_11491391.jpg



# by takeo_yume | 2018-08-24 11:49 | ライブ報告
2018年 08月 24日

第17回定期コンサート「新倉壮朗の世界」no.13

第17回定期コンサート「新倉壮朗の世界」プログラムへのボガ・ンジャイさんの言葉。

ボガはタケオとタケオの音楽が大好きです。
毎回、同じ心を持っています。
タケオと世界中を回って、
世界中のみんなさんに
タケオの素晴らしさ見せたいです。

ボガ・ンジャイ

写真:足立剛一

b0135942_11345992.jpg
b0135942_11351577.jpg



# by takeo_yume | 2018-08-24 11:35 | ライブ報告
2018年 08月 24日

第17回定期コンサート「新倉壮朗の世界」no.12

第17回定期コンサート「新倉壮朗の世界」プログラムへのワガン・ンジャイ・ローズさんの言葉。

こんにちは、私の名前はワガン・ンジャイ・ローズです。
私は毎年タケオと演奏するのを非常に誇りに思っています。
タケオはドゥドゥ・ンジャイ・ローズファミリーの一員です。
今年はワールドカップでセネガルと日本が対決する試合があり、大いに盛り上がりました。
セネガルは惜しくも日本に敗れましたが、両国とも讃え合い、いい試合を展開しました。
16年前の2002年には日韓ワールドカップが開催され、この時は2001年からイベントが各地で繰り広げられ、
私はセネガルと日本のサバール奏者と決勝戦会場の横浜国際総合競技場前でサバールを演奏しました。
タケオはまだ、中学生でしたが、演奏に加わり、力強くサバールをたたきました。
タケオとサバールとの出会いを作ってくれた私の兄のアローナンジャイ・ローズは2002年、
日韓アフリカドリーム・パーカッションの公演に出演し、このコンサートでもタケオは飛び入りしました。
私は毎年、タケオと演奏するのを非常に誇りに思っています。
タケオ、ありがとう! 
ワガン・ンジャイ・ローズ

写真:足立剛一

b0135942_11143434.jpg
b0135942_11151130.jpg



# by takeo_yume | 2018-08-24 11:15 | ライブ報告
2018年 08月 23日

第17回定期コンサート「新倉壮朗の世界」no.11

タケオが演奏する姿は力が漲っている。
全エネルギーが一音、一音に込められる。

写真:足立剛一

b0135942_11110766.jpg
b0135942_11112495.jpg



# by takeo_yume | 2018-08-23 11:11 | ライブ報告
2018年 08月 22日

第17回定期コンサート「新倉壮朗の世界」no.10

ボガさんがタケオにソロ演奏を沢山して欲しいとサバールのスタンドを持参して下さる。
お陰で、ドゥドゥさんのパフォーマンスのようにたたき、指揮。
ワガンさん、ボガさん、赤井君はタケオのどんな演奏にも対応する。
素晴らしいと「ワオ! ワオ!」と頭をつまむ。
ドゥドゥさんから生前、「プロとして誇りを持ちなさい」とお言葉を頂戴しました。
その有難いご教示に少しでも近づけるよう、気合を入れて精進したいと思っています。

写真:河野朝典

b0135942_12025902.jpg
b0135942_12031607.jpg
b0135942_12033348.jpg
b0135942_12035096.jpg
b0135942_12040674.jpg



# by takeo_yume | 2018-08-22 12:04 | ライブ報告
2018年 08月 21日

第17回定期コンサート「新倉壮朗の世界」no.9

第17回定期コンサート「新倉壮朗の世界」第2部は 
タケオ&ワガン&ボガ&赤井浩のアフリカンパーカッション。
セネガルのサバール奏者との演奏は超楽しい。
共に奏でる喜び。
聴いて頂ける喜び。
血潮がたぎる。

写真:足立剛一
b0135942_12214071.jpg
b0135942_12215636.jpg
b0135942_12264828.jpg
b0135942_12232618.jpg


# by takeo_yume | 2018-08-21 12:27 | ライブ報告
2018年 08月 21日

「音をENJOYしよう!! 」 タケオ&ペッカー橋田のリズム遊び

日時:2018.9.15(土) 開場14:00 / 開演14:30
会場:町田市青少年施設 ひなた村カリヨンホール
    東京都町田市本町田2860 tel.042-722-5736
入場無料
主催:ENJ 町田市薬師台1-4-13
問い合わせ:tel.042-734-7787 新倉
歳末たすけあい 地域福祉・ボランティア活動助成事業

ペッカー橋田プロフィール
日本パーカッション界の草分け的存在。
1977年に渡米し、ブラック&ラテン系ミュージシャンとのセッションを重ね、
帰国後に日本発のサルサ・バンド、オルケスタ・デル・ソルを結成。
数多くの作品を発表。80年ソロアルバムをジャマイカで録音、
ボブ・マーレー&ウェイラーズの全面協力を得て世界発売。
これまでにレコーディング楽曲は、25,000曲を越えている。
また、MISIA、坂本龍一、Coba、浜田省吾、尾崎豊、SMAPなどのレコーディングツアーに参加するなど、
セッション・プレイヤーとしても活躍。
近年は音楽による 『メンタルヘルスケア』などにも力を注ぎ、
話題のリズムムーブメント、『ドラムサークル』のファシリテーター育成に力を注いでいる。
2004年『ドラムサークルファシリテーター協会』を設立し初代理事長。

b0135942_11132427.jpg
b0135942_11133761.jpg
b0135942_11140173.jpg



# by takeo_yume | 2018-08-21 11:14 | お知らせ
2018年 08月 20日

発熱 緊急入院

伊豆で2回海に入り、3回目の時、「今日は海に行かない」と言う。
毎日、喜んで海に入るタケオが「ん、?」と思う。
夜、発熱。
7月末にウイルス感染した菌がまだ死滅しておらず、再発。
緊急入院し、24時間抗生剤点滴。
どうなることやらでしたが、熱が下がると、もうルンルン。
美人の看護婦さんと笑顔でおしゃべり。
看病した母親には「ありがとう!」と背中をさすって労う。

退院許可が下り、そのまま車に乗り込んで、町田に帰る。
帰路、箱根の山道は霧で真っ白。
霧に包まれて踊るタケオ・・・・・!

b0135942_11492122.jpg
b0135942_11465176.jpg
b0135942_11470206.jpg
b0135942_11471753.jpg
b0135942_11472896.jpg



# by takeo_yume | 2018-08-20 11:50 | 日記
2018年 08月 19日

伊豆行

6月にはフランスでの公演で行けなかったので、4か月振りの伊豆行。
台風の影響で海沿いの道は交通止めのため、箱根ターンパイクからスカイラインを走る。
勢い良く葉を広げる木々の緑に包まれて、快適ドライブ。
富士山は勇姿を見せてはくれませんでした。
海で泳いで、お昼寝して、タケオのリフレッシュタイム。

b0135942_10092304.jpg
b0135942_10090530.jpg
b0135942_10085786.jpg



# by takeo_yume | 2018-08-19 10:09 | 日記
2018年 08月 18日

第17回定期コンサート「新倉壮朗の世界」no.8

1部終了。
今まで、定期コンサートの1部は様々なアーティストをお迎えしての即興セッション。
音、音色、リズムすべて2人で作り上げる世界。
セッションする人との一期一会の音楽に歓喜、感動。
今回は會田瑞樹さんと出会い、共に演奏でき、共有、共振し、至福の時間を頂きました。
ありがとうございます。

アンケートより。
・音の競演を楽しみました。
・楽しかったです! 互に聴き合う、優しさやセンスが感じられました。
様々な音世界が広がっていく大きな50分の流れを心身が自然と楽しんでいました。
・壮朗さんが心から楽しんで演奏している姿を見ると、こちらも楽しくなりました。パワフルな演奏に脱帽。
會田瑞樹さんとのセッションが素敵でした。
即興でよくあんなに上手にできるものですね。
・まるでピーターパンのネバーランド。ネバーランドの”ティンカーベル”の世界に落ちたようだ。
・會田さんがガンガンとタケオさんに音楽で攻めかかり、ダイナミックな音楽に刺激を受けました。鉄琴がきれいで癒されました。
・即興演奏、初めて聞いたのですが、すばらしかったです。別の宇宙世界に連れてゆかれました。
・紙を使ったりして、バリエーションの多さに驚きました。
タケオさんと會田さんは音を知っていて、心と体で感じ表現しているという事を肌で感じました。
心と体で感じているからこそ人の心を引き付けると歌の後のタケオさんの言葉が自然と子どもがまねしていたので感じました。本当に良かったです。
・TAKEO様がエキサイティングに、楽しそうにリズムを刻まれていて、とても嬉しい気持ちになり、私も心から楽しめました。長時間の演奏にも関わらず、パワフルで、素晴らしいです。
・スティクでカホンをタケオさんが叩いていたシーンが印象的でした。
ジャンベを會田さんが叩き、何か生まれた感じでよかった。
・ジャンベなどタイコ系かと思っていましたが、ピアノ、マリンバ、ボーカルまで、客席の泣き声までとり入れるなんて、素晴らしい。
・「琵琶湖周航のうた」ですか?とてもよかったなァ。今年は歌唱(!)が予想外に入りましたね。
赤ちゃんの泣き声とのコラボが良かったです。
・いつもより静かな熱気のような感覚でとても良かったです。掛け合いがスリリングで!!

写真:足立剛一

b0135942_11484939.jpg



# by takeo_yume | 2018-08-18 11:49 | ライブ報告
2018年 08月 17日

第17回定期コンサート「新倉壮朗の世界」no.7

タケオはいつでも、どこでも堂々としている。
物おじしない。
小さな体に、パワーと優しさを併せ持つ。
ステージではさらに輝く。


写真:河野朝典

b0135942_06513313.jpg
b0135942_06515513.jpg
b0135942_06522315.jpg



# by takeo_yume | 2018-08-17 06:52 | ライブ報告
2018年 08月 14日

第17回定期コンサート「新倉壮朗の世界」no.6

饒舌な(?)おしゃべりにいつの間にか抑揚がついて、歌になる。
お腹の底から声が発せられ、振りも付いて、朗々と歌い、ゆったり踊る。
突然の赤ちゃんの泣き声に即反応。
どっと会場が湧く。
歌いたくなって、歌ってしまいました。


写真:足立剛一

b0135942_11303444.jpg
b0135942_11323151.jpg



# by takeo_yume | 2018-08-14 11:35 | ライブ報告
2018年 08月 12日

第17回定期コンサート「新倉壮朗の世界」 no.5



伊勢で音楽療法活動にご活躍されている「まんどろ」の主催者吉田豊さんが

数年前にストックホルムで購入された「チットラ」という弦楽器。

先日、壊れていたのを譲り受け、手作り楽器名人の小日山拓哉さんが修理。

タケオが好んで奏でるコードに調律して下さり、見事に甦る。

野村誠率いる「だじゃ研」がジョグジャカルタを訪れた時、

タケオは小日山さん持参のチットラに似た楽器チターを気に入り、スタント邸で弾く。

今回、タケオがチットラを演奏するかどうかは?でしたが、

ジョグジャカルタを訪問したばかりの會田さんと、その場面が再現されたらと願い、

ステージに設置。


終盤、細いバチを自在に繰り、細やかな音色が響きました。

微細な音に、絶妙なマリンバが織りなすソウルな演奏。

次に、そのバチでカホンをたたく。

軽妙な音が跳ね、會田さんのジャンベが軽やかに応える。

2人の音は静かに湧きあがり、流れ、咲き乱れました。



写真:足立剛一

b0135942_17305735.jpg
写真:河野朝典
b0135942_17322275.jpg



# by takeo_yume | 2018-08-12 17:32 | ライブ報告
2018年 08月 11日

第17回定期コンサート「新倉壮朗の世界」no.4

第17回定期コンサート「新倉壮朗の世界」プログラムへの會田さんのコメント。

タケオさんが僕の演奏会に来てくださったのはもう6年ほど前のことになる。
川村龍俊さん主宰プログラムによる「ウインズカフェ」というイベントでのことだった。
一番前に陣取り、タケオさんの熱い視線が僕の一挙手一投足を見つめていることをひしひしと感じた。
僕の演奏を聴きながらビートを刻むタケオさん。
いつか何かご一緒したいと夢を抱いていた。
今日それが叶うことが心から嬉しい。  
僕は西洋クラシック音楽の潮流を組んだ、今を生きる作曲家との協働で音楽を紡ぐ。
僕の演奏会には常に楽譜が存在し、作曲家がいる。
対してタケオさんは自らが”作曲家”でもある。
その時その時の空間を彩る魅惑的な音の数々。
僕はどんな風に挑めるだろうか。
いや、挑むのではなく、ともに歩んでみたり、少し耳を傾けてみたり、けしかけてみようかと思っている。
タケオさんなら物凄いパワーで応えてくださるから。
今日ばかりは僕も”作曲家”になって、自由自在にタケオさんと音楽を紡いでみたい。

写真:足立剛一

b0135942_14543980.jpg
b0135942_14551133.jpg
b0135942_14553387.jpg



# by takeo_yume | 2018-08-11 15:01 | ライブ報告
2018年 08月 10日

第17回定期コンサート「新倉壮朗の世界」第1部 no.3

第1部の進行は會田さんがタケオの思うままに任せたいとの意向を受け、ステージに出てからは一切、司会は入らず進む。
最初のピアノ演奏は全身全霊の力を込めパワー全開で弾き、
汗びっしょりになり、途中でヘアーバンドを外す。
精魂を込める姿は神々しい。
1曲が短い曲が多いが、変化に富む。
會田さんが自在に音を絡める。
お話もしたくなり、皆目わからないタケオ語でひたすら語る。
相槌を打ちながら聞く會田さんの優しさ。
内容は意味不明なのですが、何故か面白い。
ライブの臨場感・・・・!

写真:足立剛一

b0135942_12061830.jpg
b0135942_12043871.jpg
b0135942_12035127.jpg


# by takeo_yume | 2018-08-10 12:06 | ライブ報告
2018年 08月 09日

第17回定期コンサート「新倉壮朗の世界」no.2

タケオのピアノの最初の一音に固唾を飲む。
連弾。
ピアノにマリンバが加わる。
音の響き合い。


写真:足立剛一

b0135942_06250175.jpg
b0135942_06244059.jpg
b0135942_06251827.jpg
b0135942_06255022.jpg



# by takeo_yume | 2018-08-09 06:26 | ライブ報告
2018年 08月 08日

第17回定期コンサート「新倉壮朗の世界」第1部 no.1

第17回定期コンサート「新倉壮朗の世界」始まりました。
タケオはマリンバのバチを持ち、片手を挙げてステージへ。
會田瑞樹さんも笑いながら登場。
タケオのマリンバ、會田さんのヴィブラフオン。

2人は真剣、でも楽しそう。
紡ぎ出る音。
若いエネルギーが弾ける。
一音、一音が刹那の瞬間。

写真:足立剛一

b0135942_11550652.jpg
b0135942_11543599.jpg
b0135942_11552624.jpg
b0135942_11554433.jpg



# by takeo_yume | 2018-08-08 11:56 | ライブ報告
2018年 08月 08日

楽屋にて

準備完了。
OKサイン。
嬉しそうなタケオです。

写真:足立剛一

b0135942_11442478.jpg
b0135942_11445422.jpg



# by takeo_yume | 2018-08-08 11:45 | ライブ報告
2018年 08月 07日

だじゃ研活動日

ハードスケジュールの野村 誠さんが芸大に。
まずは初めての参加者がいるので自己紹介を兼ねて各自の近況報告。
皆様、夏のイベントに参加しての感想を話す。
タケオは定期コンサートのことを言うかと思いきや「野村さんがどうの、こうの」とおしゃべり。
久方ぶりに野村さんにお会いできたのが嬉しかったよう。
セッションタイムは夏らしいセッションをとのお題目で演奏。
タケオはケンハモ。
その後、9月8日足立市場でのイベントの話し合い。
面白く参加して頂くためのアイデアを練る。
DVのカルタとりではタケオは後で見守り。
最後のセッションタイムは出来上がったばかりの「だじゃれ音頭」を演奏して踊る。
タケオはこうなると紙太鼓演奏。
b0135942_12302136.jpg
b0135942_12300802.jpg
b0135942_12303100.jpg


# by takeo_yume | 2018-08-07 14:55 | 日記
2018年 08月 07日

楽器演奏は脳を活性化。

音楽の力は素晴らしい!!!
https://nazology.net/archives/16723

# by takeo_yume | 2018-08-07 11:35 | 日記
2018年 08月 06日

第17回定期コンサート「新倉壮朗の世界」リハーサル

第17回定期コンサート「新倉壮朗の世界」は皆様のお力を頂いて無事に終了しました。
暑い中、ご来場下さいまして本当にありがとうございます。
今年は会場が1枠しか借りられず、仕込み、リハーサルを超スピードで実施。
ワガンさん、ボガさん、赤井君とは旧知の仲ですので、数分の演奏で終了。
會田さんとは全く音出し無しで臨む。
さて、どんな世界が繰り広げられるのでしょうか・・・・・。

写真:足立剛一

b0135942_11550734.jpg
b0135942_11552393.jpg
b0135942_11554369.jpg
b0135942_11560745.jpg



# by takeo_yume | 2018-08-06 11:56 | ライブ報告
2018年 08月 04日

第17回定期コンサート「新倉壮朗の世界」本日開催

今日は1年に一度のタケオのソロコンサート。
1部はヴィブラフォン・打楽器奏者の會田瑞樹さんとのコラボ。
2部はセネガルのサバール奏者ワガンさんとボガさん、
そして、太鼓の兄貴分の赤井 浩さんとのアフリカンパーカッション演奏。
タケオが輝き、喜び、共演者も喜び、お客様も喜ぶ最良日。
ご来場をお待ちしております。

b0135942_11533185.jpg
b0135942_11534684.jpg



# by takeo_yume | 2018-08-04 11:54 | お知らせ
2018年 08月 03日

喜びが爆発

タケオのコンサートは第1回目から多くの皆様のサポートで実施できています。
タケオとタケオの音楽が好きな仲間が集まってきて下さり、力を寄せての開催です。
チラシも心ある方が各所に貼って下さっています。
そのお気持ちがとっても嬉しいです。
昨日の読売新聞多摩版に記事が掲載されました。
遠方よりのお客様もいます。
タケオのコンサートは皆様の優しさでいっぱいです。
明日、喜びが爆発します。
b0135942_11333146.jpg
b0135942_11332226.jpg
b0135942_11330909.jpg



# by takeo_yume | 2018-08-03 11:33 | 日記
2018年 08月 02日

共にふるえる

タケオのフランス行きをコーデネイトして下さいましたジャズサックス奏者の仲野麻紀さんは著書「旅する音楽」で語る。
「音を奏で、紡ぎ、放つのに、時として具体的な目的はない。それは衝動であり、この衝動が突き動かして生まれる音は生のla vieの中にある。それは人間の持つ、あるいは自然のもつ摂理なのかもしれないが、いずれにせよ、この世界はふるえと共に在るということのようだ」
「音楽とは空間とあなたとの間で鳴っているもの」

麻紀さんが綴る言葉はタケオが音楽する根源を知りえる。
セネガルのサバール奏者ワガンさんとその仲間達は「タケオはアフリカ人のハートを持つ」と評価する。
8/4會田瑞樹さん、ワガンさん、ボガさん、赤井君そしてお客様と共にふるえる。

b0135942_11410072.jpg
b0135942_11412317.jpg
b0135942_11385773.jpg
b0135942_11390982.jpg
b0135942_11392179.jpg



# by takeo_yume | 2018-08-02 11:41 | 日記
2018年 08月 01日

描きたいから描く

タケオは日々の生活の中で、奏で、踊り、歌い、音楽を聴いて過ごす。
そして、絵を描く。
作品を作り上げる作業ではなく、ペンを持ち、さらさらと動かす。
「何じゃこれ」と思うものから、「ワ~、素敵」まで様々。
描きたいから描く。
タケオの定期コンサートではこれらの絵を数点展示します。
b0135942_11203316.jpg


# by takeo_yume | 2018-08-01 11:20 | 日記
2018年 07月 31日

8月のスケジュール

第17回定期コンサート「新倉壮朗の世界」
第1部 タケオ&會田瑞樹 即興セッションデュオ
第2部 タケオ&ワガン&ボガ&赤井浩 アフリカンパーカッション

日時:2018.8.4(土) 18:30開場 / 19:00開演
場所:和光大学ポプリホール鶴川
    町田市能ケ谷1-2-1 小田急線鶴川駅「北口」より徒歩3分
入場料:大人2,000円 / 小人(高校生~小学生)1,000円 / 幼児無料
主催:新倉壮朗コンサート実行委員会
後援:東京都社会福祉協議会・町田市社会福祉協議会
b0135942_12073564.jpg
足立智美の描く最低音の深海
ぐぃ

The Underground Underground
風呂でインプロ《GUi》

日時:2018年8月25日(土)開場 17:30 -
会場:BUoY 東京都足立区千住仲町49-11
入場料:事前予約 / 1,500円( 当日 / 2,000円)
   ・小学生以下無料

<ご予約/お問合せ> 千住ヤッチャイ大学(能見・長)
yacchai.u@gmail.com





# by takeo_yume | 2018-07-31 21:44 | スケジュール
2018年 07月 31日

マリンバ購入

タケオは日々の暮らしの中に「演奏する」がある。
「上手くなりたいのでたたく」はない。
奏でたくなった時に楽器に向かう。
だから、楽器はいつも傍にある。


今まで定期コンサートではコンサート用のマリンバをお借りしていました。
でも、それが叶わなくなり、意を決して購入。
大きいマリンバではないですが、わくわく!。
8/4第17回定期コンサート「新倉壮朗の世界」の會田瑞樹さんとのコラボで初披露します。
楽しみです。
皆様のご来場をお待ちしております。

b0135942_12071003.jpg
b0135942_12073564.jpg
b0135942_12075724.jpg



# by takeo_yume | 2018-07-31 12:08 | 日記